歯の周囲を徹底的にクリーニングをするのがよいかもしれませんね。

January 25 [Fri], 2013, 15:18
夜も寝られない程の痛みが出ることも有ります。シアリス
私達の歯の噛む力は50キロ近く有り動きながら磨り減りながら時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。
砂山に植わった棒を揺り動かせば砂が下がり棒がゆれだす様に、噛み合わせの不調和があると骨も破壊され歯槽膿漏にも成ります。先に先にと悪く考えて痛くもない抜いた両脇の歯を削ってブリッジにすれば歯と体のバランスが崩れやがてそのブリッジも今回と同じ運命を辿るかもしれません。接着ブリッジと言う良い歯を削らない方法もありますし、入れ歯や、入れないという選択もあります。今のまま経過を見て何かあればその時考えても良いと思います。
私達の歯の噛む力は50キロ近く有り動きながら磨り減りながら時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。噛み合わせの不調和があると神様が造った完璧な歯でさえ虫歯に成りますし、治療した歯も問題を起こしますし、歯にも骨にも顎にも体にも様々な問題を起こしますし、虫歯でなくても夜も寝られない程の痛みが出ることも有ります。
そんな痛みでも噛み合わせの調整だけで良くなる場合がしばしばあります。また人間は1日に15分位しか噛み締めていないことが生理学で判っていますがストレス、忙しさ、心配、不安等で食い縛っても問題を起こします。
また歯科医療等に伴う噛み合わせの不調和が原因で頭痛、肩こり、腰痛、不整脈、無呼吸、アドレナリンの増加、体の歪み、その他様々な事が起こる事があります。私達の歯は時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。歯科医療は自然の時間的変化に比べ大きな変化を与えますので体が付いて行けず、バランスを崩し上記の様な事が起こる事がありますので、治療は噛み合わせを変えない様に、最小限に少しずつ体を馴染ませながら行わなければ成りません。
また虫歯になったら歯医者に行き詰めて貰うのが当たり前と多くの方は思っていると思いますが、某国で学校に歯科室を作り子供達の歯をせっせと詰めたら返って虫歯が増えてしまったと言う報告もありますし、歯医者に行けば行くほど歯が駄目になると言う統計も出ています。超級脂肪燃焼弾
歯科で歯周病と診断されました。喫煙するのと、何より歯ぎしり?食いしばりのため、就寝中にひどく食いしばりをしたら翌日くらいから左上の一番上の奥歯がグラグラになっています。そこは歯槽骨がものすごく 減っているという診断でした。歯槽骨の再生医療も進んでいるようですが、エムドゲインはそのクリニックでは部分的に骨がない場合は良いが、ここまで減っていると無理と言われました。これって本当なんでしょうか?
エムドゲインは部分的な骨欠損にはよいですが、大きく骨が吸収されている場合はなかなか難しいと思います。エムドゲインそのものに本当に効果があるのか疑問視する歯科医も結構います。
新しい治療法がいろいろと出てきていますが、再現性のある治療法ではまだないと思います。
揺れている歯にかかる力をフリーにして歯の周囲を徹底的にクリーニングをするのがよいかもしれませんね。
炎症が落ち着けば揺れている歯も落ち着いてくることがあります。新曲美





  • URL:https://yaplog.jp/swh0550/archive/183