活性化する麻薬の異常な反応

October 11 [Mon], 2010, 12:48
本で読んだことがあるのですが、うつ病の人が自殺をして脳を調べたところ、受容体がたくさん開いていたのだそうです。もぐら叩きってゲームありますよね。穴がいくつも開いているでしょ? あれが受容体と思ってください。脳の中に物質があって、その穴に物質がはまると穴が塞がる。
物質が不安を起こす物質だった場合、受容体が不安物質をキャッチしたので、不安の要素が伝達されるんです。うつ病の人は行動が停滞しているので、状態が寝ているため刺激が起こらず、ぐったりしていると思われたが、自殺した人の脳の中では受容体がみんな口を開いて物質を取り込もうとしていたわけです。
おなかがすいている巣にいるズバメの子たちのように 口をパカーってあけていて、その巣には口を開けているツバメの子が普通の人の何倍もいるってことを想像してください。たくさん口が開いているので、脳の中に発生した不安物質をじゃんじゃん取り込んでしまう。だから、不安から行動に制御がかかり思考も混乱し決められなくなる。
ということは、不安物質を制御すればいいわけですが、注射器で吸い取りわけにはいきませんから、不安物質と同じ形をした薬を飲むわけです。脳に達したその不安物質と同じ形をした偽の物質は、鍵穴にうまくはいり、鍵穴を防ぎます。実際は不安を起こさない物質ですので、不安は伝わりません。脳の中に不安物質がたくさんあっても、穴は偽の物質で塞がってるので、鍵穴に入れませんので、不安は起こらなくなる。
そうやっているうち、不安物質を過剰に生産しても意味が無いとなり、不安物質は過剰に生産されなくなる。不安物質を余計に取り込まなくなった脳は、それが正常の状態だと記憶する。すると、薬をもう飲まなくても、余計な不安が怒らなくなる。だって、それが普通の脳の状態だと記憶しているので。これが真性のうつ病の人に対する服薬治療。活性化する麻薬を飲ませているのではなく、過剰な不安が無意味に起こらないよう鍵穴ブロックの物質を飲ませているわけです。
で、人は苦しいことがあったり、ストレスになることがあると、本能で防御に入ります。台風が来ていれば、被害を最小限にするため、防御に入りますよね。何かうまくいかなくて防御に入るのは、正常な反応。台風が来ているのにお弁当を作って川の増水を見に行くのは、異常な反応。そんなストレスに対して防御せず活動を活発にする体質の人は、命を落としやすい。無謀だから。
で、商売がうまくいかなくっても大博打をやる攻撃型の人は、失敗したら多くの人に損をさせて迷惑をかけますよね。
他の人のことを考えられないで、いちかばちかの勝負に出て、周りに迷惑をかけても気にしないタイプもいれば、ある程度で引くことで、自分も回りへの被害も最小限にとどめる大人な人もいる。
あなたの場合、後者タイプ。引くことを決意するに至るまで悩み苦しんだでしょう。それが大きな重圧になっていたと思います。そしてやめることを決意したことで、重圧が無くなり、責任が消える。これでやっと動きが取れるようになったわけです。人はショックなことや大変な目に合うと、心が沈む。当たり前の反応です。その状態がなくなっても、寝込んだままの人は、うつ病です。脳が沈んだ状態を標準として記憶したので、布団から出なければと思っても、脳が活発に働かない状態が標準となっているので、出たくても出れないわけです。
この人は何故うつ病になってしまったのか。体質です。この人は他のショックなことが起こっても やはりうつ病になりやすい体質だったためになった可能性があった。地震だったかもしれないし、離婚だったかもしれないし、家族の死で発病したかもしれない。そういう体質じゃない人は、寝込むが圧力が消えたら、まもなく標準の脳の状態に復帰します。
長年圧力がかかり続けたら、圧が抜けたとき元に戻る率は減りますが、圧がかかっているのが短いほど、もともとうつ病体質じゃない人は、脳の復活もすぐ行われる。これが同じショックを受けた人でも、寝込んだままうつ病になってしまう人と、寝込んだがその後圧力が消えると復活する人の違い。
巨人倍増
狼1号
  • URL:https://yaplog.jp/swh0550/archive/52
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。