雨の茅ヶ崎里山コナラハウス

May 29 [Sun], 2011, 20:25
台風の影響で大雨の中、茅ヶ崎里山にあるコナラハウスを訪ねた。
昨日今日の二日間に渡り、コナラハウスではハウスパーティが開かれて誰でも自由に家と庭が見学できる機会を作ってくれた。

昨日は雨の影響も無く多数の方が見えたそうだ。
今日も雨降りの中にも拘らず足を運んで森の中の素晴らしい環境で午後のひと時をゆっくりとされる方の姿が見受けられた。

コナラハウスはご主人が建築家、ビルダーさんで奥様がインテリア、植栽などを担当される夫婦二人三脚でのクリエーター。

現地を見るとここは何処?と多分誰しもが思うほどのメルヘンな世界を目の当たりにする筈だ。
機会があれば一度足を運んでみる価値がある理想郷がここにはある。

KONARAHOUSE





































ビーチハウスの夢

April 12 [Tue], 2011, 19:33
人生で最後に欲しいものは何?と聞かれたら即座に<ビーチハウス>と。

真夏の海辺で流木を集めて作るひとときの小屋も、昔ながらのよしず張りの海の家もみんなビーチハウス。

好きな様にデザインしてレッドシダーの様に強い木で作ったらサイコーだね。

そこには海遊びの道具が色々あって毎日遊べるんだ。

そんな妄想を抱いている私です。

でも、現実的には砂浜にポツンと立てられたビーチパラソルが精一杯かもね。。。






















アライアが気持ちよく収まる空間作り

April 07 [Thu], 2011, 19:45
今回お邪魔した住宅のオーナーはプロサーファーである。

年月を経て味のあるリビングルームを改装されて更に心地よい空間に生まれ変わったようだ。

木をふんだんに使い自然を意識したリノベーションである。

使い込まれたアライアがさりげなく立てかけられているのが心憎い。

日々を気負わずに生活されている様子がカメラのファインダーを覗きながら伺い知れた撮影体験であった。

詳しい情報はSURFERS HOUSE.JPからどうぞ。








アライアの製作はは望月さん。














Mansion 134.jpブログに茅ヶ崎のマンションを追加しました

April 02 [Sat], 2011, 10:50
昨日は茅ヶ崎の海沿いに立つマンションを見てきました。

キャパシティの大きなものからこじんまりとしたものまで色々です。

どこもとても住みやすそうな所にあって羨ましいです。

詳細はこちらで。



<パシフィックガーデン茅ヶ崎>






<茅ヶ崎タウンハウス>






<グランドメゾン東海岸南>









Mansion 134.jpというマンションブログやってます

March 31 [Thu], 2011, 10:13
辻堂にあるT's Housingさんという不動産屋さんと恊働でR134号線沿いの海に近いマンションのみを紹介するブログを作っています。

mansion 134.jpはこちらから。

データベースとなるマンションのピックアップはT's Housingさんが作り、それを元に私が現地の写真と私の眼で見た印象をコメントするブログです。

まだまだ始まったばかりなのですが海沿いのマンションはそれぞれに特徴があり取材が大変楽しいです。

海沿いに移り住みたい人達が多いとも聞いています。

確かに空き待ちのマンションも数多いようです。

現状ではお部屋から眼の前が海の一戸建てが希望というのは相当難しいのですが、その点マンションは比較的楽に希望を叶えてくれます。

これからもManshion 134.jpではコーストラインR134沿いのマンションを徹底的に調べてブログアップして行きます。









T's HousingさんのHPはこちら。

 




リノベーションハウス

March 11 [Fri], 2011, 9:10
築40年の住宅をリノベーションして住むプロジェクトを拝見してきた。

躯体はコンクリート製なので年月は経ているが頑丈である。

内部は木製の床に張り替えたり、壁や天井をリペイントしたり、キッチン、トイレ、バスは新しくしてと様々な部分に手が入れられている。

照明器具などのパーツにも拘りがありアンティークな面も垣間見られた。





















Produced by T's Housing



オーナー自らが設計し建てた入魂の住宅

February 24 [Thu], 2011, 16:28
オーナーが建築家で大工さんという誠に理にかなった住宅を拝見した。

住宅の周辺には大きな落葉樹があり里山の風景が広がる。

そんな住宅環境に恵まれた土地にオーナー自らが納得の行く住宅を建てられるとは夢の様な話。

しかし、現場に立ってみるとこの土地にもう何年も前から生活を営んでいるのではないかという錯覚に陥るほど周囲と馴染んでいた。







赤々と燃える薪ストーブの暖かさはエアコンでは決して味わうことの出来ない柔らかな暖気である。









階段の手すりはアイアン(鉄)を扱うプロがデザインしたワンオフである。
優美な曲線で構成された手すりが掌(たなごころ)にとても優しい。



これもデザインされたフィクスドガラスに嵌められたアイアン。
緑をバックにとても美しい造形美だ。





格子越しに入る光が心を暖かくそしてほっとさせてくれる。
こうした配慮が既製品では決して味わえない部分だと思う。


この住宅の設計/施工はこちらから。







素敵なサーフィンライフを楽しむ家

February 08 [Tue], 2011, 15:47
素敵なサーフィンライフを楽しんでおられる方の家を拝見した。

七里の住宅地内にあるこのお家から海までは徒歩で約15分。

丁度良い距離である。

海に面して南傾斜の住宅地なのでお日様は燦々だ。





芝生のお庭も広くて小さいお子さんがいる家庭にはぴったり。



鎌倉山の緑をバックに自然環境に恵まれた素晴らしい住宅でした。


詳しい記事はこちらからどうぞ。










こんな空間があったらいいな

February 06 [Sun], 2011, 21:47
皆さんはボードはどの様にして格納していますか。

今日伺ったお家では吹き抜けの廊下にボードがありました。

ロングは普通の天井高では入りませんからこの様な空間があったら良いですね。

ボードは結構邪魔者扱いされるので難しい問題ではあります。


最近、こんな建築ブログもやっています

January 29 [Sat], 2011, 20:59
最近は知人の方と恊働で建築ブログもやっています。

建築のジャンルは新築一戸建て、中古一戸建て、マンションなど湘南地区限定です。

建築に対する興味は以前にも増して強く休日ごとの取材はとても有意義です。

これまでに出会ったおおくの建築家、工務店、ハウスビルダーさんからは沢山のことを学びました。

そしてこれからも自身のライフワークとしての建築ブログを書きたいと思っています。

人間生活の基本である<衣食住>はどれも大変興味深いテーマであります。

これからはペンとカメラで<住>に基準を置いて活動してみたいと考えています。



私の手がけている建築ブログの一例は

コールドウェルバンカーのHPはこちら。

マンションのHPはこちら。

サーファーズハウスのHPはこちら。 (このページは<波の音>入りです。ボリュームアップしてみて下さい。)

などです。

お暇な折に覗いて見て下さい。


最新"コメント"
アイコン画像ミノル
» 今日の七里ガ浜でお会いした方達 (2018年05月12日)
アイコン画像ミノル
» 今日の七里ガ浜でお会いした方達 (2018年05月12日)
アイコン画像いちご
» nobuさんの店舗<Middles>を訪問する (2015年12月19日)
アイコン画像江渕繁男
» 稲村ローカルの赤井さんと大野さん (2015年07月09日)
アイコン画像江渕繁男
» 稲村ローカルの赤井さんと大野さん (2015年07月09日)
アイコン画像一見
» 久しぶりにあったハワイのキーチャン (2012年03月14日)
アイコン画像篠田旭
» 今日の七里で会った人 (2011年10月27日)
アイコン画像
» みかさちゃんのピスト (2011年09月29日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

ブログガイド

QRコード
■Mobile Tadaochan■
↑携帯からもTADAOCHAN↑

https://yaplog.jp/tadaochan/index1_0.rdf