2005年10月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像マキ
真実はいつもひとつ! (2005年10月16日)
アイコン画像かえ
真実はいつもひとつ! (2005年10月16日)
アイコン画像七瀬
真実はいつもひとつ! (2005年10月15日)
アイコン画像不本意な双子
真実はいつもひとつ! (2005年10月15日)
アイコン画像かえ
真実はいつもひとつ! (2005年10月15日)
アイコン画像ゆう
真実はいつもひとつ! (2005年10月15日)
アイコン画像かえ
真実はいつもひとつ! (2005年10月15日)
アイコン画像七瀬
真実はいつもひとつ! (2005年10月15日)
アイコン画像管理人:ぴゅあっこ
最終日。 (2005年10月10日)
アイコン画像柊子
最終日。 (2005年10月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:teba-kae
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« 最終日。 | Main | 遥かツアーレポ。 »
激動の2日目。 / 2005年10月09日(日)
2日目、朝からありえんぐらいの陽射しと暑さ。
起きて『将臣と夢で約束したから下鴨神社行かな!』と言うゆうさんを、
やんわりあったかい目で見守る。


用意をしていざ清水へ。
が、電車の駅から清水までの途中嫌な記憶が甦る。
『あれは今年の春。あの日もありえんぐらい暑くて日差しきつくて坂道
のぼったとこでふらっふらで清水の急激な階段目の前で動けなくなった…』
そんなトラウマがよぎり、妙な汗も出てきたので
地元民でもあるゆうさんに「八坂で待ってるから」と言って途中リタイア。
しかし陽射しが苦手なゆうさんもともに抜け出し2人でバス乗って(勿論歩かない。)四条へ繰り出す。

祇園で新しくできてた和小物屋さんでゆうさんと大はしゃぎ。
ちりめんでできた小さい兎を色々なもの(キャラ)にたとえて爆笑。
そしてそれを2人して買ってすいてた茶店でお茶。

清水から八坂に戻ってくるまで距離も結構あるし、お土産屋さんとか見たりするから2時間ぐらいはかかるんちゃうか、
とまったりとケーキセットを食べる地元民と大阪人。
ゆるやかに時は流れるかと思いきや、ゆうさんの携帯が鳴る。
えーとまさか…嫌な予感…。

ありえん速さで七瀬さん・教授・とーこさんは
    八坂に戻ってきてました。


そしてなんでそんな元気なの?ちゅーぐらいみんな元気…。なぜ?


六波羅で水吐いてた龍→

合流後六波羅へ行って七瀬さんがおかしくなる。
ヒノエはやっぱりいなかった。
いたらどんなブーツか見せてほしかったのに…。

ほんでもって次は神泉苑へ。
様々な妄想が各人の脳内で忙しいぐらい繰り広げられた。

「桜ってどこ?」
「ここで雨宿りしたら?」
「舞ってぇや。この舞台で舞って。」
「舞わなきゃ!」

などなど。
でも神泉苑自体はめちゃめちゃ小さいとこなので即、終了。
その時の時間が2時過ぎだったため、どうしようかという話になり、
冗談で言っていた下鴨神社へ行くことになる…。

あのそれありえない移動距離ですから…!!

が、電波と鋭利な刃物には逆らえず気がつけば”糺すの森”の看板が。
”糺の森”といえば1の泰明さん。
泰明さん大好きな私はテンションが上がる。
一方将臣を探すゆうさんは木々のにおいをかいで、
「どんぐりのにおいする。将臣のにおいしない。」
と…。

「ちょっとでっかい木(←連理の榊)に泰明さんの居場所聞いてくるわ!」
という私に、
「ついでに将臣どこ行ったか聞いてきて。」
とゆうさん。
しかしそのハイテンションは10分ともちませんでした………。

遠いんだよ下鴨神社…。(というか糺の森がでかいのか。)

体力の限界を感じゆうさんに「宿の名前って何やったっけ?」と聞く。
ええ、タク呼んで先帰ってようかと思った…。
でも風が気持ちよかったのでしばらく時間をいただいて休憩。
その後なんとか下鴨へ辿りつけました。
みたらしがおいしかったです。(←食べっぱなし)
そして下鴨神社から出ようとした時ゆうさんが自分の飲んでたペットボトルの水を
「いる?」といってくれたのでありがたくいただくことに。
そして一口飲んでそれを私が返した瞬間にぼそっと一言。

ゆうさん:「…お前の唇の味がする。」

ああやっぱりゆうさんも充分おかしいよ!!
心の中で喜びの舞を踊りながら戻りました。


その後いったん宿へ戻り休憩してから晩御飯食べに出ることに。
まったりとみんながくつろぐ中、祇園で買った兎をうきうき出す
ゆうさんと私にとーこさんの哀れみを含んだ眼差しが。

でも柊子さんにその目で見られても痛くもかゆくもない。だって柊子さんのがかわいそうな子だから…(ほろり)

晩御飯の後、宿に戻ってあらためてわかったこと。

七瀬さんは黒いんじゃなくて偉そうで実際偉い。

手の届かない殿上人ですわ★
あと春依さんも別意味で手が届きません。かないません(きっぱり)。

2日目の晩御飯処は満席でしばらく待たねばならんかったんで、
しばらく時間をつぶすことに。
はじめすぐ近くの和もの雑貨のお店を見てたんですが、
皮ひもととんぼ玉が置いてあってとんぼ玉綺麗やなあと見てたら、
教授が知盛の首に巻いてあるものについて一言。
うっかりそれに乗ってしまったら”エロにすぐ喰い付いてくる”という

あらぬ誤解を受けた。ぴゅあっこなのに…。



就寝前にとーこさんとやっぱり似てると口々に言われかなり凹む。
が、ちょっと自分でも似てるんかな…とは思っていた……。

そしてそれを実証するように同時に同じことを叫んだり(←”ハウリングしてる”とまで言われる始末…)、
頭ん中読まれたように思ってたことを
「こうやろ?」と言い当てられる。
(しかも一言二言で言い表せることじゃなかっただけにショックはでかい…)

そして信じていたゆうさんにまで

「(私とは)フォルダが違うから。」(←一緒に転送すらできません)
と言われる。
え?同じカテゴリーじゃないん?
私とゆうさんは一緒に2人でおかしな方達をやんわり見守ってるポジションちゃうん?!

「お茶してる時に蜜月アップしたと思ったけど(とーこさんとのシンクロっぷりを見て)星下がった。」
とあっさりきっぱり言われる………。信じてたのに……しくしく。




心中複雑で就寝。
Posted at 17:28/ この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/teba-kae/archive/7
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

P R
   
GMO MadiaHoldings, Inc.