2012/7/7(土) 第2ラウンドは大雨の中のうなぎ釣り

July 08 [Sun], 2012, 17:24


外道オンパレードの油壺戦を終え、完全に不完全燃焼な俺様。
(もちろんネクラも同様だが、油壺に行く時点である程度
ネクラがBZなことは覚悟は出来ていたので俺様ほどではない)

三浦半島はピーカン照り。
このままじゃ帰るに帰れない…
そうだ 紀元さんもうなぎ釣りにはまったと言っていた。
ちょっと誘ってみようか。
amebaメッセージの調子が悪く、紀元さんブログに
ストーカー並みのコメントを入れつつ
クルマは横須賀の釣具屋さんから一路tama川へ。

しかし途中で雨が降ってくる。

「降ってきたね」とネクラが言っても、「そうだな」と一言。
運転席の俺様を見ると、その視線に迷いはない。

行くんですね、雨でも。

-----


目が覚めると間もなく釣り場につくところ。
(ネクラは助手席に乗ると眠ってしまう性質をもつ)
でもこのくらいならいけそうじゃない?というくらいの雨。
準備してきた長靴とレインウェアで釣り場へ向かい、
前回と同じくネクラが一本、俺様が二本の竿を出す。






釣れませんね…


実はこの日、シーバスをきちんと締めて持って帰ってみようと
俺様が言っていた。先週持って帰ったシーバスが臭かったのは
血抜きを怠ったせいなのか、それともあんなもんなのか。


しかし、うなぎどころかシーバスすら釣れない。


やっぱり先週のはビギナーズラックだったのか…?



嫌な空気が流れかけたが、紀元さんの登場で場が和む。
福浦に行こうとしていたのを予定変更してくれたらしい。
急なお誘いで申し訳なかったな。
けど、誰かと一緒に釣りをするのはやっぱり楽しい。


が。



なんとか釣りできるかなというレベルだったのが
19時を過ぎ、どんどこ雨脚が強まってくる。
札幌の母から「今日も釣り?」とメールが来たので
「今日も釣り」と返すと、

「関東は強い雨に注意とNHKが言ってるよ。
気を付けてお遊びを」

マジっすか…

雷さえ鳴らなければいいんだけど。


しかも潮は満ちる一方で釣り場はどんどん水没していく。
思い切って先週toshi3さんが釣っていた場所まで上がり
仕切り直し、と思ったところで紀元さんが帰るという。

えっ まだそんなに時間経ってないのに。

ネクラ 「カッパは車にあるんですよね?」

紀元さん 「そうなんですけどね、雨の釣りは苦手で」


そりゃそーだ。

ネクラも雨の釣りは苦手。
だけど先週ネクラの竿にもうなぎが釣れた感動が鮮明で
こんな大雨でも意外にネクラは続行する気満々だった。

「じゃあ紀元さんまた…」

挨拶を交わしていたところで、

「当たってるぞ!」と俺様の声が響く。


まじっ


巻いてくると、本日初めてのうなぎキターーーー
抜きあげたところでハリが外れ、帰りがけの紀元さんに
捕獲をお手伝いいただいて(ありがとうございます)
そこから怒涛のうなぎラッシュ!

同時に雨はニュースになるくらいの強さになり、
さすがの俺様も「次の一投で帰るか」というものの、
断続的なアタリにBなふたりは切り上げ時を見失う。

気が付けば、俺様2匹のネクラ2匹、計4うなぎ。

この雨の中の釣果としては充分じゃないっすか。


アタリが止まるとともに雨もやみ、風が出てきた。
安いレインウェアの隙間から流れ込んだ雨で服が濡れ
風で冷やされているため寒さを感じてくる。

今度こそ、帰りましょう。


泥だらけのバッカンとうなぎバケツ、竿ケースを持ち
駐車場へ戻る。



と。



釣り場にポツンとあるこれは…




120%紀元さんの忘れ物。

ここに置き去りにするのも何なので、クルマに乗せて
ネクラハウスのベランダで陰干しをしておこう。
聞いたばかりの紀元さん携帯にメールを送ると、
雨の中の撤収に夢中で忘れ物のことはメールで初めて
知りました、と微笑ましい返信がかえってきた。

「紀元さんて意外にオッチョコチョイなのかもな」

と俺様が言ったので、ネクラはちょっと笑ってしまった。
翌日ネクラも同じことをやらかすとはこのとき誰も
思いもしていなかった。

---------------------

23時前に帰宅し、泥だらけの道具を俺様が一気に
お風呂場で洗ってくれた。
(うなぎは即日さばかないため道具の片付けは分担)
ネクラはカッパの泥を落とし、数回に分けてお洗濯。

そして乾杯したのは夜の1時をまわっていて、気が付くと
平日同様ソファに寄りかかって眠ってしまっていた。
考えてみたら4時半に起きている。平日より過酷。

「そこで寝るなって」と俺様に起こされ、歯磨きをしようと
洗面所に向かうと、キッチンの光景に違和感を覚える。


うなぎ!!!!  


一撃。





どうやら一匹、お亡くなりになっていたらしい。
ブクブクは入れていたけど、ハリを飲んでしまったやつか。
泥臭くなるから今さばく、と俺様。

眠いからすべては見ていられないけど、写真を数枚。











「こないだよりキレイにできた」 by俺様


だって血が全然出てないもんね。たいしたもんです。

このうなぎは後日いただくことにして、ようやく眠りに
つきましたとさ。


お疲れ様でした。


↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村


2012/7/7(土)  三度目の釣行で釣れなくなるジンクス。

July 08 [Sun], 2012, 16:15



コロコロかわるお天気とアテにならない天気予報に悩まされ、
ひそかに企んだ金曜夜のうなぎ釣りはあえなく断念。
土曜も日曜もなんだか微妙な天気予報…

ということで、土曜日の朝マズメ(にしては遅いが)に出発。
行先は芸もなく油壺。これぞまさにBのひとつ覚え…


ちょっと手前の階段をおりたところが人気の釣り場らしいと
本で調べた俺様がいうので、試しに行ってみたのだが

みたのだが

ネクラが投げ釣りでちびっこいキスを一匹と、俺様が
レバーブレーキつきリールの第一投か第二投で勢いよく
沈んだウキに鬼合わせをして仕留めたのが巨大フグという
グダグダな状態。(写真も撮り忘れる始末)
結局はサミット会場へ移動することに。


しかし移動してみたものの釣れるのは



ネンブツ(写真なし)


体は気持ち悪いのに瞳孔だけはハート型のバランス悪いさかな



ちびっこいサバ



よくわからないさかな



おニューのリールをちょっと持たせてもらう





昼すぎから雨になり夕方近くには雷をともなう大雨という
天気予報だったこともあって、コマセは1ブロックしか
用意がなく、雨が本格化するのを待たずに14時すぎ
早々に底をついてしまった。


撤収しますか…

駐車場に戻る前、ネクラが凝りもせず砂浜の奥のほうで
キス釣りを企むもまたもや変なさかなで終了。


さっきの色違い?





カンカン照りの太陽に惜しみなく熱されたクルマに戻る。

雨っていってたじゃん…



俺様 「通い続けると釣れなくなるな…」

ネクラ 「時期もあるんだろうけどね…」

俺様 「雨降らねぇな…」

ネクラ 「そうだね…」


沈黙・・・


ネクラ 「えっと… どっか釣具屋いかない?ポイントとか・・」

俺様 「そうだな ポイントの店舗いったことねーし」

ネクラ 「そしたら時間的もちょうどいいよね」



う な ぎ 釣 り の 時 間 に。


そうして横須賀のポイントに寄り新鮮なイソメを仕入れ、
Bなふたりはtama川へ向かうのだった。

つづく。



↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31