こんなのも有ります・・・

August 23 [Sat], 2008, 13:14
昨日のカレントカッターに付いてのお知らせの中で、「ベイトモデルも有るの!!」等のお問い合わせがありましので、画像の方を若干お見せいたします。


全体的なデザインはこんな感じです。※製品版はエンドグリップが形状変更になります。


コンセプトは「存在感」と「多様性」です。

時にはビックなエギを操り、時にはサイトフィッシングでの操作性、時には安定したラインサミングでドリフティングに応え、純粋に性能を追い求めるコアアングラー為にスピニングでは成し得ないキャスティング性能&バランスに着目し開発を始め、3年の期間を経て、この秋に「カレントカッター」シリーズでリリースが実現いたしました。

飛距離の問題もライトな15グラム程ですと結構差が有りますが、25gぐらいになりますとライン仕様とリールによりますがPE1.5号がメインラインでデジコンリールを使用致しますと同等以上のデータが出ていますので、ご安心下さい。デジコンのリールですとバックラッシュも皆無に近くベイト初心者の方でも安心ですよ。。

特筆なのはベイトならではのヘビーウェイト使用時のキャストフィールとドラッグ性能&リーダーライントラブルの無さ、カレント(流れ)の効いた場所での回収時の巻き取り性能の恩恵で負担は激減いたします。


この様にベイトモデルの75Mはボートキャスティングやサイトフィッシング、83Hはロックフィッシュゲーム、86MHは本流のミノー・スプーンも噂のショアラバもこなせてしまうマルチなロッドで貴方と共に長くお供させて下さい。

Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。

ハードエギンガーさん、こんにちは。

画像の方はこれ以上ココにはアップ出来ませんので、別の機会でお許し下さい。

そして、メーカーさんでも継ぎの方式以外でも色々とあると言う事ですね。

メーカーさんの基準も色々ですので、ハードエギンガーさんの言われている事も事実だろうと思います。

この場合はメーカーさんの精度基準か検品基準の問題ですので何とも当社としてはお答えが出来かねます。又、その時点で差込口剤はご使用されていたのでしょうか?使用状況にも寄りますので・・・ご理解下さい。m(_ _)m


恐らく、気になられている最大の関心点は「緩み」だと思われますが、その点に付きましては、竿の製造方法での原理でご説明をするで有れば、印籠方式と比べますと基本的には「並継ぎ」の方式は重ねる様に設計するだけなので、コストが安く付きますが緩みやすく、曲がりの設定も自由度が低いのですが、印籠継ぎの方はその逆となります。又、ジョイント材の選定より竿の曲がり方がロス無くスムーズに曲がって、スムーズ故に曲がっている反発力を最大限に生かされた圧倒的飛距離を生み出している様に、突き詰めた製品作りに生かされます。

しかしながら、印籠継ぎに見せかけている並継ぎも多く存在しているのも事実ですが、コストとの兼ね合いもありますので、其処は、所有感の問題だろうと思います。

カレントカッターは精度の高い印籠ジョイントを使用していますのでご安心頂けるかとは思いますが又、画像の程はアップいたしますのでお待ち下さい。

先般のご返答で申し上げた様に、製品の初期不良以外で破損や抜けは、差込口剤の利用されますとかなりの確立で破損は防ぎ易くなりますので是非お試しをしてみて下さい。

by 広報担当のK August 29 [Fri], 2008, 12:57

詳しい説明ありがとうございます。

オリ○ピックのようなすり合わせタイプ?のジョイントではトラブルがないのですが、印籠ジョイントでもZ社の物は緩みやすかった経験があります。お手数ですが、写真を載せてくれないでしょうか?

by ハードエギンガー August 28 [Thu], 2008, 23:12

ハードエギンガーさん始めまして。広報担当のKです。

カレントカッターのジョイント部(継部)についてのご質問ですね?
当「カレントカッター」のジョイント部はブランクの持ち味である、トルキーなパワーのロスを限り無く少なく出来て、ベンティングカーブの保持出来る手段として有効な「印籠ジョイント」を採用しています。

又、穂先が飛んでいったり、ジョイント部で折れたりするのを目撃して、ご心配されているご様子ですが、エギングカテゴリーはブランクスが大変なエネルギーと振幅回数でロッドに負担が多いカテゴリーですので、ジョイント部の僅かな緩みや差込のオーバープレスによる(差込過多)込口クラックからの破損が多いので、当社では緩み防止とオーバープレス防止の為に「ロウソク」や「フェルールワックス」等の差込口剤を推奨していますので、ご使用になって見るのも良い対策になるかもしれません。

複数のピースロッドはジョイント部は少しの緩みでも抜けや折れに直結してしまいますので、こまめに確認して頂く事が永年に渡って使用して頂けると思います。

では、よろしくお願い致します。

by 広報担当のK August 27 [Wed], 2008, 17:28

エギングロッドで激しくシャクルと継ぎ目が緩んで折れたり先が飛んだのを見たことがあるのですが、カレントカッターの継ぎはどの様な仕様になっているのでしょうか?

by ハードエギンガー August 27 [Wed], 2008, 1:44
P R
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:tec_news_topic
読者になる
岡山発信のロッドメーカーの総務担当者です。お知らせや先行開発などのちょっとしたお知らせのブログページです。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE