日々、へこたれてる
弁護士てんぐの
ややダメ気味日記。。。
弁護士生活6年目突入!。。。つづくのか?

法教育の普及

附属池田吹奏楽部やルサンチマンの仲間である
山本寛と神前暁の応援の二本柱。
天狗の庭 −法教育−





教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考
教師と弁護士でつくる法教育研究会

現代人文社 2010-03-29
売り上げランキング : 200171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一部執筆しております。
よろしくお願いします。

« 免許更新講習 | Main | 児童、生徒も司法参加 »
たのだん3 / 2009年09月16日(水)
ソード・ワールド2.0リプレイ  たのだん(3) (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ たのだん(3) (富士見ドラゴン・ブック)

富士見書房 2009-08-20
売り上げランキング : 1236

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



おわっちゃいましたね。

たのだん。


なんだか、2.0に慣れないなぁと思っているうちに終わってしまいましたが、

どうなんですかね。


システム的には、それほど違和感はなくなってきました。

とにかく敷居の低いリプレイということと、

著者がGMでないという、

なかなか難しい条件で書かれているリプレイにしては、がんばったか。

だんだん、良くなってきたという感じは確かにありますね。

初心者プレーヤのヒヨコくんが、ルールを把握してきて、

リルドラケンをドワーフの上位種として目の敵にしはじめたり。なかなかおもしろい。

後半戦になると、チームワークというかキャラが固まってくるのでプレイしやすくなるんでしょうね。


PC同士がくっつくかくっつかないかという恋愛模様は、

モデルケースとしてどうなのよ?

プレーヤが男ばっかりだとむさ苦しいしキツイし、

プレーヤが男性と女性だとそれもまた、なんだかなんだかだし。

このリプレイは、男女のPCのプレーヤが両方女性だから、プレイできるってかんじですわな。

ああ、そういや、「スチャラカ」の時も、そうだったけか?






全体的に、旧ルールのリプレイよりも、も一つ感がただようのは。。。。

世界観全体を小説かなにかで先行させて発表できてないのが大問題であると思われ。


Posted at 11:37 / 読書 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/teng/archive/1440
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

2009年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30


アーカイブ
with Ajax Amazon


   
Global Media Online INC.