西表島ダイビング 晴れ 気温33℃  水温29℃

2019年07月31日(水) 20時22分
1本目

マクロポイントへ。

今年初
シマヒメヤマノカミの赤ちゃんがいましたー
わずか1.5cmほど
青い模様が超綺麗でした




今日もいつものジョーフィッシュに
会いに行ってきました
愛嬌たっぷり


(写真:Mさま)


こちらもちびちゃん
セダカカワハギです。
5mmほどでした


(写真:Mさま)


パイプウニのちびかな?
淡い色が綺麗でした





2本目

潮通しの良いポイントへ。

こちらも今年初
珍しいオウギチョウチョウウオがいましたー
ハナグロチョウチョウウオに似ていますが
白黒でシックな色調です。




ハクテンカタギのちび発見
子供サイズ初めて見ました
大きさは4cmほど。
丸っこくて可愛かったー




マダラタルミのちびもいました
小さいのにビュンビュン逃げるので
追いかけるのが大変でした




アオベニハゼが綺麗なサンゴの上に
どちらも鮮やかな色ですね




イソバナガニもいました。
がしっとイソバナに
しがみついています


(写真:Mさま)



3本目

砂地のポイントへ。

船下のキビナゴの数がすごかったー
しかも全然逃げず
しばらーく見とれてしまいました…




細長ーい、アオヤガラのちび
ハゼと並んでいました




イソギンチャクエビの
しっぽの丸い模様、
本当にオシャレですね




テーブルサンゴに群れる
フタスジリュウキュウスズメダイ。
よーく見ると、1匹だけ
ミスジリュウキュウスズメダイが
混じっていましたよー
どこでしょう




チンアナゴやグルクマ、
フィコカリスシムランスなども
観察できました

今日は珍しい子達との出会いがたくさんで
面白かったー

本日の担当那須がお送りしましたー

西表島ダイビング 晴れ 気温33℃ 水温29℃

2019年07月30日(火) 20時52分
1本目

ショートドロップのポイントへ。

最近ここに居ついている、
スミレナガハナダイのおなべちゃん
オレンジ色のメスから
ピンクのオスへ性転換中です。
長いとこの状態が1年ほども続きます




リングアイのジョーフィッシュに会いに行くと…
なんと2匹並んでいました
カップルなのかな
同じ顔してこっち見てて
かわいかったー




ハタタテシノビハゼやヤマブキハゼ、
ニチリンダテハゼも
見てきましたよー




最近お気に入りの、
手のひらサイズのトゲサンゴの中に住んでいる
アカネダルマハゼのちびちゃん
まん丸の目がかわいー




タテスジハタの幼魚や
マダラトビエイも見れました



2本目

砂地のポイントへ。

海草そっくりのカミソリウオ
大好きな魚ですが、
その擬態の完成度の高さゆえ、
目の前にいるのに気づけませんでした…(笑)




シャンと背筋が伸びているオニハゼ。
かっこいい顔してます




アミメウロコウミウシもいました
5mmくらいで透明なので
とってもわかりにくいのですが
花びらのようなふわっとした形が
可愛かったです




海草そっくりの
ウチワミドリガイ。
動かないと全然わかりません





3本目

面白すぎて、もう1本

久々に、ヒゲモジャハゼ発見ー
名前の通り、顎の下がひげもじゃもじゃです(笑)
つぶらな瞳も可愛すぎる
それにしても、ナイスなネーミングですね。




サザナミヤッコの若魚もいました。
ちょうど、子どもの模様から
大人の模様に変わる最中で
ものすごく綺麗でした




オレンジの点々と縁取りがオシャレな
オオエラキヌハダウミウシ
最近よく見かけますね〜
体か半透明なので
内臓が透けて見えます


(写真:Mさま)


良く見るとカラフルな
カラスキセワタも
見てる側から砂の中に
潜って行きました〜


(写真:Mさま)


背骨()がしましまになっていて
面白いハタタテサンカクハゼも
観察してきましたよ




藻場に小さな巻貝が大量発生していて
ポンと海底を叩くと
ピロロローンと一斉に飛び交って
めっちゃ面白かったですー


今日も楽しい出会いがたっくさんでした
本日の担当那須がお送りしましたー

西表島ダイビング 晴れ 気温33℃ 水温29℃

2019年07月29日(月) 21時11分
大きな入道雲浮かぶ青空を見ると夏だな〜
と思う今日この頃

今日は景色がこんなところまで
行けちゃいました





1本目

まずは近場のサンゴの種類が豊富な
きれいどころへ


サンゴのもりもり具合も最高潮
至る所でサンゴ同士の争いが




水面近くにはロクセンスズメダイ群が
追いかけると一斉に同じ方向に泳ぐ姿が
天の川みたい




サンゴが豊かな環境の象徴ことMr.ヤングコーン
枝サンゴを縫うように泳ぐテングカワハギちゃん




クロダルマハゼygとサンゴのコラボ
魚自体は黒っぽいですが
住んでるサンゴの黄色との
コントラストが抜群
ちびっこ可愛い〜





2本目

ダイナミックな地形広がるポイントへ

人工物を思わせる段々岩
きれいにスパッと溝が生まれてます




横から見ると迫力満点
地形好きにはたまりません




目の前を覆い尽くすグルクンの群れ
肉厚で心なしかみんな大きい




そんなグルクンを狙う大きな
イソマグロも見れましたね





3本目

日本庭園を思わせる砂紋広がるポイントへ

フィンを脱ぎ捨て最高の解放感
荒い砂を踏みしめる足裏の感覚がたまりません




岩の隙間から眩しい太陽光が〜〜
トンネル状になっている岩場くぐりも
面白かったですね




ふとエソに目を向けると口に魚が!!
咥えられた魚もヒレを広げて必死に抵抗
この後なんとか脱出成功してました
ボロボロのヨロヨロでしたけどね(笑)




お目にかかることがほとんどない
テングヘビギンポもパパラッチ成功
鼻先がツンと独特な顔してますよね




普段見られない風景や生物に
たくさん巡り会えて楽しかったですね〜〜


本日の担当トモがお送りしました
明日のブログもお楽しみに〜

西表島ダイビング 晴れ 気温32℃ 水温29℃

2019年07月28日(日) 19時57分
早くも7月がもう終わりそうですね
今年は未だに水温が30℃を越えることがなくて
自然に優しい〜〜

人間的にも快適な温度
気持ちよく3ダイブ

1本目

真っ白砂地ポイントへ

葉っぱとの映り込みで大きさがわかりやすい
小さくて水玉きれいな
オオエラキヌハダウミウシ




テンジクダイいるところに我らあり
ビュンビュンとカスミアジのお通り




これだけたくさんいたらアジも来ますよね




2本目のラインがもう消えちゃう〜〜
着実に大人への階段登ってます





2本目

潮通しの良いポイントへ

ヤイトヤッコのオス同士の縄張り争い
追いかけ回してました




根の上のアカネハナゴイが
きれいなブルーに見事にマッチ




ウミシダからウミシダウバウオがこんにちは
そんなに隠れてないで出ておいで(笑)




見やすいサイズ感のイソバナガニもパパラッチ
黄色い点が逆に目立っちゃうタイミング





3本目

生物豊富な一本岩へ

ちびっ子ミナミハコフグyg
尻尾をくるっとかわいい〜〜




掃除されてる間に色々な模様へと変化
ミスター七変幻




渦の数も少ないちびちびタテキン幼魚も
観察できましたよ




上がる直前にはなかなかの小ささの
ハナミノカサゴ
穢れなき白といったところ(笑)




盛りだくさんすぎて時間足りなーい


本日の担当トモがお送りしました
明日のブログもお楽しみに〜

西表島ダイビング 晴れ 気温32℃ 水温28℃

2019年07月27日(土) 21時00分
穏やかな夏の1日を思わせる静かな海

本州の方は今年初の台風上陸ということで、
どうかお気をつけ下さいませ

今日ものんびりと3ダイブ

1本目

潮通しの良い深場ポイントへ

色合い鮮やか
いつ見ても心魅かれるハナゴンベ
尾ビレの長いちびっ子もいましたね




まさかこのポイントで出会うとは
珍しいセンジュミノウミウシ
少し刺激するとフワッと開くのがかわいい




カスミも群れ群れでしたね
黄色がブルーに映える〜〜




サンゴ隙間シリーズ
カサイダルマハゼとダンゴオコゼとのコラボ
どっちもかわいい





2本目

潮通しの良い広い根へ




このダイブだけでアデヤッコ何匹見たかな〜〜?




イソマグロも登場!30匹くらいいたでしょうか
やっぱり大物は迫力が違います




バラクーダの群れにも出会えてラッキー
何匹くらいの群れでしたかね〜〜





3本目

汽水域の浅場ポイントへ

ハタタテギンポのちびちゃんがこちらをチラ見
「何してるのー?」




葉っぱをよーく見ると
ウサギモウミウシと思われる個体が
せっせと産卵中
隣の点々で出来た丸い模様が卵ですよ




コンデジでこんな一枚が
撮れる時がくるとは
1匹だけで同じところに居続ける
ケラマハナダイ(メス)
カメラを向けられても全く逃げず




緑の海草地帯に
白っぽい色のタツノハトコが
尻尾を海草に巻き巻きして
体を伸ばしてこちらを見てました




ワイドにマクロに盛りだくさんでした


本日の担当トモがお送りしました
明日のブログもお楽しみに〜

西表島ダイビング 晴れ 気温32℃ 水温29℃

2019年07月26日(金) 23時11分
本日もべた凪でしたー
天気も良く絶好のダイビング日和




1本目

マクロポイントへ。

久々にカエルアンコウちゃんー
手のひらサイズでした。
黄色にオレンジ色も入っていて
オシャレでした




小さなホムラダマシ発見
背泳ぎみたいに
胸鰭をパタパタさせて移動するのが
可愛かったです




そこら中にいるけど
すばしっこいホシハゼ。
良く見ると、青い点々模様が
ものすごく綺麗です




体に対して、長すぎる海藻をつけて
カモフラージュしているコノハガニ
これで隠れてるつもりになっているのが
可愛いですよね(笑)
見るからにバランス悪そう…
おもしろすぎました。





2本目

地形のポイントへ。

波もなく太陽の光が
ダイレクトに差し込んで
スポットライトみたいでした




モンツキカエルウオちゃん、
全身出てました
ヒナギンポと
喧嘩していたようです。




ゼブラハゼをじっくり観察
みんなでうまく囲って見れたので
近くで観察できました。
ピンクのしましまが綺麗




岩にしか見えない
サツマカサゴのちび
擬態が上手すぎる




ミナミコブヌメリのオスが
メスに、背鰭を全開に広げて
猛アピールしていました
おもしろかったー



3本目

潮通しの良いポイントへ。

透明度抜群ー
アカネハナゴイが
めちゃくちゃ綺麗でしたー
特にオスだけが集まっているところが
カラフルで本当に美しい




大きなナポレオン
迫力ありました




ネムリブカも見れました

ミヤケベラのペアがいました。
オスはなかなか珍しいんですよー




珍しい黄色のイソバナガニも綺麗でした

本日の担当那須がお送りしましたー
明日もお楽しみに

西表島ダイビング 晴れ 気温31℃ 水温28℃

2019年07月25日(木) 18時40分
完全なる湖が目の前に!!
穏やかな夏の凪海がやってきた〜〜




気持ちよく3ダイブ

1本目

真っ白砂地ポイントへ

素晴らしい透明感
沖縄を感じさせるスーパーブルー
どこまでも見えそう!




根を覆い尽くすような
テンジクダイに癒され




おきまりのトラフシャコも囲んで
じっくり観察




写真は大きく見えますが、
5cmくらいのちびちびスナゴチも登場





2本目

テーブルサンゴ広がるポイントへ

ここもまたしてもスーパーブルー
サンゴの色が映える〜〜




枝サンゴも色鮮やかに
西表島の海を演出




右ヒレ小さきニモも嬉しそう




青と赤のコントラストが
ダイナミックさを演出してますね
いい環境だな〜





3本目

カメポイントへ

大きなシャゴウガイ
岩にくっつかず持ち運び可能なタイプの2枚貝
中身の黄色模様がなんとも言えない美しさ




完全に目を閉じて寝てたな〜〜




まるで桃尻
スケールの大きなコモンシコロサンゴ




珍しいヒレボシミノカサゴも
ヒレを全開に
もしかして怒ってたのかな??




今日もキレイで気持ちよかったですねー


本日の担当トモがお送りしました
明日のブログもお楽しみに〜

西表島ダイビング 晴れ 気温32℃ 水温28℃

2019年07月23日(火) 20時54分
今日もカメさん大サービスでした




1本目

マクロポイントへ。

ハゼ好きのゲストとハゼをじっくり観察
クロオビハゼの黄色バージョンがいました
かすかに目の後ろの黒いラインが見えます。




こちらが通常バージョン。
同じ種類とは思えないですねー




トウアカクマノミは
卵を守っていました。
もうすぐ産まれそう
それにしても、水温が高い夏は
10日に一回ペースで産卵しています。
おそるべし繁殖能力…




タテキンの500円玉サイズ
しかも2匹いましたー
かわいかったー





2本目

潮通しの良いポイントへ。

アカネハナゴイ爆発中
根の上びっしりアカネハナゴイです。
綺麗すぎる




そのアカネハナゴイを狙って
コガネアジがうろうろしていました。




ブダイベラの幼魚発見
もっと小さい頃は
ホンソメワケベラの幼魚に
そっくり




立派な眉毛が特徴の
サンゴテッポウエビ
両津勘吉みたい(笑)





お昼休みは
バラス島でシュノーケル
サンゴがキレーイ





3本目

カメのポイントへ。

今日は3匹ほどのカメさんに会えました
大きなコバンザメがやってきて
カメの甲羅に張り付こうと頑張っていましたが
やっぱり居心地が悪かったらしく
泳ぎ去って行きました…(笑)




アカククリが
延々と追いかけっ子をしていました。
根から追い出したかったのかな
いろんなドラマがあるんですね…




コモンシコロサンゴのまわりに
キンギョハナダイやデバスズメダイ
ウメイロモドキの幼魚が
たくさん群れていて賑やかでしたー




ここでも小魚を狙うカスミアジ
青いラインが綺麗でした




今日も盛りだくさんな海でした
本日の担当那須がお送りしましたー

西表島ダイビング 晴れ 気温31℃ 水温28℃

2019年07月22日(月) 20時56分
天気良し、波穏やか文句なしの夏模様
台風で水温もこの時期にしてはいい感じ

気持ちよく3ダイブ行ってきましたよ

1本目

ちょっと深場ポイントへ

珍しいタテジマヤッコのおチビちゃんを発見
白い体に黒ラインがシュッと入って
可愛いけど凛々しい感じ




とてもちびっ子なニシキヤッコの幼魚
500円玉サイズ
色も黄色だし、線の数も少ないし
子供の中の子供といったところかな




タテスジハタ子供の姿をパパラッチ
成魚と違って鮮やかな色合い
赤色が映える〜〜




ちなみに大人がこちら
全然違う
体が成長して痛くなったのかな?
湿布貼ってるみたい(笑)





2本目

汽水域近くのポイントへ

ぱっと見ゴミが浮遊してる
ミスショットみたいですが…
よーく見るとベビー




マンジュウイシモチのベビーちゃんでした
めちゃくちゃ小さーい
そしてイチゴ柄がまだ無いノーパンちゃん
来るたび増えてる




極小サイズの貝?ウミウシ?1mmくらい
肉眼ではほぼ見えないようなサイズの
謎の生き物もいましたよ




サンゴの隙間には自称キンギョハナダイ
実際はユカタハタの子供が
他の魚のフリがお上手





3本目

マクロポイントへ

緑鮮やかなカミソリウオ発見
体のラインがなんとも歪
その場所にある植物によって形も変わるのかな?




かわいらしいまつ毛がチャームポイントな
モンダルマガレイも砂地から突如現れました




巣穴が無いちびちびモンハナシャコも
海藻の陰からこんにちは
海藻をめくられておどおどしてた




めちゃくちゃ長い?マダライロウミウシ。
いやいや後ろに追尾してる子が!!
ずーっと付いて行ってましたね




マクロ生物盛りだくさんで楽しかったですねー


本日の担当トモがお送りしました
明日のブログもお楽しみに〜

西表島ダイビング 曇り 気温30℃ 水温28℃

2019年07月21日(日) 22時36分
1本目

ドロップのポイントへ。

今日もアカネハナゴイの群れが
綺麗でしたー




スミレヤッコもいましたよー
Tポイントカードみたい(笑)




ヤマブキスズメダイは
ムチカラマツに産んだ卵を守っていました。
卵を守っているときは
自分の何十倍も大きな人間にも
果敢に向かってきます
怖い顔ー




その卵がこちら
もう目がパッチリ。
今日か明日には生まれるかもしれません




大きなモヨウフグやナポレオンに
ウメイロモドキの群れも綺麗でした



2本目

サンゴのポイントへ。

ウミシダの中をのぞくと
バサラカクレエビ




面白いことに、
ウミシダの色に合わせて 
色んな色があるんですよー
そっくりですねー




綺麗なヒラムシ発見
透き通った白い体に
オレンジのヒラヒラ




ヘビギンポをじっくり観察
今まで見過ごしていましたが
カラフルでとっても綺麗でした





3本目

泥地のポイントへ。

じっくりマクロ生物探しを
楽しんできました

今日は曇り空だったので
日中でもあちらこちらで
ニシキテグリが出てきてくれました
とっても素敵な模様ですね




ナミハタのちびちゃん
今年は多い気がします。
真っ黒な体に白の点々が
シモフリタナバタウオそっくりです。
目にも模様があるので
どこが目かわからないようになっていますね




ロクセンヤッコの幼魚がいました
大人とは全然違う模様です。
近くで見ると青い色がものすごーく綺麗




こんなところにイソバナがありました。
小さなイソバナカクレエビがついていました
すぐ裏側に隠れてしまうので
見るのが大変
でも、可愛かったです




今日はたっぷーり3本満喫

本日の担当那須がお送りしましたー
明日もお楽しみに
2019年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TAKE DivingSchool
  • アイコン画像 現住所:沖縄県
読者になる
その日潜った海の様子や出会った 魚達のこと等お伝えします