まだまだ海遊び

September 10 [Mon], 2007, 10:14
週末は月に1度のルイのヘアカットでした。



また綺麗にしてもらって良かったねぇ、よっ、カッコいいよ!ヒューヒュー。

とか言ってた同じ日には



ワカメ王子になりに海に行きました。 ケリー兄さん、ごめんっ!

黒ラブエリーもまた遊びに来てくれたので、一緒に海にGo




さすがラブ、エリーは泳ぎが大得意。 まるでオットセイのようです。




ルイも仲間に入れてあげようとブギーボードに乗せてみました。
(因にエリーを乗せたら重過ぎて沈んでしまいました。笑)




サーファーの素質があるのか(笑)、
ルイ、ちゃんとバランス取ってます。




と思ったら、恐怖のあまり爪をボードにくいこませているだけだったり。
落とそうったって落ちやしないんだってば。




ダンナの動向を常にうかがう心配性のエリー。

エリー:「あまり遠くに行かないでね。」

ルイは遠巻きに眺めているだけ。

ルイ:「だって、またあれに乗せられちゃうとイヤだもん。」




1時間以上遊んだ後で、何故か突然ダンナを回収に出たエリー。

エリー:「もう帰って来て!」




強制回収はこの後何度か続き、水遊びは終了となりました。
朝も2時間程遊んだから疲れたのか、はたまたお腹が空いたのか?(笑)




後は浜で思いっきり走って、楽しい海遊び終わり!

水温も十分高いしクラゲもいないので、
今年は海遊びはまだもう少し出来そうです。


夏の思い出作り

August 27 [Mon], 2007, 11:20

週末は近所の商店街の夏祭り



だったんだけど、毎年数十万人の人出で賑わうこのお祭り騒ぎに
今年は参加する気にならなくて、



代わりにそろそろ人気も少なくなって来た海に行ってきました。




「よ〜しルイ、水泳の特訓だぞ。 まずはこの木の枝を取ってごらん。」




「え〜、難しいなぁ。」 そろ〜り、そろ〜り。

自分で水の中に入るようになっただけ進歩。




「もうちょっと、もうちょっと。」




「やっぱりダメ、パパ取って。」


根性ナシ、ルイ。






そうこうしてたら日が暮れちゃったよ。





でもこれだけで終わった1日ではなかったのでした。





近所のOさんに朝早くから釣りに連れて行ってもらったダンナが



こんな立派な魚を2尾も持ち帰っていました。
(=恵んでもらったとも言う。)



新鮮な獲物にズの間でハンターパパの株が急上昇。

危うく「お魚くわえたドラ猫」になりかけたゾーイさんを取り押さえ
余りの興奮具合に、小さい方の魚を猫様達に献上することに。
骨ごとバリバリぺろりと食べちゃいました。(頭とエラと尻尾はナシね。)



食後のご満悦な女王様。

「もっと捕って来たら食べてあげるわよ。」

ありがたき幸せ〜。

海辺で暑気払い

August 17 [Fri], 2007, 8:46
神奈川のとある海辺で花火大会があると言うので行ってきました。 東京は連日36度で、こっちは32度くらい。 4度も差があってもどっちも暑いよ〜



それでも元気なワンコ達。 

どーぞどーぞ疲れておくれ。 

今のうちにしっかり遊んでおくんだよ。 




かなり激しいオンナのコ達の遊びに付いて行けないルイ。 全然相手にされてなくてなんか不憫。




でも A ちゃんが遊んでくれたよ。



5歳なのになんて力持ち


日も暮れてきたので花火がよく見えるS家に集合。



花火が見えるのは大体この辺のハズ。
(後で見たらも心持ち右寄りだった。)
なんの障害もなくていいねぇ。




お隣のWさんがご好意で御馳走を作ってくれました。




上がった、上がったよ〜。
海にキラキラ反射してきれいだねぇ。




わ〜、ヒトデだぁ。




真っ赤な線香花火みたいだね。




おおおぉぉ、こりゃゲージツってもんだよ。


花火鑑賞はこんな感じで行われてました。







いやはや、またもやラクチン快適花火見物、良かったネ♪ 

雨のち曇りのち晴れ

March 11 [Sun], 2007, 16:01
せっかく久しぶりに海に来たのに、今日は午前中は強い風を伴う雨に見舞われ、午後もおそくなってからやっと天気が回復してくれました。 



やっと運動不足が解消できたルイは興奮気味。



きゃっほー、やっと走れるよっ!


お天気が良かったらもっと色んな事できるのにね、ルー君。



は以前浜辺で遭遇した、ダイバーに銛で捕られたばかりのお魚さん達。 一番大きいのはスズキだそうです。



次はまた楽しい事できるよね?


うん、きっとネ。

ささやかな喜び トビーの場合

February 16 [Fri], 2007, 23:14
またもや、海眺める猫ありき









あのー、いいんですか?


う〜ん、良くは・・ないけど、ちゃんと見てるから大丈夫よ。
しかしまぁ、よく飽きないねー、外猫ごっこ




そこに外がある限り、です。

ジョージ・マロリー的にゃんこなのね、はいはい。


とかなんとか言っちゃってても、好奇心旺盛なクセに恐がりなトビー坊ちゃまにとっては、外猫ごっこはテラス止まり。 ちょっとでも怖い(う〜んと上の空に鳶が飛んでるとか)思いをすると、どぴゅーんっと家の中に飛び込んで来ます。 が、同じ事を繰り返している所をみると、そのスリルもまた堪らないらしいです。 



おまけ:



見晴らし良好な日は気分がいいね♪

偶然

February 12 [Mon], 2007, 10:19
連休の午後。 

お友達のさくらちゃんの海辺のお庭でいつものように遊んでいたら



突然現れたよ



エアデールが!

うっそ〜と夫婦で絶叫してしまいましたよ。 

なんで、なんで?どこのコなの??と大興奮していたら、噂には聞いていた近所の新しいコだという事が判明。 丁度ルイが我が家にやって来たくらいの頃にご近所さんに子犬が来たとは聞いていたけれど、よもやエアデールだったとは! 嗚呼、もうちょっと早く会いたかったよ。



名前は Lady ちゃんで、齢5ヶ月という多感なお年頃。
 
お姉ちゃんのAちゃんは、5歳ながら既にしっかりLadyちゃんをリードしていて、将来は立派なエア使いになりそうな予感、ふふふ。



2匹のテリアはすっかり意気投合。

Ladyちゃんのパワフルなガキんちょぶりは涙を誘うくらい懐かしい手応え。 エアデールのワカモノは、好奇心旺盛で、ニンゲンが一歩先にいないと何をしでかすか分からない要注意犬。 その手応えは時には頭を掻きむしりたくなるほど大変で、でも、訓練の醍醐味が分かってくると面白くって、毎日笑わされたり泣かされたり怒らされたり、それの繰り返し。 自由を与えれば与えるほど暴走もするし、でも適度に自由を与えないと非行に走るし、面白過ぎて、ハマる人はとことんハマる犬種です。 


しかし、いかんせん、エアデールのこのようなインパクトの強い性質というものは、飼い主の能力如何、そして現代社会の制約過多な生活においては問題行動を起こしやすいとも言え、近年ではペットとしての性質を重視して交配された大人しめのエアデールも増えています。 

が!フィールド系エアデール(英語では Working type と言って、特に猟犬としての性質重視で繁殖されているタイプ)の Ladyちゃんは、バリッバリ、ちゃきっちゃき!という感じで、とにかくパワフル。 楽しそうだけど大変そう〜。 大変そうだけど楽しそう〜。

お手軽テリアのルイは、言う事もよく聞くし、爆弾を抱えているようなハラハラドキドキさとは無縁です。 エアデールに散々振り回された後では、これもまたとっても良いモノ♪ですが、エアデールの複雑怪奇さもまた懐かしいと感じる我が家は、やっぱりちょっとビョーキかも。(笑)

週末の過ごし方

January 14 [Sun], 2007, 15:23
清々しい青色が覗く空を見上げてみたら、悠々と旋回する鳶がいました。
「蒼空に 風に乗り舞う 鳶1羽」・・あら、ちょうど。



やっほー、気持ち良さそうだねぇ。





気温はそんなに高くなくても
風がない日の日向はポカポカいい気持ち

(快適でさえあれば)外猫ごっこが好きなトビーさん
海辺でもテラスでくつろぐのがご趣味




このニンゲンもまた然り




我が家で若さではちきれんばかりはルイだけだね。

こういったワンコ遊びで疲れてくれると老体には有り難いよ、ホント。

マイペースにゃんズ

January 13 [Sat], 2007, 19:16
陽の当たる場所に猫ありき
「日だまりに 猫がまったり まどろむ午後」・・あら、字余り



ゾーイさんの日課は日向を求めて移動すること。




あらヤダ、もう翳ってきたのかしら。




ちょっとー、そこの大きいの! 影を作らないでちょうだいよ!




ご、ごめんなさい。

分かればいいのよ。 じゃ、向こうに行っててね。




その頃、箱入り息子のトビーさんは・・・





「箱」に入ってお昼寝中でした。

僕のお家・・・。


いや、実はね、元はと言えばこれはズのお家なんだよね。


まったりモード中のズには敵わないね、ルイ君。 
いいじゃない、キミはパパ布団で寝れば良いんだから。(笑)

ボーイズウィークエンド

December 15 [Fri], 2006, 10:39
先週末の事になりますが、ルイの日記より:


週末はパパと一緒に海に行ったよ。 ママは忙しくてさん達と東京でお留守番だったから、僕とパパだけのボーイズ・ウィークエンドだったんだ。 

ちょっと小雨だったからパパがレインコート着せてくれて海辺をお散歩したの。 



パパ、お魚さんがいるよ! さん達に持って帰ってあげようか?


実はね、この後、僕、足が滑って海に落っこっちゃったんだ。 思ったより深かったからびっくりしちゃったけど、一生懸命足をバタバタさせたら泳げたよ。 せっかくレインコート着てたのにびしょびしょになっちゃったけど、パパはね、頑張ったね、上手だったねって褒めてくれたんだ。 エヘン。 


僕、ここの海が大好きだよ。 だってのんびりできて、こんな風に追いかけっこできるお友達までいるんだもん。 でも、今度はやっぱりママとさん達と行こうね。



というわけで、ルイはすっかりウチのコです。
陰に日向にルイの事を見守っていてくれた皆様、
これからもどうぞよろしくお願い致しますネ。

油壺DAY

September 25 [Mon], 2006, 11:15
いつもはボケボケと何もせずに過ごしてしまう週末ですが、今回は油壺まで行ってみました。

まずは京急油壺マリーンパークへ。 ここは今年創設25周年を迎える水族館で、国内においては古代鮫バルチックチョウザメを唯一飼育しており、アシカとイルカのショーや動物とのふれあい体験イベント(例:期間限定20歳以上の大人がイルカと一緒に泳ごうよイベント)が人気の場所です。


「魚の国」入り口にドドォーンと置いてあるムカシオオホホジロザメ(メガロドン)の口。 

メガロドンについてはリンク()に行くともっと詳しい詳細が分かりますが、今から2600万年から600万年前に生息した体長13メートル(因にマッコークジラが18mでシャチが8mだそう)の巨大古代鮫だそうです。 とっくの昔に絶滅しちゃった筈ですが、世界各国で超巨大サメの目撃情報(証拠無し)が後を絶たない為、もしかしたらまだ生き残っているのかもしれないというオチつき。 ひょえ〜、こんなのに狙われたらひとたまりもありませんな。