執筆日誌でも書こうかなぁ

2009年11月04日(水) 14時12分
何か目的がないと、ブログの更新は難しい。
稽古場日誌は自分の気持ちと頭の整理っていう目的があったのでよくかけたんだ。
執筆日誌…書く?
執筆日誌ってなんだ(笑)
書くための、書く作業?なんだか二度手間。
でも確かに日々、気持ちと頭の整理は必要だ。

昨日は久々に鈴木ハルニという劇団コーヒー牛乳改め「ゲキバカ」という素敵な演劇集団に所属している役者さんと会った。
第4回公演「プール」に出演してくれた役者さん。
ハイボールをぐびぐび飲みながら
「いい役者ってなんだろうねぇ…」
としみじみ語りあった。
「あの人はいい役者だから」
なんて、言葉にするのは簡単だけど、はたして、何をもってしていい役者とするのか。
いざ言葉にしようとすると難しいんだよね。
共演者からみていい役者
制作さんから見ていい役者
演出から見ていい役者
お客さんにとってのいい役者
なんだかどれも違う気がするし、同じだとも思うし。

結局、
「人間力だよなぁ〜」
という結論に至った。
なんだ人間力って(笑)
似非自己啓発本みたいな切り口になってしまったけど、なんつーか、でも、「人間力」が大事なんだよね。
人間として魅力的であること。
人間として思慮深いこと。
人間として優しいこと。
人間として想像力豊かであること。
その他もろもろの人間としての大切なことをどれだけ心の引き出しにたっぷり入れておけるのか、こういうことが大事なんだよな。
そのためには一分一秒、経験の一つ一つをしっかりと刻みつけることが大事なんだ。
それがどれだけ痛みを伴う経験であっても。
それは、作家もしかり、だよね。

そんなことを考えて私はすっかりマゾ気質になってしまったわけだけども。

悲しいことが起こると、「この経験を大事にして人間力を高めよう」なんて思考回路が働いてしまう。
何なら少ししめたもんだ、とすら考えてしまう。
皮肉なことに、この考え方が防衛になってしまって、自分の本当の悲しさに触れられないまま経験を消費してしまっているだけなんじゃないだろうか、とか葛藤したりして。
こんな風に理屈こねくり回していられるうちは、まだまだだね。

なんだかぼんやりだ…。
鈍感は罪。
それは肝に命じておきたい。

いつかのはなし

2009年11月04日(水) 0時56分
いつか私が猫を飼うなら、その猫になんて名前をつけようか。
それが今日決まってしまった。
悲しいけれど決まってしまった。
その名前がついた猫を、もうずっと可愛がることも。




うむ…。
こういうポエットなことを書きたいときもあるのさ。
ただ、この名前をつけられた猫はちょっとかわいそうかもしれないね。
だからやっぱり猫は、飼わないかもしれないなぁ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高羽 彩(タカハ アヤ)旗揚げの時の舞台写真ですね
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる


タカハ劇団主宰 役者 脚本・演出家 所属:クレイ

このブログは高羽の個人的なつれづれを綴ったブログです。
タカハ劇団の公式活動情報につきましては、劇団HPをご覧ください。
またお問い合わせは
infoあっとまーくtakaha-gekidan.net
(迷惑メール対策のため、@を「あっとまーく」と表記しております)
までいただきますようお願い申し上げます。

-----ニュース!!-----


次回公演詳細まだまだ未定!
詳細はこちら!
タカハ劇団の公式情報をお求めの方はタカハ劇団WEB


-------今後の活動-------
【タカハ劇団】
次回公演
今春?!

作:演出:
乞うご期待!

【高羽 彩】

お仕事待ってます… -------最近の活動-------

工事中
チケット予約メールフォーム//お名前・ご連絡先・希望公演名・希望日時・希望枚数を御記入ください。

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
©PETAPPA