最新コメント
アイコン画像orsi
インドに行こう!! (2011年03月14日)
アイコン画像あだち
少年 (2010年03月27日)
アイコン画像のりっぺ
(2006年01月26日)
アイコン画像のりっぺ
明けまして おめでとうございます (2006年01月02日)
アイコン画像ひさ
女性のすごさ (2005年12月25日)
アイコン画像norippe
静かな休日 (2005年12月06日)
アイコン画像shota
静かな休日 (2005年12月05日)
アイコン画像ひさ
自然 (2005年12月02日)
アイコン画像ひさ
自然 (2005年11月28日)
アイコン画像のりっぺ
ルアン・ナムタ (2005年11月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tabincyu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
«2006年02月17日 | Main | 2006年02月08日»
少年 / 2006年02月15日(水)
 空港の外に出たが、何処に行っていいのか、相変わらずわからなかった。 タクシーに乗るのが手っ取り早いが、安宿があると言っていた辺りまでは、遠すぎる。 選択肢、バス電車だ。 地図を見て考える。
 すると、1人の少年がやってきた。 彼は、物乞いだった。 彼は、お金を求めてきたが、はっきりいってお金に余裕がないには、与えることが出来ない。 ATMが使えないため、今持っている現金がすべてだ。 出費を出来るだけ抑えるため、今苦労しているのだ。 と、は説明するが、彼にわかるはずがない。 だから、しつこく付き纏ってきた。

彼には申し訳ないのだが、物乞いにお金をあげていたら、いくらあっても足りない。

これは、事実だ。 1人にお金をあげると、皆やってきてしまう。 そして、仕事をしないでお金を手に入れることに、慣れてしまうと、仕事もしなくなってしまう。 しかし、仕事がない。 と、いろいろ難しいのだが、

んっ!? 仕事!?

そうだ!! 俺が彼を雇えばいい!!


 は、彼にバス停まで案内をしてもらうことにした。 連れてってくれるならば、お金をあげると。 ジェスチャーでがんばって説明した。

続きを読む…  
Posted at 01:53 / バングラデシュ / この記事のURL
コメント(1)
ダッカ到着 / 2006年02月15日(水)
 2時間ぐらいで、バングラデシュの首都ダッカに到着した。 夕方の便だったので、(これしかないのだが。)もう8時だ。 これから宿探しだが、

まあ、何とかなるだろう!?

と、いつものように考えていた。 にも慣れてきたし、今まで何とかなってきたから、下調べもせず、ここダッカまでやってきた。 最初は、自分でバングラデシュという国を知りたかったので、友達とも全く連絡は取っていない。 そう、には自信があり、自分で何とかできると、思っていた。 が、しかし、現実はそんなには、甘くなかった。

 空港に着き、荷物を受け取り、ATMに行く。 ラオスには、ATMがなく苦労したが、ここにはある。

余裕じゃん!!

 しかし、お金を引き出すことが出来なかった。

なぜだ?? ちゃんとこのマークがあるのに!!

 シティバンクカードを持っていたが、シティバンクATMは滅多にないが、他のカード会社と提携しているので、その会社のマークがあるATMでは下ろせるはずだった。 しかし、出来なかった。 でも、時間は遅かったが、両替所がやっていたので、ラッキーだった。

続きを読む…  
Posted at 01:21 / バングラデシュ / この記事のURL
コメント(0)
ダッカへ / 2006年02月15日(水)
 は、バングラデシュの首都ダッカに行くため、バンコク空港に行った。 そこから、ビーマンと呼ばれるバングラデシュ航空を使い、ダッカまで飛んだ。 機内のほとんどが、バングラデシュ人で、何か違和感があった。 イスラム系の国なので、女性の服装には特徴があり、スカーフみたいなのをかぶっている。 バンコクの街ではあまり見なかった人たちが、これだけの人数で固まっていると、そして、その中に入っていると、もうここは、バングラデシュという雰囲気になっていた。 極めつけは、機内アナウンス。 今までの自分の経験上、機長が最初にあいさつをする。 しかしビーマンでは、怪しげな音楽がながれ、

アッラーは偉大なり!! アッラーは偉大なり!!

と、アッラーを讃えだした。 しかも、英語の字幕つきだ。

おいおい、これはなんだ??
俺は、何かしないといけないのか???


 は自分ひとりがやってないと、周りの人の気分を害すと思い、少し不安になってきた。 だから、中央にいたおばあちゃんを参考にすることにした。 宗教への信仰は、若者よりも年配の方のほうが強いと、は思っていたのもあったし、窓側にいたには、ちょうど見やすい位置にいたからだ。 

続きを読む…  
Posted at 00:11 / バングラデシュ / この記事のURL
コメント(0)
P R

 
Powered by yaplog!