建築写真のワークブック

March 03 [Thu], 2011, 13:32
撮り貯めてきた建築写真が一冊のワークブックとして誕生した。

中身は全て個人住宅の作品である。

このワークブックはリモルデザインという建設会社で施工された住宅の実例である。

各住宅の設計は全て建築家の手によるもので既成住宅とは一線を画す。

撮影する私にとっては思い入れの深い作品集となっている。



リモルデザインさんのHPはこちらから。

このワークブックの制作はewayという会社です。ewayのHPはこちらから。

神奈川県立近代美術館本館

January 20 [Thu], 2011, 15:01
鶴岡八幡宮境内にある神奈川県立近代美術館本館は八幡宮の借地にある。

聞いた話では借地契約(2016年まで)が間もなく切れるらしい。

とすると、建物自体の老朽化や作品展示の人気の翳りなどからこれからどうなるかは不透明な状態のようだ。

ル.コルビジェの影響が強い故坂倉準三氏の代表作として1951年に竣工して以来、60年が経過。

従って建物本体の老朽化は否めない。

今後の動向に注目したい。






















オンボードカメラのテスト

June 24 [Thu], 2010, 19:56
池田プロがロングボードの先端にマイクロムービーカメラをセッティングして撮影テストに参上。

ノーズボトムの先端にアタッチメントを装着してムービーカメラが足先を捕らえるように固定。

実際の画像は見ていませんが近々に池田ブログで結果報告があるでしょう。

カメラの位置はどこにでも装着できるので面白い画像が見られるのでは!











三冊目の写真集が届く

March 19 [Thu], 2009, 20:18
日頃、趣味で撮り貯めている建築写真をMACのフォトサーヴィスで写真集としてまとめている。

今回で三冊目だが、デジタルデータが確りとしていればノーレタッチでも十分印刷に対応できると確認できた。

更に言えば、元画像に幾らかのシャープネスをかければ奥までピントが合いより鮮明な印刷再現が出来るだろう。

このフォトサーヴィスは簡便で、とりわけ一冊からの注文から受け付けてくれる素人には打って付けのサーヴィスなのである。





雨上がりの午後

February 20 [Fri], 2009, 23:24
雨上がりの午後に素敵なお家に伺って写真を撮らせていただきました。

ここではプライバシーの問題があるので、内外観の写真はお見せできませんが、西日が澄んだ空気を通して建物に映る影がとても印象的でした。





話は変わりますが、明日の海は激混み(?)かも。

七里の横井さんからいただいた写真集

February 19 [Thu], 2009, 19:49
私が趣味で建築写真を撮っているのを知って七里在住の横井さんが写真集を下さいました。

本のタイトルは<Eichler Homes>アイクラー・ホームズ。

第二次世界大戦後のアメリカでディベロッパーだったジョーゼフ・アイクラーがデザイン的に優れて、味のある住宅を作りたいという願望がこの写真集から観てとれます。

50年以上も前にこんなにもモダーンな住宅があったとは驚きです。

写真を撮っているマーヴィン ワックスのフォトセンスも素晴しく私には最高の教科書になる一冊です。





新しい写真集を作りました

February 13 [Fri], 2009, 20:59
日頃、趣味で撮っている建築写真の新しい写真集を作りました。

20ページの写真集ですが、住宅一軒分のカットが36枚収められています。

印刷はアップル社のマックフォトブックのシステムを利用しています。

データを送るだけで本格的なオフセット印刷・製本が出来てきます。

とても便利でクオリティの高いものです。







最新"コメント"
アイコン画像ミノル
» 今日の七里ガ浜でお会いした方達 (2018年05月12日)
アイコン画像ミノル
» 今日の七里ガ浜でお会いした方達 (2018年05月12日)
アイコン画像いちご
» nobuさんの店舗<Middles>を訪問する (2015年12月19日)
アイコン画像江渕繁男
» 稲村ローカルの赤井さんと大野さん (2015年07月09日)
アイコン画像江渕繁男
» 稲村ローカルの赤井さんと大野さん (2015年07月09日)
アイコン画像一見
» 久しぶりにあったハワイのキーチャン (2012年03月14日)
アイコン画像篠田旭
» 今日の七里で会った人 (2011年10月27日)
アイコン画像
» みかさちゃんのピスト (2011年09月29日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

ブログガイド

QRコード
■Mobile Tadaochan■
↑携帯からもTADAOCHAN↑

https://yaplog.jp/tadaochan/index1_0.rdf