2012/7/15(日) 福浦デビュー

July 16 [Mon], 2012, 14:46



・・・ということで福浦へ。

紀元さーん ポイント教えてくださーい

サーフ帰りでお疲れの紀元さんに電話でポイントを聞き、
まずはイソメが置いてあるというスリーエフに寄ってみる。


ほんとにある…




ひとパックだけイソメ買うか、と俺様が言うのでお買い上げ。
テトラじゃエサ箱は供用できないから、1個空いていたエサ箱に
買ったイソメを写して、そういえばテトラの上は荷物を減らした
方がいいかなと思って指サックもエサ箱の中に放り込む。
そう、未だに虫エサを触れないネクラは指サックをつかっている。
指サックの中にイソメ入ったら嫌だな…
そんなことを思いながら、エサ箱をバッカンへ。

さて、テトラへ向かおう。

道とテトラを隔てる壁を俺様がヒョイッと超え、竿の準備。
テトラは怖いけど、動かなければ大丈夫かなと思い
ネクラもその壁をのぼろうとする。

が、

テトラが怖い以前にその前の壁を  

超 え ら れ ま せ ん


まさに「よじのぼる」という表現がぴったりの絵だったことだろう
みっともない格好でようやくテトラ側に乗り、ネクラも仕掛け準備。

と そのとき。

仕掛け準備中の俺様の竿から異音。
見ると、インターガイドの竿がポッキリ…


ネクラもじっと見ていたわけではないが、どこかに当てたわけでは
ないということくらいはわかる。
ショックを受ける俺様。
どうにかしてあげたいけど、どうにもできない…

しかたなく、もう一本持っていたインターラインの短めの竿
(ネクラがフカセをやる気分になったときに借りる用)をセット。



テトラに乗る。


ヨタヨタのネクラ。
マジで危ない。座ったが最後、動かないのが身のためだ。

自分の体力(の無さ)を知っているネクラはこの事態を
ある程度予想していたのでウエストポーチに仕掛けを詰め、
エサ箱とタオルも腰にかけてある。
よし、これならひとりでできる。

ネクラ行きまーす!

見てもいないガンダム風の掛け声を心の中で叫び、
意気揚々とエサ箱を開いたところで、顔色がかわったことが
自分でもよくわかった。


指 サ ッ ク が な い


なんで??確かにさっき入れたはず… はず… 


・・・



もうひとつの方か…



俺様はすでに自分の釣り場を見つけて仕掛けを打ち込んでいる。
この段階で「エサ箱ばくって」とは言えない。

仕方ない…


そうしてネクラは虫エサを直でつかむという技を手に入れた。
釣り人としてとても大きなものを得たような気持ちがあるが
同時に人として何か大事なものを失ったような気がする。
脳裏に浮かんだのは5歳のころからお世話になったピアノの先生。

先生… ネクラは東京へ来てからというものピアノを弾かない
ばかりではなく、イソメまでも触れるようになりました…

先生がこの事実を知ったらきっと、ネクラが手を百万回
洗おうとも金輪際あの部屋のグランドピアノを弾かせてくれる
ことはないだろう。
先生ごめん。でも今はこの生活が楽しいんだ…
先生… さよなら…


そうしてネクラMAXな妄想に浸っていると、竿からドカンと
アタリがくる。なんだこれ!というレベル。


あげてくると、メバル!
(実は見ただけではよくわからなかった)


そして俺様もデカメバルとちびカサゴをコンスタントに釣り、
俺様の電気ウキが藻にとられて沖に流されていくのを
目視したところで、今日の釣りは終了。

長かったぜ・・楽しかったけど。


久々の写真。



2012/7/15(日) 20:00〜25:00(たぶん)
@福浦テトラ
お天気はくもり?風がちょっと強いけど三浦よりまし



久々に、釣りから帰ってきてそのまますぐ食させていただいた
メバルのお刺身。 オイシーデース!




中っくらいのやつは俺様が煮てくれた。
これまたオイシーデース!




聞いてはいたけど福浦ってスゴイとこ。また来たいね!


いつもポイントを教えてくださる皆様ありがとう。
お返しはおさかな捌き教室でご勘弁を!
(つまりネクラは何もしない)

ごちそうさまでした!


2012/7/15(日) 初の三浦半島堤防釣りも玉砕

July 16 [Mon], 2012, 9:04


前日うなぎ釣りから帰って道具を洗い、ビールを飲んで
ひと息ついたらもう25時。
そろそろ寝ようかというところで、紀元さんよりメール。
起きられたら3時半頃に起きて、サーフへ向かうとのこと。

実は先週忘れ物スパイラルでうなぎ釣りにご一緒した際
次週はサーフに出るという紀元さんの予定に図々しくも
乗っからせていただきたいとお願いしていたのだ。

だが。

ウッカリうなぎ釣りも頑張ってしまったネクラと俺様は
到底3時に起きることなどできない。
アルコールも注入してしまった。

サーフには行きたいが、今回は単独で動く旨紀元さんに
返信し、26時ころ眠りについた。

--------------

とても眠いがせっかくの三連休、今日無理したとしても
最終日にゆっくり休めばいい。
頑張って起き上がり、お昼過ぎに出発。
地図でアタリをつけていた逗子方面へ向かう。


が、


すごい渋滞…


ようやく目的の浜にたどり着いたが、サーフは海水浴客と
サーファーで激混み、ちょっとした磯っぽいところも
ガキんちょたちの格好の遊び場となっており、とても
釣りをするような環境ではなかった。

俺様 「ダメだろこの辺は。地図ねーの?」

ネクラ 「あ 持ってきてない…」

俺様 「… 地図なきゃどうしようもねーな」

・・・

怖い…


しかし途中でJ州屋を発見したので釣り場を調べ、
結局は南側にある堤防でフカセをやることに。


-----------------------


堤防着。

先端はテトラが入っていて、その手前でフカセを
している人がいたので、挨拶をして入れてもらう。

俺様はフカセ、ネクラは前日釣具屋で仕入れた
チロリをつけてチョイ投げ。


そして釣れてくるのは

いつものヒイラギ




マイクロメバル…




俺様にはいつものネンブツ。(写真なし)

さかなを釣り上げるのを見て、居着きのねこが
寄ってくる。こんなの食べるの?


その後、俺様が20cmメバルを釣り上げ(写真なし)、
ネクラの投げ竿にもチビっこいがキスがかかる。




また、ねこが寄ってくる。すっかり餌付けしてしまった。
これはあげられないよ。外道をたくさんあげたでしょ?

途中、手前の浜のキャンプ客が水着のまま釣りに来たりと
どうにもいつもと感じが違い、調子が狂う。



なんだか中途半端なまま俺様のコマセが切れて、終了。


バッカンを洗ったりしている間、ネクラはしつこく
ちょい投げを繰り返し、俺様の片付けが終わりそうかなと
いうところでネクラも竿をお片付け。
チロリはイソメに比べてとても弱っちく、エサ箱に
残っているのは切れっ端のみ。これはポイだな。
千切れ千切れのチロリを海に返し、そういえばバケツに
メバルとキスを入れっぱなしだったのでクーラーに入れてから
エサ箱をゆすごうかなと水汲みバケツがあった場所へ行くと、
既に小さくまとめられバッカンの中におさまっている。


あれっ?


ネクラ 「ねぇねぇ メバルとキスは?」

俺様  「しまったんじゃねーの?」

ネクラ 「しまってないけど…」


・・・


ねこか・・・



背後に置いてあったバケツの中から音も立てずに
獲物を持ち去るとは、恐るべきテクニック。

釣り場の選択も失敗し、結局また不完全燃焼。
時刻は19時を過ぎている。
翌日が仕事なら間違いなくまっすぐ帰っているところ。

だが、翌日は休み。


「福浦行くぞ!」


もう正常な判断ができないふたり。
体力も限界に近いが、さかなを求めて福浦へ。


まだまだつづく。


2012/7/15(日) 14:30〜19:30
@三浦西海岸の堤防
晴れ、爆風
メバル20cm×1
キス×1
ほか外道の方々たくさん
いずれもねこに献上


↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31