ハドソン川の奇跡

2016年10月09日(日) 11時30分
解説:俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のてん末に迫る。『サンキュー・スモーキング』などのアーロン・エッカートらが共演。機長の手記を基に描かれる、奇跡の脱出劇の背後に隠された真実に言葉を失う。
シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ:2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。 シネマトゥデイ (外部リンク)

クリント・イーストウッド作品ですので
見ないわけには行きません。

今回のテーマはいつもより弱めに感じました。
実話なので結果がわかっているからかもしれません。

ヒーローになった主人公が
着水する必要はなかったのでは?と査問委員会のようなところで
問われることになり
ヒーローと世間で騒がれてる葛藤や精神状態なんかを
トムハンクスが手堅く演じています。

いつもの強い強いメッセージ性はあまり感じられず
このテーマで良い俳優を使えるのは
やはりクリントイーストウッド監督だからなのでしょう。
トムハンクスが作品を支えてる感もあります。

観客も期待しているところはありますし外れではないけど
なんだかもっと強い何かをイーストウッドに求めてしまってるのかもしれません。

でも退屈はさせないのはさすがのイーストウッド。
そのあたりは100分程度の作品にまとめたところも良かったのかもしれないです。
公聴会あたりはもうちょっと長くても良かったような??
実話なのであんなもんだったのかもしれないですが。


劇場で観て損はないけどイーストウッド作品と期待するとがっかりかも。

★★★☆☆(3.5)

ジェイソン・ボーン

2016年10月08日(土) 21時41分
解説:記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンの孤独な戦いを描くスパイアクションシリーズの第5作。シリーズ第2作、第3作を手掛けたポール・グリーングラス監督と主演のマット・デイモンが再びタッグを組み、自身の隠された過去の秘密をめぐり、ボーンが新たな戦いに身を投じるさまが展開する。CIAの元同僚役でジュリア・スタイルズが続投するほか、オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、『トランス』などのヴァンサン・カッセル、ベテランのトミー・リー・ジョーンズらが出演。シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ:ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の前に、CIAの同僚だったニッキー(ジュリア・スタイルズ)が姿を現す。彼女はCIAが世界中を監視・操作するための極秘プログラムを立ち上げたことと、ボーンの過去にまつわるある真実を告げる。これをきっかけに、再び動き始めたボーンの追跡を任されたCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼を組織に取り込もうとするが……。 シネマトゥデイ (外部リンク)

大好きボーンシリーズ。
初日に行きましたが地元の劇場には珍しく
混んでいました。

楽しみにしていましたが
以前のボーンシリーズはほんとにおもしろくて。
そんな思いが残っていたせいか
単なるアクション映画になっていました。
世界中を回っている割には
結局はボーンを狙うだけでカーチェイスやらアクションもありましたが
やはり20代の頃のマット・ディモンのアクションには今は劣りますよね。
仕方ないけどあんなもんなのかも。

ラストは次回作をにおわす終わり方。
これも毎度のボーンシリーズにあるものですが
うーん・・
やっぱり期待しすぎちゃったのかな。
シリーズをもう一度見直したいところです。
冬休みにもう一度観る!

★★★☆☆(3.0)

ヴァンサン・カッセルの名前をなかなか思い出せず
途中でふっと思い出してすっきり。
やはりヴァンサン、目が離れてるけど大人の色気がある、なんて
思いつつもアリシア・ヴィキャンデルと並ぶと年齢の差は否めない・・親子ですね。