FAKE? TOUR OF LOSING TOUCH-FINAL-@Shibuya O-East

January 19 [Wed], 2005, 23:54
なんだか、評価が二分されていて面白いなぁといろんな場所を見ながら思うも、個人的な感想は・・・。
死ぬか(殺されるか)と思った。
てか、今回ばかりは、AXとかでやったほうがよかったんじゃないかと思った。

あと、大体見ていてわかると思いますが、うちの場合は基本的に前方中央部の暴れてる人たちの中にいた人間のレポです。
あのあたりがどんなもんだったか、テレビ中継なんかで見ていた人もいるかとは思いますが、その辺を踏まえつつ見てもらえれば幸いかと。
今回、それぞれのいた場所ごとでCS調査やったら本当に面白い結果が出てくる気がする…。

昨日と同じで、仕事から早々に脱出して渋谷へ。
同じタイミングで現地に着いたはずなのに、まだ下には行列が…。他の客かと思ったけど、どうも違う。それよりも、FC先行の整理番号だけで1100以上ってどういうこと?
昨日は、600とかそんなもんだったはずなのに…。さらに、一般で自分の整理番号は111より後。当日券も出たらしいし、実質1400は入ってるし、下手すれば1500とかってレベル。ここのキャパは1200程度だったはずだけど、本当のところはどんなもんだったっけ?
入った瞬間に、フロアに流れる異様な熱気。開演前で人と人との空間ないようなぎっしりのフロア。
一瞬、逃げたくなりましたよ。本当に。
でも、降りれば何とかなるだろうって思って行ったけどそんな楽観的な感覚も許されず、スタートで中央に突っ込むしかないなぁと覚悟を決める。

似たような考えの人間はそれなりにいたようで、みんないる場所は同じ(笑)
その中で、「小野瀬じゃないんだから前見て楽しめば?」と言われたけど、実際のところ後ろの空気が楽しいから後ろ見てるんだよなぁ。確かに、小野瀬の場合は脳裏にリスクマネジメントしかないですけど…っていうか、物好きのレベルだし(--;
でも、ステージの連中を楽しんでみるのは出来ちゃってるし、それよりも訳のわからん位置で飛んでくるので怪我をしたくないって言う方が先なのよね。音を楽しむことと空気を楽しむこと。その辺の考え方かなぁ?

ま、補助者的な動きをしてるように映っても仕方ない行動してたのは確かだからなぁ(苦笑)
知ってる人の一部は、前に来ることもあきらめたような感じで後方にいる人も。ある意味正解だと思いました…。

そして、開演の時間を迎える。

FAKE? TOUR OF LOSING TOUCH-FINAL-@Shibuya O-East

January 18 [Tue], 2005, 22:50
4本あっての3本目。
ラストへの勢いを、大阪のノリをどこまで維持できるかと思いつつ、仕事から引き上げて、O-Eastへ。

道玄坂を登って、O-EASTに向かい中に入ると、勝手知ったるなんとやらで気楽な感じがするんだよなぁ。
事実、中の状況もどうなるかの予想もつくし、よほどの予想外の状況がなければどうとでもなるって自負もあるんだよなぁ…。

開演までの時間に、往々にして名前も知らない人ばっかりだけど、あの場所にいるから顔を知ってる人たちに声をかけたりしながら、時間を潰す。
開演までの流れは、名古屋・大阪と同じもの。SEが体内時計と連動してしまってるというのはいいのか悪いのか(苦笑)
ふと気づいたら、ステージにFAKE?のロゴにJUST LIKE BILLYの十字(?)を背景に入れた(むしろ付け加えた?)バックドロップが。
名古屋と大阪にはこんなのなかったよなぁ…。

そして、ほぼ定刻をちょっとすぎたぐらいで暗転して、BASSが出てきて大阪と同じでちょいと長いソロプレイをやってから、ゆっくりとメンバー登場。
INORANはstylesの赤のTシャツ。(あれ、買おうか悩んでいたんだよなぁ…)
KENは大阪と同じシャツだったような気がするんだけど・・・。
モリッシーはチャーリーのTシャツ(あ、同じ服二人目)
パブロは白のロングスリーブ
BASSとカオルさんは、よく見えなかったけど、限定Tとかだったのかな?

全員が準備が出来てNO EXITをはじめる頃には、吊りモノの照明群でバックドロップは隠れてる。あんな派手なものを創っても隠すってあんたら・・・。
最大の懸案事項だった、HGSSはほぼ皆無。というか、熊谷とかで徹底的にダイバー潰しやって、とっちめた後で放置ってその方向性は誰が考えたんだか…。そのあたりに一人ぐらいいた気もしたけど、さっさと後方に押しやって事なきを得る。まぁ、不安要素が消えたって感じだったから楽しめたけどさ。
冗談抜きで彼ら・・・安全確保じゃなくて危険性の増幅だもん。

盛り上がりも、今までの2daysだと、初日は微妙だったのが初日からエンジン全開。

FAKE? TOUR OF LOSING TOUCH-FINAL-@OSAKA BIG CAT

January 14 [Fri], 2005, 23:41
とにかく、楽しかった!
まずはそれだけ。
久々にFAKE?で、いや、いろいろ見てたのとか含めて一番て言えるレベルだったかも。
この流れ、確実に渋谷に持って帰ろうね…(切実)

会場は、思いのほか長い入場列だったけど、ドリンクの整理番号が229だったことから察するに…まぁ、そういうことなのかと。
昨日と違って、ダイブ・モッシュ禁止令もなく暴れるとなれば派手になるなと思いつつ中へ。

昨日もだったけど、初めての会場だといろいろ見回す癖があって、昨日のNAGOYA BOTTOM LINEはすり鉢状に近い、eggmanを広げたような感じなのに対して、今日のOSAKA BIG CATはサイズは小さいもの赤坂BLITZに近いような感じ。
天井も高めで、音響も悪くはなさそう。それに仕切りになるバーがないから、動きやすい。同時に将棋倒しのリスクもあるんだけどさ…。
そういや、横浜BLITZってどうなんだろ?

開始までは、ゆっくりとした感じで、昨日も見た気がする面子はともかくとして、大阪の地元の人間も多い…はずなんだけど、関西訛りが聞こえてこない…。
ここは大阪ミナミのアメリカ村だよなぁ。どういうこっちゃ(苦笑)
あと、気づいたらLUNASEA時代以来かしら?という方もちらほら。前方でコート着用とかは洒落にならないよ…。
開始前には、警備の人々が妙に行ったりきたりして、気づいたらいない場所も…。ダイバー処理どうするんだよ…(汗)
そして、フロアにも警備の姿はなし。昨日もそうだったんだけど、この流れを渋谷の警備担当らしいHGSSにもやってほしいなぁ…。
ステージは蝋燭はないもののかなりのスモークが炊かれて、視界不良になりそうな勢い。フロアまで来てないからいいけど一歩間違ったら窒息しそう…。

普段よりもちょっと長いBASSのプレイからメンバー登場。
全員がそっけなく登場している中、モリッシーは恐ろしく気合が入っていて、どこぞの拳法か空手の型のように両拳を突き出して、気合を入れてるのか注入してるのか…。

INORAN ジャケット着用(最初のMCの頃には脱いでいた)
KEN ジャージ着用(2曲目で脱いでいた)
BASS&カオルさん いつも通り(コラ)
モリッシー チャーリーのシャツ(03春ツアーのものとは別)
パブロ キャップは被ってないけど、髪形がなんか違って限定T着用
まさか、限定T着用はお当番制とかじゃないよね?(笑)

CLASSICからのスタートで、転調のところで一気にフロアに熱が入る。

FAKE? TOUR OF LOSING TOUCH-FINAL-@NAGOYA BOTTOM LINE

January 13 [Thu], 2005, 23:30
久々に、純粋に音を楽しめたライブだったかも。
ライブ中も、周りに気を遣うなんてこともなく(正確には後方の危険に身構える必要がなく)音を楽しみステージを楽しめたって感じだった。
残り3つ。という現実もあるけれど、4本の中の最初の一つと考えたら十分すぎるもんだったんじゃないだろうか?

14時に、仕事もなにも問答無用で職場を脱出し、15時過ぎのひかりで名古屋の現地に着いたのが、17時半。
手元に2泊とは思えないレベルの大荷物。ロッカーに入る保証もなく途方に暮れたものの今池界隈に開いているロッカーはなし。正確にいうならば、今池駅構内のロッカーはボトムラインに行く人間に占拠されていた…。
どうも、会場のロッカーは数が少ないって話だし、本気で洒落にならん。セキュリティーにも驚かれるような始末だったし。

今日は、1年以上ぶりに名古屋のユニで。小野瀬辺りでの兼ね合いでアルビはなんだし、Lecoqのロゴ(鶏)で「チキンだよ」とでも言ったらどんなモンかなと。(待て)
スペースは、そこそこの広さで、例によって会場がぎっしり埋まるほどではない程度の客数。
はじまれば確実に満員電車状態になるんだけど、これぐらいがちょうどいいかも。
前から5列目ぐらいになる場所に陣取って、間違っても発射はしないぞ…と(違)
混みあわないのはいつもの通りとしても、ある程度の集客で、男性客が今までよりも多かった気がする。ただ、INO側の密度が以前にも増したような…。しかも、ツアーグッズで身を固めてるのが多いのはかなり意外だったかも。
気のせいか見覚えのある顔が多く、明日も似たような顔ぶれなのか?と別の意味で気がかりになってみたり。

スタイルは、
INOは名古屋限定Tシャツ
KENはダークグレーのジャケットに同系色のシャツ(ジャケットは早々に脱いでいた)
BASSが45KINGのやつ。最初は、ADIDASコラボの赤に見えたような気がしたけど…
モリッシーはスケルトン柄のTシャツ
パブロは昨日とほとんど同じで、DBFのキャップの紺のやつ(何種類のカラーバリエーションがあるんだ…)

NO EXITからのスタートだけど、去年とは違うなぁという感じ。
タイトルにツアー名を乗っけた割には別物として臨んでいるような、そうでもないような…。
前にも書いたとおりで、感覚的な問題があるのも否定はしないけど…。

あえて考える暴れ系ライブ会場でのマナー

December 21 [Tue], 2004, 2:31
これは、9月のJ5Days以降、22と23のZeppTOKYOに向けて考えてたものです。
気軽に読んでもらえれば幸いかと。

何かというと、ライブでのダイブやモッシュという危険な楽しみ方の話で、馴染むと危険なことも忘れがちだけど、改めて考えることもあるのでは?と、9月に思い知ったのがきっかけ。

ぶっちゃけ、自己管理とかしてない知人がこっちの目の前で倒れて、仕方なく担いで救護に連行した時に、かなりラフな対応で、その患者を激怒させていたので、「救護って何?」と思ったが最初の疑問。
これで、重傷者や最悪の場合、死人出たらどうするの?緊急性の薄くても、最低限のことはねぇ?と。
気になって文書を送りつけ、その後、事情聴取まで受けることになり…(苦笑)

なんてこともあり、おかげさまで、興行主さんとの話から、フロアの人間として考えることもあるなと、思い知り…。
#余談:なお、その知人は救護を受ける人間を不安にさせる言動など、人として痛かったのでご縁は切らせてもらいました。アレが新潟の誇りを身に付けたら新潟の恥だ(何)

で、Jの話がきっかけなので、ライブとサッカー両方のお仲間さんのSethさんとつるんで、まとめたのがこの話。

ライブ会場の客にもいろんなスタンスがある。
「俺の楽しみ方は暴れることなんだ」と問答無用で暴れるのは当然論外。
かといって、暴れてる奴に躍起になって文句を言ったり妨害するのもばかばかしい。

ただ、共通しているのは、ライブを楽しみたいってことのはず。
その基本が一緒なら、折り合いを付けることは出来るんじゃないの?っていうのが僕らの結論。
これは、「暴れる側にいるからだろ」って言われたらそれまでだけど、手前味噌で考えてみたものが、
「ちょっとライブでのマナーを考えてみようよ」と題して、できることを考えようってモノ。
つたないものだけど、これをきっかけに、マナーを考えてもらえれば幸いかと。

FAKE? TOUR OF LOSING TOUCH -LIVE LIKE BILLY-@水戸LIGHT HOUSE

November 26 [Fri], 2004, 23:26
この水戸から始まる今回のツアー後半戦。
期待を持ちつつ行った先にあった結論は「こいつらヤバい。」
それ以外の感想はもうない。
熊谷での違和感どころではなく、危機感に近い危険性を感じた。
水戸のステージにハートはあった。でも、フロアに同じものはなかった。

まず、水戸の感想。とにかくフロアが狭い!
長野や熊谷よりもステージを広く取ってある分、フロアが狭くなっているような感じ。
とって付けたような関係者用の席とかも妙なもん。
あと、INORANのANOTHER ROOMのグッズが目立つ。LUNA SEAの2000年ツアーのシャツなんていうのもいるし、やはり、FAKE?を見るという認識は薄いのかも。
キャパも250程度で、熊谷ほどではないにしても、かなりのすし詰め状態。

自分は熊谷の記事での宣言どおり、ステージ向かって左手の後方に陣取って「見物」の体制。
こんな位置でのスタンディングライブなんて本当に久々。
普段のユニではなく黒のTシャツ(ろくでもない文言が書いてあったけど)で、一応、ユニをベルトホルダーにはさんでいたけど、着るかは状況次第ってことで。
はっきり言って、ステージに「これでいいのか?」と疑問提示をしたかったのもあったし、腕組みをしてステージを睨みつけるという、かなり喧嘩を売った体制で待機。

開演前のBGMは別のものに変えて、空気を換えて・・・というのがわかりやすいような展開。
ここまでの段階で、普段ではありえない機材スタッフの状況。
調整に入る頻度も高いし、PAブースにもスタッフが張り付き指示を出してる始末。本当に大丈夫かよ・・・。
ただし、始まりのきっかけは同じ。

そして、よく見ると熊谷で見覚えある警備のスタッフさん。
こりゃ、危ないし、後方にいる人間を警戒するのは何故?
熊谷でも特定の人間に対する警戒をしたのはわかってたけど、客のスタンスは変わる可能性もあるわけで、個への張り付きはリスクが高い。
HGSSって書いてあるジャンパーのこいつらヤバイよ・・・。
ちょいと調べたけど、どう考えてもスタンディングの経験なさそう(汗)
他はホール関係イベントで、押し合いへし合いはともかく人が飛ぶのはありえないものばかり。
会社選考に問題がありすぎる。
てか、CEATECでも警備という警備をしてた記憶ないし、手際の悪さは一級品だったよ(ぉぃ)

そして、どうなるかと半分おびえながらの開演を迎えることに。

FAKE? TOUR OF LOSING TOUCH -LIVE LIKE BILLY-@熊谷VOGUE

November 17 [Wed], 2004, 1:06
個人的には、ここに出すかも躊躇したのですが、あえて・・・。
熊谷公演の一部の行動が、各所で問題視されている現状もあるけれど、それだけではないものも感じたので、駄文となるけれどご笑覧くだされば幸いかと。

入った瞬間、人だらけ…。今日の会場は混雑率?%の通勤電車ですか(苦笑)
まぁ、東京から近いし仕方ないが、INORANのソロ並に人が詰まっていて怖い。
多分、幅は長野と同じだろうけど、奥行きがない。それに、開演前でも全体的にぎっしりで、いろんな意味で危ないと感じつつ。
それに、照明が暗めだったりしたせいかもしれないけど、普段の盛り上がりみたいなものもなく、とてつもなくおとなしい。
う〜ん、ANOTHER ROOMの影響とかってあるのだろうか?
とにかく、普段のような高揚感とは違うのだけど「ライブが始まるぞー!」って空気でなかったのは確か。
でも、横浜はこんなじゃなかったという話だったし、長野はこんなもんじゃなかった。
何が違うのだろう?

ON MY TIDEからの展開は基本的に長野と同じ。
ただ、フロアには普段以上に純粋に「ステージを見る人」が多い。
まぁ、のんびり見るだけなら安全だし楽だけど、ダイブとかモッシュが発生することを考えると、絶対に危険。
さらに、警備が一部にマンマークやったりとか、とにかく対応方法が普通じゃない。
構造上の問題もあって、仕方ないとは言えダイバーは前で跳ね返し(投げ返し)、戻ってきたのは警備は引き摺り下ろす。
しかも、髪の毛つかんだりするし、まるで貨物でも扱うような方法。周りも見てないから、下にいて生きた心地がしない。
今までも、跳ぶのを手伝っても、降ろすなんて滅多にしてないよ。(違)
というよりも、せざるを得ない状況にしてたスタッフさんたち本気で怖いですから。
それに、降りないでそのまま頭上で暴れるのとか。下の人間のことも考えてくれ。
そんな無茶な状況が原因で、雪崩は起こるし、今日は一体なんなの?
ついでに、状況把握しないで繰り返し跳ぶのもいるし、やるにも状況把握してからにしろって感じ。
警備は前を見てて、本当に「電柱」だし、人の扱い方も知らない。
跳ぶ方も問題あるけど、飛ばさないように動く方にも問題あり。
自分も、肩にしがみついて飛ぶ人間もいたおかげで、右半身いためてぼろぼろ。

本当に今日のは一体・・・。

専門学校ミューズ音楽院 女神祭2004 「LIVE D.N.A U」@SHIBUYA O-EAST

November 03 [Wed], 2004, 23:20
FAKE?が学園祭って段階で「?」だらけ。まぁイベントだし…。

学園祭ライブの(?)のんびりした空気の中、FAKE?目当ての面子だけは識別可能なぐらいオーラが違う(笑)
ペリーの「開国シテクダサイ」やバンドメンバー入れ替え宣言したりなんて反則技もあったけど、どれも若いバンドだよなぁ〜って感じ。
勢いもあるし、走り出すと止まらない。けど、何か足りない。それに、オマージュのような臭いが非常に強い。

そして、どうしてFAKE?をここに持ってきたのかが大きな疑問が。
さらにいうと、自分を含めFAKE?目当ては外や後方で待機かフロアにいても電柱になるわけで、ステージの人間には酷。
去年のGENUINE FAKE?(@AKASAKA BLITZ)よりもひどかったかも…。
もしかして、「君らはFAKEなんだよ」と前に出てた連中(Cloud Nineは別)へのメッセージなんて確信犯…なわけないか。

気づいたら、「ダイブ・モッシュ禁止」という張り紙が数箇所に。当然なんだけど、制約は激しそう…。
久々に、のんびりと前を見れるのかと思っていたけど、ユニ系の人間もそれなりにいるし、のんびりできる可能性は消滅。
その前のCloud NineのMCで「泳いで来い」なんて煽りと、KENの「ダイブ・モッシュ禁止はアドバイス」なんて言うから、周囲で見事に箍がはずれ、ダイブ・モッシュの嵐。
楽しいのは確かなんだけど、飛ぶのが基本になってるよ、やっぱり。
しかも、FAKE?では初めてでも、Jあたりで慣れてる野郎が多く、こっちまで飛ばすし。跳んでた自分にもびっくり(苦笑)
うぅ、最近スタンディングのライブで前を見ている時間が短くなってる(泣)

で、感想。
パブロとモリッシーの髪型の激しさに驚き、一瞬呆然。INOは黙々とギターを弾き遊ぶ様子もなく、苛立ち気味?
KENはMCでとにかく暴れろというようなメッセージばかり。
そして、初心者用(?)の解説をふんだんに盛り込みFAKE?の特徴の説明…になるのかなぁ?
普段の「勝手に楽しめ」って感じよりも、「FAKE?ってこんなですよ。」みたいな感じで妙に下手に出てるのは違和感。

演奏に関してはいつも通りだし、跳んだり暴れたりするのも大体同じ面子。
曲目は、最近ご無沙汰な流れの選曲で、UTOPIAとかがあったのはよかったかも。

結果的に普段よりもちょっと短いけど、基本ラインは普段と同じじゃないか(苦笑)

あと(ネタバレ含む)は、続きで。
注意事項.
なにか、いろんなものがあるらしい。
それに意味があるかは謎である。
そして、いつまであるのかも。
こっそりと
なんかはじめた気がする。
jump to New Space...
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taka
読者になる
Yapme!一覧
読者になる