普天間で官房長官らと協議=首相(時事通信)

May 13 [Thu], 2010, 3:53
 鳩山由紀夫首相は8日午後、首相公邸で平野博文官房長官、松野頼久、滝野欣弥両官房副長官と米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり対応を協議した。7日の鹿児島県・徳之島の3町長との会談で、基地機能の移転を拒否されたのを受け、地元での反対の動きや理解を得るための方策などについて話し合ったとみられる。協議後、滝野氏は記者団に「いろんな情勢分析をした」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

痴漢検挙77人、29人が再犯 首都圏集中取り締まり(産経新聞)
ヨット沈没、防水携帯で助け求め3人救助(読売新聞)
「首相発言軽すぎる」=普天間未決着なら進退問う−改革・舛添氏(時事通信)
<掘り出しニュース>札幌で民家半焼 飼い主起こし、愛犬焼け死ぬ(毎日新聞)
検証 医療ツーリズム元年(3)「言葉をつなぐ」(医療介護CBニュース)