フィッシュストーリー

December 31 [Thu], 2009, 20:59
【作:伊坂幸太郎 新潮社(文庫) 本体価格514円】
 物語がひとつなぎに繋がるわけではないけれど、どこかでなにかが繋がる4編の中篇集。

[動物園のエンジン]:殺された市長とシンリンオオカミとの関係。
 思い出の中の出来事として語られる物語、その舞台は夜の動物園だ。このシチュエーションには不思議な魔力が潜んでいるのではないだろうか。
 大の大人が揃って、『事件』の真相を勝手に推理し、勝手に検証し、そうしてまた集まってはああでもないこうでもないと語り合う様は可愛らしさすら感じた。
 男の子たちが寄り集まって秘密基地で内緒話をしているかのような、そんな印象を覚える。
 不思議な人物、不可解な行動、解決していない事件、そして語り手の視点、どれもが絶妙に絡み合って、不思議な手触りの物語を作り出す。
 一瞬ハッとさせられる、そんな静かな『想い』を感じた。

[サクリファイス]:探し人と『こもり様』との関係。
 泥棒であり探偵である黒澤は、決して警察でもなく正義の死者でもない。すべてはこの前提のもとに成り立っている。
 責任というものがあり、役割というものがあり、部外者には理解できなくとも、当人たちにとっては重要なことがあり。
 不用意に踏み込むべきではなく、踏み込んだところでどうにかできると思いあがってはならず、そんなふうに男たちの関係性を眺めているかのような作品だ。
 サクリファイスとは、『生贄』や『犠牲』という意味。
 これが誰を指すものなのか、何を指すものなのか、考え出すと切なさが増していく。
 様々な物語に顔を出す黒澤の洞察力、行動力に惚れる。それと同時に、彼が『善人』ではないことに安堵する。

[フィッシュストーリー]:空白と世界の救世主との関係。
 カオス理論、バタフライ・エフェクト、そんな単語を思わせる、過去と現在と未来をつなぐ物語。
 ひとつひとつにドラマはあるけれどあくまでも日常を切り取っていきながら、その実、そろりと壮大さを忍ばせてあり、何気ない言葉や何気ない行動が大きな意味を持ってしまう。
 時間軸が前後する、この構成が面白い味を作り出すのだ。
 この表題作を読み終えたとき、なぜか無性に泣きたくなった。
 時を経て繋がる『願い』と『思い』は、そこに込められた情熱や遣る瀬無さを飛び越えて優しい気持ちにさせてくれる。
 フィッシュストーリーとは『ホラ話』という意味にもなるらしい、だが、こんなホラ話ならむしろ信じてみたい。
 4作中、最も心惹かれた話だった。

[ポテチ]:空き巣と代打の関係。
 これはとても優しい男の話。
 これはとても優しくて静かな男の話。
 言葉にしない、声に出さない、けれどひしひしと伝わる想いがあり、その優しさゆえにひそやかな痛みを抱えている様を他者が感じ取る話。
 ままならない出来事や、突っ走るような正義感や、そういったものを織り交ぜながら、軽快なテンポとコミカルさで笑いたくなりながら、それでも府と切なさを感じてしまう。
 多くを語ることはできないけれど、多くを感じさせる締めくくりとなっている。

<読書記録⇒11月期に読んだ本(含漫画)の厚さ:20.2cm>
  • URL:https://yaplog.jp/takatsuki/archive/597
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
>51さま
はじめまして! ようこそおこしくださいましたv

伊坂作品は去年いきなりはまり込み、只今文庫で追いかけ中なのですが、51様は単行本で追っていらっしゃるんですね。
音楽とハイジャック、とんでもない飛躍が面白くて、こういう構成によって生まれる驚きや感動に溜息をつきたくなります。
こんなふうにカオス理論をさらりと扱ってしまうところも好きです。
伊坂作品は素敵なものに出会えると常々思います。

もしよろしければまたお越しくださいませ。
January 03 [Sun], 2010, 20:01
はじめまして。

数年前に、単行本で読みました。
音楽から、ハイジャックまで、
時間軸のぶっ飛びと、その連鎖反応にストーリーの面白さを感じたのを覚えています。
January 03 [Sun], 2010, 19:39
P R
最新コメント
アイコン画像ひかる
» ポツネン氏の庭 〜The spot garden of Mr.Potsunen〜 (2011年02月23日)
アイコン画像とんぼがえり
» ポツネン氏の庭 〜The spot garden of Mr.Potsunen〜 (2011年02月06日)
アイコン画像ひかる
» フィッシュストーリー (2010年01月03日)
アイコン画像51
» フィッシュストーリー (2010年01月03日)
アイコン画像ひかる
» ダークナイト/THE DARK KNIGHT (2008年08月30日)
アイコン画像ちきん
» ダークナイト/THE DARK KNIGHT (2008年08月26日)
アイコン画像日本インターネット映画大賞事務局
» 日本インターネット映画大賞・外国映画部門 (2008年02月09日)
アイコン画像ひかる
» 朱色の研究 (2008年01月25日)
アイコン画像らぶほん
» 朱色の研究 (2008年01月16日)
アイコン画像日本インターネット映画大賞
» バイオハザードV/BIO HAZARD V (2007年12月29日)