幸せになって欲しいネ

May 27 [Sat], 2006, 18:01
以前「運命の相手」と題したエントリーで、困った顔がとっても愛しい「レモたん」の事をお話しました。 レモたんは悪環境で育てられたにも関わらず気だての良いニャンで、今年の初めからずっと新しい家族を募集中でしたが、今日はレモたんに新しい家族が出来たという嬉しいご報告が出来ます。

5月の中旬よりお試しに入っていて、とても元気な小さなお子さんがいるので大丈夫かなという感じだったようですが、どうやらうまく行っているらしいです。 情けないお顔がシンボルのレモたんの新しい名前は「ハチ」。 八の字眉ならぬ八の字目だからとか。(笑)


ビニール袋にひっかかって、さて困ったのハチ目猫(笑)


我が家のお客さん達を振り返ってみると、トムトムとプリンプリンFav4 kittens、ダックスフントのフリッツ君、み〜んな運命の家族に可愛がられ、大事にして貰っています。 一時預かりの家族として、大変喜ばしく思います。

保護に携わるというのは大変な事です。 体力的にも、心理的にも、金銭的にも。 個人的な経験から、安易な考えが後悔に繋がる可能性もあるのだと言う事も学びましたし。 しかし、この世の中には不幸な犬猫達が溢れていて、彼等の多くが遭遇する不幸な末路を知ってしまったら、その事実を無視して生きる事は、犬猫好きとして出来ない相談です。 真剣に保護に携わる方達から見れば、私達夫婦がした/する事などちゃんちゃら可笑しいぐらいでしょうけれど、せめて私達が関わりを持った子達の幸せの為だけにでも、これからも私達が出来る事を考えようと思う今日この頃です。

トビーさんと Fav4 Kittens

テディさんとナオちゃん