鈴木悠介になるかそうでないか

September 05 [Tue], 2017, 18:38


鈴木悠介

金融庁の管轄下にある日本証券業協会の解説。国内にあるすべての証券会社および登録金融機関が行う有価証券(株券や債券など)の売買の際の取引を厳正に加えて円滑にし、金融商品取引業が堅実な成長を図り、投資者を守ることを目的としているのです。
この頃、偽造・盗難キャッシュカードまたは振り込め詐欺、さらにはインターネット・バンキングでのIDやパスワードなどの個人情報詐取による損害等、他人事でしかなかった銀行取引に直接的に関係する悪質な金融犯罪の増加が深刻な社会問題となっているのだ。
バンク(銀行)はあまり知られていないけれどbanco(イタリア語で机、ベンチ)に由来するもので、ヨーロッパ最古といわれる銀行の名は西暦1400年頃にジェノヴァ共和国で設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行というのが定説。
【投資の前に】資産配分:許容が不可能ではないリスクの幅に合わせて資金を市場や変動などが異なる2つ以上の商品に分けて投資する手堅い手法のことを、アセットアロケーション、つまり資産配分と呼ぶ。
巷で言われる「重大な違反」になるかそうでないかは、金融庁が判定することであり、一般的なケースでは、取るに足らない違反がけっこうあり、それによる効果で、「重大な違反」認定されてしまうのである。
株となら強く関係しあっているものは、投資信託または株式などです。こういった商品にも関心をもって投資することで、結果として株の動向をもっと敏感に感じられるようになると考えられる。
平成10年12月に、当時の総理府の内部部局ではなく外局として大臣をその委員長と決められた新たな機関、金融再生委員会を設置し、不祥事を受けて設置された金融監督庁は2001年に金融再生委員会が廃止されるまで、その管轄下に2年以上も整理されたという事実がある。
【常識】FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引)で儲ける方法⇒為替相場の浮き沈みを主に利用する為替差益による方法と、通貨と通貨の金利(高い金利と低い金利)の差額相当を得るスワップ(交換という意味)という方法のふたつがあり、使われています。
【基礎】テクニカル分析⇒株式と商品取引そして為替等の扱われる取引市場において、これまでに見られた取引実績における時系列のパターンから、今後の取引の変化を予想や分析しようとする方法。
【金融用語】J−REITって何?投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年6月4日法律第198号)の定めにより形成される。J-REIT(日本版不動産投資信託)の型には、投資信託 (選択されていないが法的には可能)または投資法人(上場されているものは現在すべてこの形態)の二つの形態。
【知っておきたい】為替市場の動向に素早く影響がある手を出しやすい投資商品は?と聞かれたら、外貨預金(日本円以外での預金)や外貨MMF(MMF:公社債、短期金融資産などで運用して利益を求める投資信託)、FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引)などだろう。
Y2Kともいわれた平成12年7月、大蔵省(現在の財務省)より大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務を統合したうえで1998年に発足した金融監督庁を金融再生委員会の指揮監督する金融庁に再編。翌年の平成13年1月、金融再生委員会は廃止され、、内閣府直属の外局の「新」金融庁となったのです。
【解説】REITって?不動産で得られる収益を投資家へ還元する金融商品である不動産投資信託という意味の日本語による表現のことです。ただし、投信法の定義のとおりの日本版REIT(J-REIT)を単にREITと指す場合がある。
つまりロイズについて。シティ(ロンドンの金融街)の世界中に名の知られた保険市場であるとともにイギリスの議会による制定法に定められた取り扱いで法人化されている、ブローカーおよびシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合そのものを指す場合もある。
【投資商品】為替市場の数字に鋭く手ごたえがある手を出しやすい投資商品ということなら、外貨預金(外国の通貨での預金)や外貨MMF(MMF:公社債(国債、社債など)や短期金融資産で運用される投資信託)、FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引:margin Foreign eXchange trading)などが考えられる。

【ポイント】株式累積投資:株式をよくある積立貯金のように定期的な購入ができる株式累積投資指定した銘柄を、一定の額で買い付けることのできる制度)は、株価の極端な上下を抑制できるドルコスト平均法を利用しているから、株の購入価格を平均化することで取引のリスクを低減ができるわけです。
最終的には、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)が新たにファンドを作り、それを適正運営するには、とんでもなく量の、業者が「やるべきこと」および、「やってはいけないこと」が法律等により定められているのだ。
1995年に公布された保険業法の規定により、保険を販売する企業は生命保険会社または損害保険会社のどちらかになり、いずれの形態であっても免許(内閣総理大臣による)を受けている会社以外は行えないきまり。
【投資の前に】先物取引の知識。証拠金(補償金)制度を取引に組み込んでいる金融商品なのです。このため僅少な資金からでも売り買いが可能なことから、ハイリスク・ハイリターンといった投資スタイルも可能です。
【投資の前に】「仕手」について⇒意図をもって株価の上げ下げを実現させる卑劣な投機手段。この「仕手」という行為は違法行為。しかし現実にはこの仕手が株式市場で消えることは無いと思われる。
【常識】外国為替市場とは⇒外国為替(通貨が異なる国際間の取引を信用手段によって決済する方法)取引などが行われる市場を表す名前である。外為市場という名で略することもあります。通常は為替銀行間取引(銀行のみが参加し短期資金や外貨を取引)が実行される場を表す言葉。
総論。金融の世界では、生産販売や設備投資など具体的な経済活動が伴う実体経済に注目した資本投下することに立ち戻っていきます。資産を大切に育てて長期投資でわが国の実体経済、経済成長をさらに拡大させていきましょう!
いわゆるデリバティブというのは伝統的に扱われていた金融取引または実物商品や債権取引の相場変動を原因とするリスクを避けるために完成された金融商品のことであって、金融派生商品とも呼ばれる。
多くの場合、すでに株式公開している上場企業では、企業活動を行うために、株式上場のほかに社債も発行するのが一般的。株式と社債の一番の違いは、返済義務なのです。
金利の動きに鋭い反応を示す手軽な商品なら、安全かつ確実に貯めたい人向けの貯蓄型の定期預金(一定期間は引き出せないが、普通預金より金利が高い)、積立定期に代表される銀行など金融機関への預金あるいは個人向けの国債などの商品があると答えられる。
株ならばぴったりと関係しあっている金融商品は、投資信託、株式などが存在する。こういった金融商品のことも研究して取引することで、連動して株の動向を身近に感じられるようになります。
【ポイント】テクニカル分析という分析法は、株式と商品取引さらに為替等の扱われる取引市場において、過去に起きた現実の取引における時間を追った動きから、今後の価格の動きを予想や分析しようとする手法なのである。
したがって投資が必要とされる訳は、経済及び経営主体が、自己資本だけではなく、、追加できる他者からの資本を獲得することで、より多額の投資の好機に資産の投入が可能になるからなのだ。
必ず知っておくべきこととして、株式というのは、出資証券(有価証券)なので、その株の企業は株式を手に入れた株主に対しては返済に関する義務は発生しないきまり。合わせて、株式の換金方法は売却である。
紹介しよう「銀行の経営、それは銀行自身に信頼があって大成功するか、そこに融資するほど価値があるとは言えない銀行だと判定されたことでうまくいかなくなるかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)

P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/tahu02/index1_0.rdf