2012/7/21(土) 福浦爆釣、グッバイ三浦。

July 22 [Sun], 2012, 16:36


といっても未来永劫ではないけれど、
夏の間は控えておこうという程度。


だって三浦、何も釣れないんだもん。

----------------------

平日、ネクラハウスに増え続ける磯釣りグッズ。
今週はフェルト地の磯シューズと、フローティングベスト。
聞くと「ネットと釣具屋で半額以下に割引されていたから」。
真偽のほどは定かではないが、とりあえずわかっているのは
メジナ釣る気満々ですね、ということ。


そして17日火曜日にめでたく御年39歳となられた俺様。
毎年プレゼントのほかにちょっといいゴハンに出かけて
いたのだが、今年はウッカリ「ゴハン行かないとしてその分で
何か買いたいものあったりする?」と聞いてしまったところ
即答で「磯竿!」。


ということで、ポチッとした竿がコレ。



(甘すぎる?でもネクラも冬になったらこれ以上に
お返ししてもらうから良いのです)



さぁ、新装備で出かけましょ。


金曜からの雨は朝方であがり、先週と違って風もない。

「今日は釣れそうな気がする」うすら笑いを浮かべる俺様。
・・・うん、イメージは大切だからね。


しかし


やっぱり三浦半島の磯は俺様に厳しく、今日に至っては
エサ取り三兄弟(フグベラキンギョ)すら現れない始末。


たいくつなネクラは前夜急ごしらえで仕上げたネイルを撮影。



朝9時から3時間コマセを打ち続けたが、結局俺様の竿が
三浦の磯メジナを釣り上げることはないまま終了。


「道具揃えると釣れねーな…」うつろな目でつぶやく俺様。


確かに、明日は釣りだからと言ってお刺身用にと大葉を
買ってきてしまうと釣れないようなあんな感じ。


Shinnrikoさんの言うとおり、三浦からはおさかなが
いなくなってしまったのだろうか。

----------------

失意のまま移動。

実は元から夕方は福浦で紀元さんと待ち合わせをして
夜釣りをすることにしていた。

途中の釣具屋でイソメを仕入れ、ついでに腹ごしらえ。
※本当はもっと時間が空くと思っていたので健康ランドに
行ってひと休みするようなレジャー的要素の高い釣りを
目指していたのに、結局のところはやっぱり部活動に。


福浦到着。テトラの角が空いている!ラッキー!


相変わらずネクラはヨタヨタ。
まだ明るいのでキス釣りを試すため、天秤仕掛け投入。
俺様はイソメをつけてウキ釣り開始。

1時間も経っていない頃、俺様の竿がしなる。



念願のメジナ!



ようやく本命の入魂ができた竿とリール。
(ネクラはテトラから動けなかったため俺様撮影)


ネクラの投げ竿は動きの速い潮に仕掛けを取られ
動きを止めているのが精いっぱい。

それにしても、こんなに動くもの?

藻かゴミでもついてるのかも。

巻いてみると、重い。
でも、動きはない。ゴミかな。

見えてきた。


ん?



タコ!!!!!!


実は軟体動物を釣ることへの憧れがあったネクラ。
俺様に白い目で見られながらも「タコもエギすきやねん」を
買って試したこともあったが、釣れなかった。

ウレシー


逃げないように袋に入れて、クーラーへ。

その後ピンギスも釣れたのだが、写真を写真を撮ろうと
していたらテトラの隙間に落としてしまった。


17時、紀元さん登場。
相方さんは残念ながら体調不良で不参加とのこと。残念。


紀元さんも投げ竿とウキを出す。


ネクラさんはウキやらないの?と聞かれるが、実はウキ釣りが
少し苦手のネクラ。
苦手というか、ウキの楽しさを実感したことがあまりないのだ。
アジ釣りのときは確かにあの電気ウキが海中に沈むシーンが
とても楽しかったのを覚えているけど、どうにもウキの
コントロールがうまくできず、すぐにちょい投げに走ってしまう。


「セットしてやるからウキやれば?」と俺様。


俺様がここまで言ってくれるのも珍しい。
やっぱり同じ釣りで楽しい方がいいっちゃいいもんね。

よし、ウキやろう。

でもメバルがかかるかもしれないから、投げ竿の仕掛けは
天秤から胴突きにチェンジして、放り込んでおいてみる。

そして投げ竿をテトラの隙間に置き竿にしようとしたとき、
何か違和感を感じてもう一度持ち直す。


なんかついてる!

胴突き一投目でアタリ。しかも結構わかりやすいアタリ。

なんだろう。まだ明るいのにメバル釣れちゃったりするの??


上がってきた姿を見て、びっくり。



アジですよ!!!!

※口切れが怖いので急いでヨタヨタテトラ上へ持って行って
ようやく写真撮影。
ネクラは今まで外房で釣ったのよりも断然でかい。
嬉しい!


ネクラ 「これならお刺身もできるね!」

俺様 「居着きのっぽいからうまくねーんじゃねーの」


嫌なことを言う…

ムッとしたネクラに気付いたのか、苦しまぎれに
「羨ましいからから言ってんだよ」と言いながらまた
釣り場に戻る俺様。
見てれまた釣ってやる。


たいていこんな意気込みは空回りになるのが普通なのだが
この日ばかりは違っていた。
なんと、その後もアジがヒイラギとのダブルであがり、
アジのダブルなんてのも有りひそかに大興奮のネクラ。

胴突きでアジ…初体験。

イソメ触れるようになってよかった。


※ウキも試してみたが、風が強くなってきてすぐに断念。
やっぱりネクラは投げが好き。


俺様はというと、メジナをコンスタントに釣り上げて
いるかと思えば、シマダイまで釣っている。
(紀元さんタモ有難うございました)

シマダイの引きに笑顔の俺様。
オニューの竿とリールの使い心地も存分に味わえた様子。
よかったよかった。

福浦の魚種の多さと魚影の濃さに驚かされた夜釣り。

いつものように上がり時を見失い、日付が変わるまで
頑張り続けてしまったが、紀元さんにご挨拶をして
帰宅したのが25時すぎ。


釣果。





2012/7/21(土) 
9:00〜13:00 @三浦の磯
16:00〜24:00 @福浦テトラ
くもりときどき霧雨

◆俺様
メジナ×9 うち紀元さんからのいただきもの3匹
シマダイ×1
カサゴ×6
メバル×1
タナゴ×1 りりーす
※木端メジナはリリース

◆ネクラ
アジ×4
メゴチ×1
タコ×1
キス×1 テトラ下へ落下
タナゴ×1 リリース
ヒイラギ×5 当然リリース
フグ×1 自分から落下

さかなの処理は一気にやってしまった方が楽という俺様が
すべてのさかなの下処理を終え、乾杯したのは朝の4時。

釣ってきたさかなを食べるってうれしい。

手前がメジナ、奥がシマダイ。
久々のなめろうと一緒においしくいただきました。
(大葉は24時間営業のハナマサで買って帰った)

たくさんのメジナは本日、ネクラの両親に向けて発送。

-------------
※追記
母に釣果写真つきでメール。福浦といってもわからないだろうなと思い
シ−パラなら知ってるかも?と「金沢八景で大漁」とメールをしたら

「金沢まで行ってきたの?何キロ走ったの?」
 
いやあの 横浜なんですけど…
まぁ、数年前のネクラもそんなもんだったかもしれない。

翌日夜、メジナとカサゴを揚げる。



メジナはネクラが塩コショウと片栗粉で、カサゴは俺様がから揚げ粉で。
大変美味しくいただきました。
--------------

ごちそうさまでした!


三浦まで足を延ばさず福浦で頑張っちゃいそうな予感の夏。
釣り場が増えるって幸せ!



↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村
2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31