acteurと君が教えてくれたこと

2006年10月19日(木) 19時52分
今さらですが、acteur 2006年11月号

この雑誌って、旧「男優倶楽部」なのね。
まぁ、「男優倶楽部」って、ねぇ・・・



竜也さんの掲載ページは、大きな写真2ページと小さめなショットを数枚含む全8ページ。
わたしは大きな写真2枚目の、上を向いている顔が好き
(平たく言えば、全部好き

「オレステス」という舞台のハードさが明らかになるインタビュー。
長台詞、48行と35行
すごい、すごいよ竜也さんは
エレクトラもすごいよ!

蜷川は、「オレステス」を”竜也が少年から大人へ脱皮する作品”と位置づけていた。

なんだか、納得〜

長塚圭史さんと小栗旬くんの対談も興味深い。
旧「男優倶楽部」のころに、竜也さんと長塚圭史が対談したことがありましたね。
2002 AUTUMN VOL. 9

あの号は、表紙が竜也さんでなおかつ単独インタビューで8ページも掲載。
あの写真、大好きだわ

-----

ところで、竜也さんがむかし出演していたドラマ「君が教えてくれたこと」。
DVDが来年の1月に発売されるようですね
めでたい!!
昔のメールを探してみたら、2004年6月ごろAmazonに商品発売お知らせ希望を登録してました。
しみじみ。

竜也さんのドラマといえば、見ていないのはこの「君が教えてくれたこと」だけ!
レンタルしようと思いつつ、今にいたります。
あっ「SABU」のドラマ版は見ていないけど、映画とは違うんだろうか・・・
そして「卒業旅行」はドラマにカテゴライズされるんだろうか・・・いまだに見てない。

デスノート韓国公開と銀座百点

2006年10月10日(火) 20時58分
Thanks, 545 visitors on October 9!

-----

今日は韓国支店の同僚君から電話があったので、「デスノート観てね!!」と宣伝しておきました。
韓国でも公開される模様。
ほんと観てよね!!

-----

心優しいお友達から、「銀座百点」が届きました
竜也さんと中村獅童さんの対談。
B6版?ではありますが、インタビュー10ページ&写真6ページ!
わー、シアワセ
インタビューの内容も濃いわ。

竜也さんにとって、やぱり「新選組!」での出会いは大きかったようですね。
いつか獅童さんとの共演がかなうといいですね、竜也さん
竜也さんが望めば、きっとかなうと思うわ。

レプリークBisと「デスノート」アニメ版

2006年09月28日(木) 19時43分
最新号のレプリークBisに竜也さんが掲載されているようですね
表紙は「オレステス」!



最近は雑誌のチェックが怠っているけど、レプリークは外せないわねっ。

-----

「デスノート」アニメ版のテレビ放映が10/3から始まるようですね!
10/3の24:56から日テレで放映開始予定で、2007年の6月まで続くとか。
リュークは、映画版と同じく中村獅童さんが担当するようです。
だったら、ライトも竜也さんでいいじゃない・・・(ぶつぶつ)

B-ing再び&オレステス原作

2006年08月25日(金) 19時40分
ふたたび、就職情報誌B-ingの表紙を竜也さんが飾っているようですね!

B-ingサイト

関東版&東海版



関西版



わたしは、「飛んでる」竜也さんがお好み

POTATO9月号を拝見。
ひさしぶりに、よそゆきの竜也さんを見たような気がするわ
麗しい・・・
「オレステス」に気合いが入っている様子。

気が付いたら、東京公演は来月ですね。
原作を探さなくちゃ!(慌)

「デスノート」盛況御礼とB-ing入手

2006年06月27日(火) 22時12分
「デスノート」動員70万人突破(Yahoo!ニュース)

公開2週目まで、「ダ・ヴィンチ・コード」を抜いて第1位。
めでたい

目標としている興行収入になんとか届きますように・・・!
そして、その利益が竜也さんのふところに入りますように・・・!

え、そういうシステムじゃないの?

-----

楽しみにしていたスガシカオさんのCD「真夏の夜のユメ」、映画を鑑賞した次の日に届きました
本編の映像が折り込まれたビデオクリップがうれしい〜
エンドレスリピートで聴いていたら、いつの間にか眠ってしまった水曜日の夜

-----

待望の竜也さん@B-inが本日我が家に到着
わたしが注文したのは関東版。


飛び跳ねてる竜也さんがなんだかツボだわ〜
インタビューの写真もさわやか!
次回の舞台「オレステス」は、蜷川さんとタッグを組んで10年目、そして10作目の作品なんですって。
記念すべき舞台になりそうね。

ちなみに関西版はこんな感じ↓



インタビューは載っていないらしいけど、注文すればよかったかな・・・
東海版の表紙を見逃したのが無念だわ

B-ingを求めて&今頃KERA

2006年06月23日(金) 20時06分
6/22付の中国新聞夕刊に竜也さんのインタビューが大きく載ってるみたいですよ、奥さん!
最近は、病んでない人からの情報も多くてありがたいです
チャーリーありがとう!(私信)

-----

今日は、竜也さん@B-ingを求めて書店を3軒ほどはしごしましたがめぐりあえず
はーん

・・・ちゃむさんのブログを見ていたら、送料無料でネットで注文できるとか!
素敵
関東版と関西版があるのね〜表紙が違うなんてニクイ
注文しちゃおうかな〜

そういえば、いつぞや就職情報誌の表紙になったときは一足遅くて入手できなかったなぁ。(兄ちゃんが)

書店に「デスノート」コーナーができていたのですけど、使われているチラシをまじまじと見て「これ持ってたっけ」とすかさずチェックしてしまう自分がちょっとコワイ

メイキングDVDもまだ観てなかったな〜 忙しい忙しい(竜也さんで)

書店めぐりしていてラッキーだったのは、あきらめていた「KERA」に巡り会えたこと。
なぜかバックナンバーが残ってた

・・・おぉ、この竜也さんの笑顔ったらあまり見たことないバージョンだわ!
ティーン向け?

インタビューでは、「デスノート」の筆跡のことについて触れていました。
って今頃レポするのも若干マヌケな感じね。えへへー
やっぱり、映画の中の筆跡はすべて竜也さんのものだったのね〜
感激
独創的な書体でいいと思うわ〜(盲目)
あとはお友達の実名を使ってみたりしたとか。お茶目な竜也さんだわ。

THE NIKKEI MAGAZINE, 18 June 2006

2006年06月22日(木) 21時18分
「デスノート」公開初日舞台挨拶の様子がアップされていますね!
CINEMA TOPICS ONLINE

竜也さんと松山ケンイチさんのスーツの色が対照的で、ニクイわね。
パリッときめた竜也さんを、生で見たかったな〜

----

仲良しのヤマザキさん(本社営業部勤務)から社内便が。
中身を見ると、「THE NIKKEI MAGAZINE」。



これって、竜也さんのインタビューが載っているという日経新聞の小冊子じゃない〜
嬉しいっ

別のお友達からも、「先週末の新聞記事に貴方の愛しの方の特集がありました。いりますか?」とメールが
みんな・・・病人にやさしいのね・・・(嗚咽)
お友達とありがたく分かち合うわ

どれどれ、インタビューの中身は・・・

「藤原竜也、24歳の咆哮」かぁ。

「おれ、味方いねえのかな。」
だなんて、竜也さんでもそんな風に思うことがあるのね。

自分を取り巻く人々に対して、悲しみに似た怒りを感じる。

などなど。
歯ごたえのあるインタビューです。
カラー3ページ。

アサヒグラフ 2000.8.11号

2006年06月14日(水) 19時49分
帰宅すると、お義姉さんから届け物が。
・・・2000年8月11日の雑誌「アサヒグラフ」?

映画「仮面学園」のころの竜也さんのインタビューがカラー6P!!

引っ越しするお友達が、竜也病患者にくれたらしいです。
うれちい

あんまりうれしかったので、こちらでもちょっとご紹介

見出し: 藤原竜也「仮面学園」で映画初出演
掲載ページ:42-47

デビュー作「身毒丸」から3年
17歳の高校生役で映画初出演

「SWINGING LONDON」と大きくロゴが入った黒色Tシャツを着て、清楚に微笑む竜也さん

以下抜粋。

「みんなが一つのものに向かっている すごく映画に愛情があるんですよね」(竜也さん)

「藤原君はボロボロだったと思います。でもね、藤原君の安定感はすごい。同年代の共演者である黒須麻耶や石垣佑磨は、まだ新人というのもあるけれど、同じ演技を何テークも重ねていると、最初のテンションを持続することができないんです。それが、彼はできる。舞台出身の役者さんだと、難しいことなんですけれどね」(小松監督)

この映画は、ホリプロの創立四十周年を記念して製作された作品なのね〜
知らなかったわ。
テレビドラマ「君が教えてくれたこと」の収録とかけもちだったとか。

そういえば、あのドラマまだ見れてないなぁ

「GIRLS LOCK」 2nd night & 婦人口論インタビュー

2006年06月07日(水) 21時19分
昨日の夜は「GIRLS LOCK」2nd nightの録音を失敗して、慟哭してました
ぎゃー

松山ケンイチさん、なまってるのね〜
なんだか素朴だわっ。
竜也さんは、「ゴキブリ」が嫌いなのかしら

朝ご飯を食べたあとぼーっと新聞を見ていたら、雑誌「婦人口論」の目次の中に「藤原竜也」の文字を見つけて、「はうぁっ」と反応する今朝。
母親に「どうしたの」と、怪訝な顔をされました。
いや。あの。その。

仕事帰りに購入して、帰宅。
1枚目の写真、いいですね〜
モノクロだけどお気に入り
中年女性?向けだからから、インタビューも読みごたえあり。
留学の夢が早く実現できますように
高校も行かずに働いてたんだから、今から勉強したっていいわよね

しばらく前に読売新聞に掲載されたらしいインタビューがwebでも閲覧可。
エピス倶楽部
うれしいな〜

(以下抜粋)
今はロンドンに留学したいなと思っているんですよ

ロンドンかぁ〜

竜也さんコレクション

2006年06月02日(金) 20時58分
今日は、ふと思い立って竜也さんコレクションを整理。
雑誌類がたまってきちゃったわ〜
なるたけ竜也さんのページだけ切り取って、ファイルに保管。

わわっ、CREA2005年12月号 191ページの竜也さんに改めてドキッ
これは「No Control」のころね〜
「FRaU」やスポーツ新聞の写真にドキドキしたのがなつかしいわ・・・
写真会発売記念握手会で竜也さんから手渡された写真集は、袋に入ったまま完全保管

レプリーク2004年12月号の竜也さん。
ハムレットだ〜
あのお芝居は映像でしか観ていないけど、いつか再演してくれるといいな
名だたる演劇賞を総なめした舞台でしたね。

「FRaU」のコラム、「ワカゲノイタリ」。
手もとにはvol.2しかないのよね・・・
あのコラムはほんの数カ月で終わってしまったな。残念。

シアターガイド2005年1月号の竜也さん。
ロミオだ
「ロミオとジュリエット」は、その舞台セットや照明にも見せられた舞台だったわね。
なつかしいなぁ。

2004年3月には、「週刊朝日」の表紙にもなりましたね。
なんだか女の子みたいに可憐な竜也さん。
このときのインタビューに、「次はギリシャ悲劇に挑戦したいそうだ。」という一節が。
2年半の歳月を経て、「オレステス」で希望がかないますね竜也さん

2004年12月の「銀座百点」もなつかしい。
中村獅童さんとのインタビューがうれしかったな。
この無料冊子、写真がすごくいいのよね〜
グッジョブ、銀座商店街

いまは、「テレジン強制収容所」のナレーションを久しぶりに聴いています。
とってもいい声。
ラジオ朗読「美しい星」も、久しぶりに聴きたくなりました。
P R
最新コメント
アイコン画像やっちゅあん
» 「聖の青春」のDVDが届きました (2013年08月18日)
アイコン画像RYOKO@管理人
» 「聖の青春」のDVDが届きました (2013年08月18日)
アイコン画像やっちゅあん
» 「聖の青春」のDVDが届きました (2013年08月17日)
アイコン画像ぴんく
» 2009年の竜也さん (2011年05月15日)
アイコン画像Ryoko@管理人->みしまさん
» 竜也まつり (2008年07月11日)
アイコン画像みしま
» 竜也まつり (2008年07月09日)
アイコン画像Ryoko@管理人->003の母さん
» 週刊朝日とカメレオンフォトブック (2008年07月09日)
アイコン画像003の母
» 週刊朝日とカメレオンフォトブック (2008年07月04日)
アイコン画像立花
» 「オレステス」大阪遠征と劇評@日経夕刊 (2008年06月23日)
アイコン画像Lふぁん♪
» デスノート占い (2008年04月02日)
https://yaplog.jp/tatsuya/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryoko
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
初めての舞台:
「エレファント・マン」
初めての映画:
「バトル・ロワイヤル1」
初めてのドラマ:
「かまいたちの夜」
初めての舞台挨拶:
「ムーンライト・ジェリーフィッシュ」
初めての握手: 
「no control」発売記念@大阪
Yapme!一覧
読者になる