日々、へこたれてる
弁護士てんぐの
ややダメ気味日記。。。
弁護士生活6年目突入!。。。つづくのか?

法教育の普及

附属池田吹奏楽部やルサンチマンの仲間である
山本寛と神前暁の応援の二本柱。
天狗の庭 −法教育−





教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考教室から学ぶ法教育 — 子どもと育む法的思考
教師と弁護士でつくる法教育研究会

現代人文社 2010-03-29
売り上げランキング : 200171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一部執筆しております。
よろしくお願いします。

« ウラを見抜ける? | Main | かちかち山 »
『事件』 / 2009年03月21日(土)
19日の木曜日。

弁護士会○○支部のイベントがありました。

我が支部は、全国で10ヶ所しかない裁判員裁判が行われる支部なのです。

(う〜ん、迷惑な話だな〜笑)

で、本庁では、裁判員裁判に向けた各種イベントが行われているのに、支部がなにもしないのはいかがなものかという事で。

現在の支部長が厚木ということもあって、

厚木市文化会館で、裁判に関する映画の鑑賞会をしました。

1978年の『事件』(原作:大岡昇平)

この『事件』は舞台が厚木なので、見ていてとても面白かったですね。

30年前の厚木の風景とか、どビックリΣ(・∀・;;;)です。

な、何も無い!

で、この映画の見所は、

松坂慶子と大竹しのぶ(20歳過ぎたぐらいか?)のおっぱ。。。

じゃなくて、

迫力ある法廷シーンかな。


内容的には、こんなに異議出まくらないよ。

とか

捜査検事は何やってんだとか。

いろいろありますが。

面白かったです。


ただ映画をみてもアレなので、

我らが兄貴分、O澤先生が映画を見る前に、事件に沿って事実認定の仕方の講義。

さすが上手だなぁ。。。

イベント的にも、夜遅いにもかかわらず一般市民の方が結構いらして、成功でした。

いや、良かった。

Posted at 08:03 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/teng/archive/1218
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

2009年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


アーカイブ
with Ajax Amazon


   
Global Media Online INC.