喘息だからアレルギーがあるかも、と原因を探ります。

March 14 [Mon], 2011, 12:29
その人それぞれの 発作の誘因になる原因によるとおもいます。
私の周囲の人で、温暖差で発作を起こす人は、夏のお店に入るときに、急に冷房が強く効いている店内に入り、呼吸をすると、途端に咳が始まるので、ゆっくりと入ったり、2枚ある出入り口で、何度か呼吸をしてから入っています。
特定の花などで反応する人は、その花には近づかないようになど、配慮しています。
咳をよくすると気管支が反応し始める人は、風邪を引かないようにとか、埃などをあまり吸わないようにマスクするとか、掃除するとかですね。
一般的には、気管支への刺激を避けるために、空気の清浄化と、うがいによる口腔内の清浄が多いと思います。
アレルギーというものは、ある物質に対して体の免疫が過剰に反応している状態です。例えば、花粉は本来体にないものなので、体内に侵入すると咳や鼻水として排除しようとしますが、その反応が過剰になったものが花粉症です。
これは花粉に限らず、ありとあらゆるものが抗原になります。
この際、人間の体ではIgEという物質を沢山作るのですが、これが原因となって気管支をぎゅっと締め付けるので、空気の通りが悪くなり、呼吸困難となるのが喘息です。アレルギーだから喘息になりうるってことです。
逆に、喘息だからアレルギーがあるかも、と原因を探ります。
吸入薬はIgEの産生を抑えることで、気管支がぎゅっとなるのを防ごうとする目的で使います。
だから症状が出てないときは使わなくていいんですよ。症状がないときはキプロスという予防薬を使います。
喘息の診断は医師なら誰でもでき、治療方法は喘息の重症度によって決まっているので、総合病院に行って診察まで長い時間待っても治療は変わりません。近所の呼吸器内科の通院で大丈夫です。
ただ、アレルギーの抗原となるものを検査すれば未然に喘息等を防ぐことが出来るので、検査して下さいと依頼してみて下さい。もちろん町医者の呼吸器内科でもやってもらえます。
五便宝
威哥王


  • URL:https://yaplog.jp/swh0550/archive/83