交差点に加藤被告が運転のトラック突入…瞬間的に「まずい、速すぎる」(産経新聞)

May 27 [Thu], 2010, 21:12
 【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第8回公判】(2)

 《加藤智大(ともひろ)被告(27)の犯行に出くわした女性警察官に対する証人尋問が続いている。女性警察官は、背中を刺されて重傷を負った上司の○○警部補とともに、現場で勤務の最中だった。これまでの女性警察官の証言の内容と、防犯カメラの画像を突き合わせる作業が終わり、検察官が質問を続ける》

 検察官「あなたは今も、○○警部補と同じ万世橋署で働いていますね」

 証人「はい」

 検察官「○○警部補は、事件の前後でどう変わりましたか」

 証人「はい。事件が原因かは分かりませんが、歩くスピードが、少しゆっくりになりました」

 《検察側の冒頭陳述によると、○○警部補は肺や気管を傷つけられ、3カ月の重傷を負った。一時は心肺停止に陥っている》

 検察官「最後です。今の犯人についての気持ちを聞かせてください」

 証人「えーと…。事件は一瞬で終わりましたが、命を落とした方や、けがをした方、目撃した方が、いっぱいいます。被害者の家族の方も、被害者に当たると思います。それだけのことをしたと、深く反省してもらいたいと思います」

 検察官「どのような刑罰を望みますか」

 証人「自分がしたことに相当する処罰を望みます」

 《証人はきっぱりと言い切って、検察側の主尋問は終了した。続いて弁護側の反対尋問に移る。男性弁護士が立ち上がる》

 弁護人「あなたは○○警部補と一緒に、2人で組んで取り締まりをしてたのですね」

 証人「はい」

 弁護人「そういう風に、○○警部補と組むのは過去にもありましたか」

 証人「いえ、係長(○○警部補)とペアになったのは、その日が初めてでした」

 《弁護人は、検察側の尋問に対する答えを再度、確認するような質問を続けていった》

 弁護人「地図に書いた印の位置から、初めて警部補を見たとき、警部補は何をしていましたか」

 証人「…。もう一度、いいですか?」

 弁護人「最初に警部補を見たときの、警部補の体勢は?」

 証人「…走ってくる男に、背中を向けて立っていました」

 《弁護人は質問と質問の間で、何を聞くべきか考えるように黙り込むことがあった。証人も、弁護人の質問の意図をつかみかねてか、けげんな声で答える》

 弁護人「犯人は(警部補を刺した後、走りながら)刺すような動作をしていましたか」

 証人「刺すような動作を見たと思いますが、今は視覚としては覚えていません」

 弁護人「上下とか、水平にナイフを振るような行動を見たと、上司に説明したわけではないと」

 証人「はい」

 《この後、別の弁護人が、防犯カメラの画像に関する質問をして、弁護側の反対尋問は終了した。証人は印を付けた地図に、日付と署名を書き入れる手続きを終えたあと、村山浩昭裁判長に促され、一礼して退廷していった》

 裁判長「では、続いてもう1人の尋問に移ります。特に弁護人、被告人で、休廷を求めませんね?」

 「…はい、ではこのまま続けます」

 《傍聴席から向かって右、検察側の背後の扉が開いて、次の証人が入廷してきた。30代くらいのスーツ姿の男性。白いシャツに紺色のネクタイを締め、短めの髪を真ん中で分けている。やや緊張した様子で宣誓を終えると、証人席についた。女性検察官が質問に立つ》

 検察官「では、落ち着いて答えてくださいね。あなたは今日、会社を休んで出廷してくださいましたね」

 証人「はい」

 検察官「あなたは、平成20年6月8日に秋葉原で起こった殺傷事件の目撃者ですね」

 証人「はい」

 検察官「その日は、なぜ秋葉原に行ったのですか」

 証人「はい。パソコンの部品を買いに、秋葉原へ行きました」

 《証人は、やや小さめの声で質問に答える。女性検察官は大きく、はっきりした声で質問を続けていく》

 検察官「何時ごろ、秋葉原に着きましたか」

 証人「着いたのは、昼過ぎと記憶しています」

 《ここで、法廷の大型モニターに、現場の交差点の地図が映し出された》

 検察官「事件前、どの通りを歩いていましたか」

 証人「私は、中央通りを、下(南)から上に歩いていました」

 検察官「何を見ながら歩いていましたか」

 証人「はい。交差点の左上にある、工事現場を見ながら歩いていました」

 検察官「何か視界に入りましたか」

 証人「左の方向から、トラックが交差点に進入してくるのが見えました」

 《検察官に促され、証人が地図に自分の位置と、トラックの位置を書き入れた》

 検察官「トラックの様子は?」

 証人「すごいスピードでした。瞬間的に『まずい、速すぎる』と思いました」

 検察官「交差点の信号は?」

 証人「はっきりと青と覚えていませんが、人がいっぱいいたし、自分も渡ろうとしていたので、青だったと思います」

 検察官「速度は?」

 証人「(時速)40キロくらいだったと思います」

   =(3)に続く

【関連:秋葉原殺傷事件】
(1)上司を刺された女性警官の証人、被告を鋭くにらみ付けた
主任弁護人の意図が不明!? 疲れ見せるほかの弁護人
検察官も「AKB」 右腕に傷跡「見せてもらえますか」
「テロかと…トラックから仲間が次々と出てくるのかと…」
「男は走りながらこちらを見た」 再現される凶行の様子

桜 若木35本、根元付近で切断 河川敷に放置 山口(毎日新聞)
<女性死亡>55歳、顔に殴打跡…愛知・長久手の竹林(毎日新聞)
<酒気帯び事故>落ちたナンバープレートから…64歳容疑者を逮捕(毎日新聞)
パスザバトン 粋なセンスでリサイクル(産経新聞)
<口蹄疫>食肉処理場の操業再開認める…移動制限区域(毎日新聞)

参院比例に江本氏擁立へ=国民新(時事通信)

May 21 [Fri], 2010, 19:36
 国民新党は14日、夏の参院選比例代表にプロ野球解説者の江本孟紀元参院議員(62)を擁立する方針を固めた。来週正式に発表する方向で調整している。
 江本氏は阪神タイガースの投手などを経て、1992年参院選でスポーツ平和党から初当選した。その後、民主党に入党して再選。2期目の途中、2004年の大阪府知事選に出馬したが落選した。 

【関連ニュース】
【特集】波乱万丈 野村克也
【特集】昭和の春「思い出甲子園」〜怪物江川、ドカベン香川、KKコンビ〜
〔写真特集〕野村克也
〔写真特集〕阪神タイガース、高校野球を愛する人へ=甲子園歴史館
徳之島案「実現の見込みなし」=桟橋工法、過去に却下

5月末は「国民との約束」=普天間移設問題で鳩山首相(時事通信)
もっちり食感がたまらない 米粉パン じわり人気(産経新聞)
高速道路無料化を維持=暫定税率廃止は削除―民主公約(時事通信)
家康の府中御殿跡か、JR府中本町駅前で発見(読売新聞)
自民・青木前参院議員会長、参院選不出馬へ(産経新聞)

小沢氏と亀井氏会談 過半数割れなら野党とのパーシャル連合も(産経新聞)

May 18 [Tue], 2010, 11:20
 民主党の小沢一郎幹事長と国民新党の亀井静香代表が10日夜に都内で会談していたことが11日、分かった。夏の参院選での与党過半数割れを想定し、参院選後に野党と政策ごとに連携する「パーシャル(部分)連合」を模索していく考えで一致した。

 関係者によると、小沢、亀井両氏は「参院選情勢は厳しい」との認識で一致した。亀井氏が参院選で敗北した場合の政権運営について「自民党も参院で過半数を割る時期が長くあった。法案ごとに野党と連携すればいい。いくらでもやり方はある」と進言すると、小沢氏は理解を示し、今後も共同歩調をとる考えを示したという。

 また、亀井氏は民主党支持率下落について「もはや民主党自体の問題になっている。小沢氏や鳩山由紀夫首相が交代しても仕方がない」と述べ、現執行部体制のまま参院選に臨むべきだとの考えを示した。小沢氏も幹事長続投に強い意欲を示したとされる。

 一方、米軍普天間飛行場移設問題について小沢氏は「オレは内閣に任せている」と繰り返し、関与しない考えを示したという。

【関連記事】
「半年で結論は短絡的」 日本の二大政党で小沢氏
民主100人超擁立も 与党過半数厳しく
政権下り坂の参院選は「鬼門」 自民党政権下では首相辞任の事態に
政策、理念は置き去り…参院選候補、民主、自民など各党とも著名人頼みの傾向
小沢氏「百万、千万の味方を得たような気持ち」 谷氏出馬表明
少子化を止めろ!

<国民新党>地方経済再生へ年3兆円 参院選マニフェスト案(毎日新聞)
40代自殺の増加幅最大=20〜30代は過去最悪−12年連続3万人超・警察庁(時事通信)
活気づく図鑑市場 「楽しく」「勉強になる」を1冊で(産経新聞)
サイバー攻撃への対応強化=政府(時事通信)
<普天間移設>米との交渉優先を 亀井担当相(毎日新聞)

千葉市、6年間で不正経理総額4億6千万円(読売新聞)

May 13 [Thu], 2010, 2:31
 千葉市は12日、2003〜08年度の6年間での不正経理の総額が、約4億5500万円だったとする調査結果を公表した。

 私的流用は確認されなかったが、コーヒーメーカーの購入費など業務とは無関係の不適切な支出約3700万円については、退職者を含む管理職約2500人に返還を求める。

 同市は、03〜07年度の国庫補助事業を巡り、会計検査院から計1590万円の不正経理を指摘されたことを受け、09年8月から独自に全庁調査を行っていた。

 調査は、07年度分のみを抽出して経理実態を調べ、それをもとに6年間の不正総額を推計した。調査対象の業者も、一定の取引額がある7割の業者に絞った。

 07年度分の調査では、いずれも事務用品などの消耗品費で不正経理が判明し、合計額は4725万円に上った。業者に現金をプールする「預け」が166万円(38件)、請求書の名目と違う物品を納入させる「差し替え」が2522万円(1179件)など。

 市はこの結果をもとに、07年度全体の不正額を7066万円と算定し、6年間の不正総額を約4億5500万円と結論づけた。

遊具から転落、15歳重傷…安全バーから足抜く(読売新聞)
女性店長「出て行け」、チェーンソー男退散(読売新聞)
燃えさかる炎、爆発音も=「真っ黒い煙が20〜30メートル」−山陽道事故(時事通信)
<普天間>「5月超えても交渉」 枝野氏、首相の責任を否定(毎日新聞)
「大変心配している、しっかり対応すべき」 ギリシャ危機に首相(産経新聞)