あえて考える暴れ系ライブ会場でのマナー

December 21 [Tue], 2004, 2:31
これは、9月のJ5Days以降、22と23のZeppTOKYOに向けて考えてたものです。
気軽に読んでもらえれば幸いかと。

何かというと、ライブでのダイブやモッシュという危険な楽しみ方の話で、馴染むと危険なことも忘れがちだけど、改めて考えることもあるのでは?と、9月に思い知ったのがきっかけ。

ぶっちゃけ、自己管理とかしてない知人がこっちの目の前で倒れて、仕方なく担いで救護に連行した時に、かなりラフな対応で、その患者を激怒させていたので、「救護って何?」と思ったが最初の疑問。
これで、重傷者や最悪の場合、死人出たらどうするの?緊急性の薄くても、最低限のことはねぇ?と。
気になって文書を送りつけ、その後、事情聴取まで受けることになり…(苦笑)

なんてこともあり、おかげさまで、興行主さんとの話から、フロアの人間として考えることもあるなと、思い知り…。
#余談:なお、その知人は救護を受ける人間を不安にさせる言動など、人として痛かったのでご縁は切らせてもらいました。アレが新潟の誇りを身に付けたら新潟の恥だ(何)

で、Jの話がきっかけなので、ライブとサッカー両方のお仲間さんのSethさんとつるんで、まとめたのがこの話。

ライブ会場の客にもいろんなスタンスがある。
「俺の楽しみ方は暴れることなんだ」と問答無用で暴れるのは当然論外。
かといって、暴れてる奴に躍起になって文句を言ったり妨害するのもばかばかしい。

ただ、共通しているのは、ライブを楽しみたいってことのはず。
その基本が一緒なら、折り合いを付けることは出来るんじゃないの?っていうのが僕らの結論。
これは、「暴れる側にいるからだろ」って言われたらそれまでだけど、手前味噌で考えてみたものが、
「ちょっとライブでのマナーを考えてみようよ」と題して、できることを考えようってモノ。
つたないものだけど、これをきっかけに、マナーを考えてもらえれば幸いかと。
  • URL:https://yaplog.jp/taka/archive/113
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
注意事項.
なにか、いろんなものがあるらしい。
それに意味があるかは謎である。
そして、いつまであるのかも。
こっそりと
なんかはじめた気がする。
jump to New Space...
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taka
読者になる
Yapme!一覧
読者になる