第34回全日本空手道選手権大会

November 19 [Mon], 2018, 13:31
押忍多田です。

昨日は白蓮会館全日本大会がありました。

支部から三人挑戦しました。

麗陽は初めて金沢指導員は久しぶりの全日本

二人とも敗戦しましたがその中でも

悔しさや色々と感じたことはあったと思います。

腐らずあきらめずどんどん挑戦してください。

そこにきっと明るい未来があると思います。





そして大祐指導員は去年屈辱を糧に

今年は試行錯誤の稽古に春からJFKO、連合、新極全日本

連合以外は入賞できなかったですが

自信に繋がる試合をしてたので

今回は入賞できるだろうと思ってましたが

相手がいることなので内心はドキドキしながら

見ており私は運営側なので

副審や演武の用意などの仕事が

ありましたので試合迄の調整は本人まかせ

ちょっとしたアドバイスしかできませんでしたが

もうほっといても大丈夫でした。

準々決勝迄はあぶなげなくきて

準決勝は王者の山口支部長

以前の戦った時は再延長まで行ったので

今回はあの時はたまたまやなと言われないように

挑んだ戦い本選、延長、再延長迄もつれましたが

結果は惜負まだ壁は高かったけど

この壁はいつか超えれると自信が

確信に変わったと思いました。

三位入賞おめでとう

今年1年は一回り成長した1年になりました。

最後に昨日支部の選手を応援、サポートなど

してくれたすべての東大阪南支部の関係者に感謝を

それでは次回に
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。