女性75%の子宮頸癌の発生はすべてHPVウィルスと関係があります

February 23 [Tue], 2010, 11:45
普通は1-3ヶ月の潜伏期を通って、短い約2週間、長いのは更には1年の長期に6ヶ月以上達します。鋭くいぼが濡れてもし湿度でわりに低いことの比較的に乾燥している部位が発生するならばおよび、いつも小さくて平たいいぼの形の物として表れます;もしあたたかくて湿っぽい部位で発生するならば、いつもあるいは乳首のこぶの形が現れて糸状ですになって、成の大きい団の塊を解け合いやすいです。会陰部の鋭いのはいぼが濡れて軽微でかゆいことが現れてと調子が悪く思うことができます;直腸内のが発生して鋭くていぼが濡れて直腸の痛みを引き起こすことができます。直腸内のわりに大きいのが鋭くてもしいぼが濡れるのだならば、また思う像の赤痢にかかる時の渋り腹があることができます。長い時間は長期にわたり治療したが治らないで、男性は****癌が発生することができて、肛門の癌、直腸癌など、女性75%の子宮頸癌の発生はすべてHPVウィルスと関係があります。
生物の遺伝子の銃を採用して尿道に伸ばして入れて、肛門の子宮頸の口内は注射して、細胞をアクティブにして、免疫の抗体を生んで、ウィルスの遺伝子の複製を抑えて、そして殺してウィルスがあって、すぐさまいぼの体は落ちて、無痛、傷あとがなくて、一回一生免疫を注射して、同時に内服が毒を研究して、

ひどいシリーズの漢方薬にウィルスを駆除して、並んで、体内の残りのウィルスを徹底的に一掃して、根治して、再発しません。
いぼの引き起こす小さくて赤い点、 が濡れます赤い丘疹、赤いぶちの塊、乳首の形、真珠の形、 形の小さいしこりを刺しておよび次第に成長する形成のカリフラワーの形、鶏冠の形のいぼが皆ウイルス感染のから致すところで、その発病率が高いため、潜伏期は長くて、伝染性が大きくて、薬物耐性は強くて、だから普通の薬物はそれを殺しにくくて、手術、レーザー、冷凍、電気療法はしばらく表面の病理の変化を取り除くことができますが、しかし再発率はとても高くて、応急処置して根本的に治さないで、根治しにくいです。
Sex Slave
しんいちつぶしん
  • URL:https://yaplog.jp/swh0550/archive/25
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。