介護施設での事故死

September 20 [Mon], 2010, 11:54
先日、私が勤めている施設にて


重大な事件が発生しました。


利用者様がベッド上からの転落により


亡くなってしまいました・・・


その利用者様は入所当初から


激しい認知症の為


認定調査員からの質問にも


最初に質問された、生年月日を延々と呟くような状態の方で


突然立ち上がったり、食後であっても


『ご飯食べたい!!』、『解らない』等と繰り返されておりました。


身寄りも無く、夫婦二人であった為


自宅の裏手に住む、親戚の方をはじめ


近所の方々に支えられての生活であったとお聞きしております。


そんな二人も、入所し約1年半が過ぎ


大分落ち着いた生活をされておりましたが


今月16日の23時に転落による脳挫傷の為


帰らぬ人となってしまいました・・・


ここまでは、テレビや紙面に良く見る(よくあってはならない)内容ですが


問題は、事故発生からの施設の対応で


事故発生から死亡に至る概要は以下の通りです。


20:00 テレビを見ているも、『あくび』をしたり、目を閉じたりしていた為
      就寝薬(精神安定剤)の服薬介助


21:00 うたた寝を始められた為、居室誘導及び更衣・入床介助
      10分程見守りを行い、体動見られなかった為
      他利用者のおむつ交換へ向かう
      2名の内の、別職員は他利用者の服薬介助の為、別室へ


21:15 大きな物音が聞こえた為、訪室
      ベッドへ両足を乗せた上体で、仰向けになり床に倒れている姿を発見
      職員の呼びかけにも反応無く、救急搬送の準備と施設管理者へ状態の報告
      何故か管理者より救急搬送はせず、経過観察の指示あり


21:30 管理者が施設へ到着、状態確認をしてもらう
      脳挫傷が疑われるにも関わらず、『症例が違うと』更に経過観察の指示あり


22:00 呼吸微弱、顔面蒼白、血圧低下の症状見られ119番通報
      近くの総合病院へ救急搬送
      この時、初めて身元引受人へ連絡


22:50 身元引受人、病院へ到着するも、出血が酷く手の施しようが無いと
      Dr.より説明を受ける。


23:00 死亡判定をさせる
      Dr,より頭部への衝撃があまりにも強く
      幾ら若くても、丈夫な体でも助からなかったとの説明を受ける。


結果のみを見ると、どんなに頑張っても助からなかったので仕方無いと思う方も居るかと思いますが


結果ではなく、過程に大きな問題があったのは事実であり


弁解の余地が無い状態です。


翌日、何も知らず出勤した私は


突然の訃報に愕然としてしまいましたが


事故発生から死亡に至るまでの経緯の報告を受け


管理者のあまりにも酷い対応に激しい怒りを覚えました。


当日、利用者様とその家族とは長くお付き合いして頂いた事もあり


勤務後、霊前へ御焼香だけでも思い


施設へ置き去りになっていた入れ歯を持ち


自宅へ向かいました。


身元引受人の夫婦が出迎えてくれ


『いやー、らいがーさん!良く着てくれた、ホントに迷惑を掛けてありがとうな・・・』


この言葉を聴いた時、泣かないと決めていたのですが


大粒の涙があふれてきました。


本当に申し訳ない!事故で自分達の不注意から起こってしまった事なのに!


と言葉にならないような状態で話して居ました。


しかし、アルコールの入ったご主人は続けて


『本当であれば、お金を払って預けて居るのに、何をしてたんだ?


と言いたいけど自分の肉親ではないし、あなた達の頑張りを見てるから俺は言わない!』


続けて『何で、倒れてから1時間もほったらかしだったんだ?』


胸が張り裂ける思いでした


でも、ご主人は『でも、ライガーさんだから言うんだよ。ホントに信用できる人だから言ってるんだよ』と言われました。


本来であれば、事故死させてしまった施設関係者である私は、玄関で追い返される覚悟でしたが


『せっかくだから拝んでいってくれ』との霊前を案内されました。


ご主人が棺の蓋を開け、亡くなった利用者様へ『ほれ、○○!らいがーさんが来たよ!お前、好きだったろ?返事しろ!』


と、泣きながら問いかけていました。


この姿を見た時、自分には死亡の連絡が来なかったのだろう・・・


何で、バカ面をしてここに着たんだろうと思いました。



既に、取り返しがつかない事ですが


プロとして、後悔の無い仕事をしていきたいと


改めて心に誓う、悲しい出来事でした。




P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ta090127
読者になる
2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる