魔笛 

September 04 [Tue], 2007, 17:20
2007年9月2日(日)にシネマフロンティアで観ました。

(ストーリー)
第一次世界大戦下の塹壕で、若い兵士タミーノは毒ガスに命を
狙われ気絶します。それを救ったのは夜の女王の侍女を務める三人の
従軍看護婦でした。タミーノの前に現れた夜の女王は、さらわれた
娘パミーナの救出を依頼し、彼に魔法の笛を託します。タミーノは
兵士パパゲーノと共にザラストロの城砦へと向かい、そこで
パミーナを見つけます。二人はすぐに恋に落ちますが、
タミーノは愛を成就するため、困難な試練に立ち向かうことになります。

おなじみモーツァルトの「魔笛」を第一次世界大戦下のヨーロッパに
移し、平和への祈りをテーマに翻案したものです。
歌詞は英語でしたが特に違和感はありませんでした。また、
カメラワークが巧みで映像的にも迫力がありました。
難点は反戦のメッセージが強すぎて原作のファンタジックな
テイストを損ねていたことが悔やまれます。私の評価は☆☆☆☆です。

怪談 

September 04 [Tue], 2007, 17:17
2007年8月29日(水)にプリンスシネマで観ました。

(ストーリー)
婀娜(あだ)な姿と芸が評判の富本の女師匠、豊志賀(黒木瞳)は、
ある日、街筋で煙草売りの新吉(尾上菊之助)とすれ違います。
「またにしとくよ」と軽くいなす豊志賀でしたが
「やっぱりもらっておこうか」と新吉を呼び止めます。
煙草売りを口実に新吉は、豊志賀の稽古場に足繁く通うようになり、
雪の降る夜、二人はついに男女の一線を越えます。
しかし、その後、二人には不幸が重なります。実はこの二人、
親を殺された娘と、殺した男の息子という因縁の関係だったのです。

尾上菊之助はさすがにうまく新吉役にハマっていました。
黒木瞳の豊志賀は悪くはなかったのですが女の情念の激しさが
今ひとつ弱かったように思いました。
ストーリー展開としては、一龍齋貞水の語りから始まるつかみと
それに続く展開は良かったのですが、ラストの「ぬるい」作りが
私には気になりました。評価は☆☆☆です。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 

September 04 [Tue], 2007, 17:03
2007年8月14日(火)にスガイで観ました。

(ストーリー)
ホグワーツの5年生になって学校に戻ったハリー。しかし、
ホグワーツでは「闇の帝王」ヴォルデモートが蘇った事実が
全く知られていませんでした。ファッジ魔法大臣は、
ダンブルドア校長が自分の地位を狙って嘘をついていると疑い、
ダンブルドアとホグワーツの生徒たちを監視するために、
「闇の魔術に対する防衛術」の新任教師、ドローレス・アンブリッジ
先生を送り込みます。ドローレス先生の仕打ちから、窮地に
陥れられたハリーは…。

前のストーリーを忘れかけていたのが難点ですが、全体的に
よくまとまっていて面白く観ました。
キャストで言えば、ハリー役のダニエル君が成長するにつれ
最初の輝きがなくなってきたのがちと気になりました。
むしろルパート君の方がカッコイイかもです(^_^;)。
私の評価は☆☆☆☆です。

モンパルナスの灯 

September 04 [Tue], 2007, 16:35
2007年7月28日(土)にスガイで観ました。

(ストーリー)
青年モジリアニは肺結核に冒され、また麻薬と飲酒の中毒で
どん底の生活を送りながら、僅かの知己に支えられ画業に
取り組んでいました。ある日彼は、ジャンヌ(アヌーク・エーメ)
という画学生に街で出会い、激しい恋に落ちますが、彼女の父の
反対で二人は引き裂かれ、絶望から彼は昏倒します。画壇での
唯一の理解者=画商ズボロフスキー(ジェラール・セティ)は彼を
南仏ニースに静養させ、ジャンヌもそこへ家出して来ます。
幸福な半年を過ごしてパリに戻った彼を待ち受けていたのは、
再びの無理解と屈辱でした。個展は見事に失敗し、貧窮に
あえいで、カフェで素描を5フランで売り歩くうち倒れた彼は、
運ばれた病院で不帰の人になります。それを看取った冷酷な
画商モレルは待ち構えていたかのように、その傑作の数々を
買い叩くのでした。ジャンヌに彼の死を告げず……。

貧困と病苦のうちに36歳にしてモンパルナスに果てた
エコール・ド・パリの異色画家モジリアニの晩年を描いた映画です。
事実をかなり脚色してはいますが、モディリアーニと ジャンヌの
悲恋をドラマティックに描いており、泣けます。
モジリアニ役のジェラール・フィリップ がよく雰囲気を出しており、
リアルな物語に思えました。(1958年、モノクロ作品)
私の評価は☆☆☆☆です。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たいのすけ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
    ・音楽
読者になる
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる