日々、へこたれてる
弁護士てんぐの
ややダメ気味日記。。。
弁護士生活6年目突入!。。。つづくのか?

法教育の普及

附属池田吹奏楽部やルサンチマンの仲間である
山本寛と神前暁の応援の二本柱。
天狗の庭 −法教育−





教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考
教師と弁護士でつくる法教育研究会

現代人文社 2010-03-29
売り上げランキング : 200171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一部執筆しております。
よろしくお願いします。

« キムラ弁護士、ミステリーにケンカを売る | Main | 絶望先生18 »
立憲主義と法教育 / 2009年09月17日(木)
民主主義教育21〈Vol.2〉立憲主義と法教育 (民主主義教育21 Vol. 2)民主主義教育21〈Vol.2〉立憲主義と法教育 (民主主義教育21 Vol. 2)
全国民主主義教育研究会

同時代社 2008-05
売り上げランキング : 607877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



つ、つらすぎる。。。

というわけで、法教育というタイトルにつられて買ってしまいましたが。

第1章の憲法教育の理論というところまで読んで、挫折しかけ。。。

巻頭の吉田俊弘氏の論文は、まぁ、そうかなと。すごくよくわかる。


今野健一氏の論文も、書かれていることはもっともです。

(すっかり憲法から離れた実務家からみるとムツカシイですが)


久保田貢氏、この辺から苦しい。

もう何が何やら。

○教育基本法「改正」
○憲法改正(国民投票)
○貧困

をテーマに憲法教育というだけで、もう。


渡邊弘氏。

国大の法教育研究会でご一緒してるので、申し訳ないが、

やっぱり、法務省法教育研究会の成果や、学習指導要領の改訂箇所が、

新自由主義万々歳だととらえるのは誤っている。

そういうポジションで見るから分析も誤っている。

刑事訴訟法上の被告人の権利の位置づけもズレているし。

当事者の力量の差を埋めるためという理屈だけでは、手続的正義のすべては説明できないでしょう。

「裁判員」のテーマの授業は、かならず裁判員制度の賛否に触れなければならないというのも、いかがなものか。

触れるに越したことはないんでしょうけどさ。


土屋英雄氏は、日の丸君が代裁判の分析。

日の丸・君が代に敬意を払いたい人の神経を逆なでする人はあまり好きじゃないですが、

まぁ、職務命令はやりすぎかなぁと思いますので、まぁ、こんなもんかと。


そして、杉浦真理氏

もう、突っ込みどころだらけ。

この方は、もう、法務省というのは、悪の組織だと思い込んでるんでしょうね。

それじゃ、「ニッキョーソは悪の組織」だとかいってるネトウヨと同じだよ。。。

法務省法教育研究会には、主要な憲法学者が入っていないそうな(泣)

ああ、京都大学法科大学院の土井真一教授は主要な憲法学者じゃないんだ。。。

我が母校も落ちぶれたものよ。。。

法教育研究会と「はじめての法教育」批判→自分のやってる模擬投票や、スウェーデン型の教育サイコー!

という内容なのですが、

ご自身のやってる教育がいいのなら、それは大変結構なので、宣伝すればいいと思うのだが、

「法」についてわからないなら「法教育」批判なんて書かなきゃいいのに。

と、思うぐらい、書けば書くほど、あまりに法についてご存じないとしか思えない内容。

「ルールづくり」の授業は道徳的問題解決であろうか?

とか、

私的自治が原則で消費者保護が例外であることを教える教材について、

「民主的な人格の完成につながる教育なのだろうか?」だって(笑)



トホホのホ。。。


法教育について関心をもっている先生でも、このような誤解(あえて曲解?)をしているのだから。。。

目の前がたそがれまくります。


それと。

やっぱり、法教育は、規範強化教育そのものではないけど、

規範教育を含むことは当然でしょう。

私が法教育に興味を持つきっかけを作ってくださった

野坂弁護士のおっしゃるとおりです。(コメント欄参照)

ルールや法を守ってほしい。

それは、当たり前だと思うのだが、どうか。

軽い気持ちで、原チャリを盗むところから非行は始りますぜ。

深刻な少年事件なんかを5〜6件でも見たことがあるかどうかが

分かれ目なのかもしれませんね。

人のものを盗んだり、壊したり、人を傷つけたり、殺したらいけないという

ルールを守るように教えることが、なぜ、いけないのか。

本当に不思議でなりません。



Posted at 20:36 / 法教育 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/teng/archive/1445
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

2009年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30


アーカイブ
with Ajax Amazon


   
Global Media Online INC.