最新コメント
アイコン画像orsi
インドに行こう!! (2011年03月14日)
アイコン画像あだち
少年 (2010年03月27日)
アイコン画像のりっぺ
(2006年01月26日)
アイコン画像のりっぺ
明けまして おめでとうございます (2006年01月02日)
アイコン画像ひさ
女性のすごさ (2005年12月25日)
アイコン画像norippe
静かな休日 (2005年12月06日)
アイコン画像shota
静かな休日 (2005年12月05日)
アイコン画像ひさ
自然 (2005年12月02日)
アイコン画像ひさ
自然 (2005年11月28日)
アイコン画像のりっぺ
ルアン・ナムタ (2005年11月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tabincyu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« バングラデシュ | Main | インターナショナルホテル探し »
ホテルチェンジ / 2006年02月27日(月)
 翌日、ドアを叩く音で、起床した。

ああ〜。 もうチェックアウトの時間か!?

 昨日、このホテルに着いたのが、夜の11:00過ぎだったので、結構寝たのも遅かった。 しかも、蚊帳があったにもかかわらず、が入ってくるという不運もあり、今日はゆっくり起きるつもりだった。 疲れていて、結構寝てしまったんだなと、思った。 しかし、

  AM 7:00

 おいおい、こんな朝から、なんだ??
 火事でもあったか??


と、ドアを開けてみると、昨日のボーイがいた。 しかも部屋に入ってきて、何か言ってきた。 どうやら、何かすることはないか、聞きに来たのだった。 

寝かしてくれっ!!

 はっきり言って、ありがた迷惑だった。 そして、お決まりの

ワンハンドレット・タカ!!

だった。 この初めての、目覚めの悪いだった。 は、すぐに荷物をまとめ、ホテルを出た。 眠かったが、このホテルには、長居はしたくなかった。 

 昼間ダッカの街は、人・車・りきしゃでごちゃごちゃだった。 が苦手とする、都会であり、何処行っても、人・車・りきしゃだった。 

俺、この国ダメかも、、、。


 どれくらい歩いただろう。 安宿は簡単には見つからなかった。 疲れもピークに達し、この初めての妥協をした。 体調も考え、次のホテルに泊まることにした。 体調が悪いわけではなかったが、精神的に結構きていて、体調を崩しそうな気がしてきた。 

そうなる前に、ここで無理はできない!!

 次のホテルは、には高めの日本人経営ホテルだった。 1泊・1000タカ(2000円)と言われたのだったが、経営者と同じ日本人という理由で、700タカ(1400円)まで下げてくれたが、まだ高かった。 1泊・200円台だったラオスが恋しい。
 しかし、高いだけあって、サービスはしっかりしていた。 TVも付いていて、ちょっぴりうれしかった。 しかも、NHKが見れた。

さすが、日本人経営だ!!

 ぐっすり、眠ることができた。

 
  
Posted at 02:20 / バングラデシュ / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/tabincyu/archive/93
コメントする
名前:
URL:
入力内容を保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

P R
   
Powered by yaplog!