心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33)

2008年03月30日(日) 20時59分
その日の午後の出来事でした。二人の弟子はエルサレムから、エマオという村へ行こうとしていました。
彼らは主の十字架の事、女弟子たちが墓に行った事、御使いが
「イエス様は生きておられる」
と告げた事等について語り合い論じ合いながら歩いていました。
二人の思いは、千々に乱れ錯綜していました。
失望と落胆の淵から、必死になって這い上がろうとする試みが、そこにありました。
そんな彼らに市は近づいて一緒に歩いてくださり、話しかけて下さり、聖書を解き明かして下しました。
二人はそれが主だとは気がつきませんでした。
しかし、お話を聞いているうちに心が燃えたのです。肉体的に感覚的に主を知る必要はありません。
近づき、共に歩みつつ、教えて下さる主に聴くことであります。
主に聞いたなら主をお引止めするべきです。心が燃やされたならば、それでよいのではありません。
私たちには心を燃やして下さる御方が必要なのであります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
奏楽をしました。賛美歌527、66、332、新生2、賛美歌541。
前奏や、これらはなんとかうまくいったけど、後奏が〜(汗
こんなにかんたんなのにな〜と悲しくなる。
聖書のお話は、私の一番好きなところ。弟子達の心が燃やされる場面。ハレルヤ!

愛のとりなし(ルカ23の32〜49)

2008年03月16日(日) 20時58分
イエス様は十字架を負わされ、ゴルゴダの刑場に向かわれました。
むちで打たれたイエス様の背中は傷つけられ、昨晩からの疲労も重なり、ついには意識を失ってしまわれました。
兵士たちはシモンというクレネ人に十字架を無理に負わせました。
イエス様の十字架の左右に、2人の犯罪人が十字架につけられました。
彼らはイエス様をののしりました。祭司長たちも同じようにイエス様を愚弄しました。
主イエス様は、そのように辱められても、一言も言い返さず、むしろ彼らのために祈られました。
「父よ彼らをお許しください。彼らはなにをしているのかわからずにいるのです」
その有様を見ていた犯罪人の一人は心を入れ替えました。
百卒長も
「まことに、この人は神の子であった」
と告白しました。キリストの十字架に私たちを救いに導く神の愛があらわされています。
神はそのひとり子を賜うほどに私たちを愛してくださったのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
神様と出会うにはいろんな場合があるんだなぁ、そしてされが最後の時であっても遅すぎることはないんだ、と思わされました。
心の底から、自分の罪を神様の前で許していただけるよう祈りれば必ず神様は許してくださる。
そして神様の愛を本当に知ることができるんだなぁ、と。
イエス様の痛々しい十字架を思うたびに、思い出して祈っていきたいです。

十字架の苦難(マタイ27の11〜31)

2008年03月09日(日) 19時22分
総督ピラトには、わかっていました、最支障、長老たちがイエスを捕らえて、彼らの裁判にかけ、死刑を要求しているのは、彼らのねたみのためであるということを。
イエスを殺そうとする彼らの殺意が決定的なものとなったのは、ラザロが生き返ったという出来事のあとでした。
「もしもこのままにしておけば、皆が彼を信じるようになる」(ヨハネ11の48)
群集の激しい叫び声がピラトを圧倒しました。罪のない主イエス様を、彼はユダヤ人の手に引き渡しました。
「もしもこのままにしておけば、皆が彼を信じるようになる」(ヨハネ11の48)彼は我々のとがのために傷つけられ、我々の不義のために砕かれたのだ」(イザヤ53の5)
主イエス様は十字架の苦難を受けるために、神様からつかわされたという自覚をもっておられました。
私たちはキリストの十字架の死によって「いやされた」のであり、罪を離れ、義に生きるために救われているので有ります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
受難週が始まりました。
毎年、この時期になるとやっぱり辛いです。
イエス様におこった出来事を想像すると、そして、母マリアさんの気持ちを想像すると・・
神様の憐れみに祈りたい。

新しく造られる(使途16の11〜15)

2008年03月02日(日) 19時19分
ある安息日に、パウロは祈り場を求めて川のほとりに行きました。彼は会堂や教会の正式な説教だけでなく、川岸での穏やかな語らいの中でも、主イエス・キリストの話をしました。
その説教を通して神の力が働き、ある人々の心を開き、その人の生きる方向を変えてしまいました。
「だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である」
パウロ自身が、イエス・キリストに出会って、その生き方が変えられてしまいました。
キリストの弟子となった人々も、主イエスと出会って、その生き方が変わりました。
そして私達も同じように変えられ、神の恵みのうちに入れていただき、幸いな人生を歩ませていただいています。
「キリストにあるならば」
キリストに結ばれている毎日が、新しくされていく日々であることを信じて感謝いたしましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イエス様に結ばれてることに感謝します。
日々の生活の中で私自身はイエス様のことを忘れてることがあるけれど、イエスさまは忍耐強く私を見守ってくださっている。
安心して生活していけることに感謝。

☆プロフィール☆
☆名前☆あきぶ☆
☆好きなこと☆ペットとたわむれること☆
☆家族構成☆夫、娘、息子☆
☆働く主婦、家事さぼりぎみ☆
わんこヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!わんこヤプニティ
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月18日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月16日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月13日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月07日)
アイコン画像じゃぶ
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月06日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月03日)
アイコン画像はにまる
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月02日)
アイコン画像きりひと
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:suzybububu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる