平成31年3月18日月曜日の修法記

March 24 [Sun], 2019, 9:58


3月18日月曜日の修練では、少年部の指導後、道院長のもと「龍投」「龍固」を指導していただきました。

「龍投」
逆小手が流れる形になる。右手を添えて体捌きをするだけで相手が仰向けになる場所に入る。上から目線で圧をかけると反発して逃げるので、低きにつく意識で下手に出る。崩れ方は逆手投と同じで、掛け方は袖巻返の反対。相手がこちらに頼らざるを得ない形になる。

「龍固」
膝で首を伸ばして極める。ほとんど掛手で、思い切り掛けなくても掛かる。肘が内旋し脱臼する方向に掛ける。回って逃げようとするので、膝で極めてそれを止めている。

龍投から龍固を指導していただいて特によくわかったのは、力が流れ続けていることです。逆小手が流れて、龍投の形に入って、落として固めるまでが連続的で途切れません。常に重力が一定であるように、技の中でもその方向性を導いていただくだけで、新しい力は一切感じないのです。
自分と相手の重さを感じて「せーの」ではなく「普通に、自然に」行うというところを観ていきたいと思っています。

(梅田海来 記)
  • URL:https://yaplog.jp/takatsuki-m/archive/511
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:金剛禅総本山少林寺 高槻南道院
  • アイコン画像 現住所:大阪府
読者になる
高槻南道院について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ。
高槻南道院ホームページ
ヤプミー!一覧
読者になる