わたしは命のパンである(ヨハネ6の1〜15)

2005年04月25日(月) 19時44分
イエス様は、群集が飢えているいるのをご覧になりました。アンデレはわずかなパンと魚を持っている子供を捜してきました。主がその食べ物を祝福して人々に分け与えると、5千人の人が食べて満腹しました。そのしるしを見て、人々がイエス様を王にしようとした時、イエス様は山に退いて祈られました。人々は食べ物や権力など、この世のものを見ていますが、主イエスは神の御心にだけ目をむけておられました。イエス様は「わたしは命のパンである。それを食べる者は、いつまでも生きるであろう」と言われました。イエスさまは命のパンとして、天から下ってこられました。
イエス様を食べるとは、私たちがイエスさまを信じ、イエスさまの御言葉に聞き従い、イエス様と共に生きることです。その時、イエス様にある永遠の命、が私たちのものとなるのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日はSちゃんが奏楽をしてくれた。ドキドキしながら一生懸命歌わせてもらいました。
今、私たちは若夫婦会なる会をつくってるのだが、昨年もした、夏のイベントを計画中です。
今年は本格的に、テントを張ったキャンプです。だんだん子供達も大きくなって、みんな身軽に少しはなった、ということですね。
キャンプ地もおさえ、テントも借りる算段がついたので、あとはもっと細かい計画をたてなくてはいけません。でもすごくワクワクしてます。

「息に預言せよ」(エゼキエル37の1〜14)

2005年04月12日(火) 20時52分
預言者は、ひとつの幻をみせられました。死の陰の谷に、おびただしい骨が散乱していました。主は尋ねられました。「これらの骨は、生き返ることができるのか。」救われる望みのない状況にある人々について、神様は私たちにこの人々は救われるのかと尋ねられているのに似ています。この幻は、神様の御力によって起こされるリバイバルの有様を、私たちに指し示すものであります。人が救われる為には、救いのおとずれをまず聞く必要があります。しかし、聞くだけではなく、その人のうちで悟りとなり、信仰とならなければ救われることにはなりません。その為に、私たちはとりなしの祈りをするのであります。枯れた骨が生き返る事ができるように、いかなる事情境遇にある人でも救われる可能性があります。私たちはそのことを信じて祈ってまいりましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
久しぶりに奏楽。3月は病に臥せっていたので、できなかった。いつもの前奏、賛美歌332、23,312、聖歌392、後奏、初めて全てがうまくいった。
いや、ちょこちょこまちがったけど、まぁ、これくらいならいいか、である。
わたしの行っている教会は「祈る」事がとても大切ということを柱にしている教会である。でも祈りって難しい。自己中心的な手前勝手な祈りが私には多いです。それでも祈っていると、神様と対になってる気分がして、とても気持ちがいいものです。今は子供達が神様を信じていってくれる人生を歩んでくれるよう祈ってます。

ひとりの人の命(マタイ16の13〜21)

2005年04月03日(日) 17時54分
ピリポ・カイザリヤ地方は、異邦人が数多く住んでいました。その為、色々な偶像があり、人々はそれらの神々を拝んでいました。そんな時、主は弟子たち尋ねられました。「あなたがたはわたしを誰と言うか」ペテロは答えました。「あなたこそ、生ける神の子キリストです。このときから、イエス・キリストは十字架と復活のことを話し始められました。すると、ペテロは「とんでもないことです。」といさめはじめました。弟子たちは「キリストはユダヤ人の王として来られる」と思っていました。しかし、主は、わたしは十字架にかかって死ぬために来たのです、といわれます。神のことを思うのと、人のことを思うのと、大きな違いがあります。人の欲望は全世界を我が物にしたいという所まで膨らんでいきます。しかし、「自分の命」を損したら、なんの得になろうかと、主はいわれました。私たちは、神のことを思い、救いの確信をしっかりと持って歩みましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ローマ法王さまが天にお帰りになりましたね。私はカトリックではないのですが、今日は祈らせていただこうかな、などと思ってます。
昨日娘のピアノの発表会がありました。練習不足で間違える間違える。先生はがっかりされてたなぁ。すみません。
私から娘を見るともうちょっと練習きちんとせんかい、と思うのですが、自分も奏楽で間違えるので、しょうがないか、などと思ったりもしました。間違えずに弾くって本当に難しい。
練習で完璧にできていても、本番で何かひとつの音をミスタッチしたら、もとに戻れなくなってしまう自分が奏楽させてもらうようになってからというもの、子供達がステージで弾く姿をみさせてもらうと本当に偉いなぁ、と感動しています。
☆プロフィール☆
☆名前☆あきぶ☆
☆好きなこと☆ペットとたわむれること☆
☆家族構成☆夫、娘、息子☆
☆働く主婦、家事さぼりぎみ☆
わんこヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!わんこヤプニティ
2005年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月18日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月16日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月13日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月11日)
アイコン画像めーたん
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月07日)
アイコン画像じゃぶ
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月06日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月03日)
アイコン画像はにまる
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月02日)
アイコン画像きりひと
» 心、燃やしてくださる御方(ルカ24の13〜33) (2008年10月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:suzybububu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる