ウルヴァリン:SAMURAI

2013年09月21日(土) 21時00分
解説: 『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾。超人的治癒能力と手の甲から飛び出す鋭利な爪を持つウルヴァリンが、日本で自身の運命を大きく左右する戦いに身を投じる。『X-メン』シリーズと前作に続き、『レ・ミゼラブル』などのヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを力演。メガホンを取るのは、『ナイト&デイ』などのジェームズ・マンゴールド。一大ロケを敢行して撮影された日本の風景をバックに展開する壮絶なバトル描写や、ハリウッドでも活躍している真田広之の共演にも注目。
シネマトゥデイ(外部リンク)

あらすじ: カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユキオ(福島リラ)と共に日本へと向かう。不敵なまなざしを向ける矢志田の息子シンゲン(真田広之)に迎えられ、病身の矢志田と再会したローガンは彼から謎めいた言葉を告げられる。ほどなくして亡くなった矢志田の葬儀が執り行われるが、そこをギャングたちが襲撃。ローガンは矢志田の孫娘・マリコ(TAO)を連れ、その混乱から逃げ出すが……。
シネマトゥデイ(外部リンク)

日本がロケメインというか
日本でほぼ撮影してたのかな。

こんなお金のかかる映画で日本が舞台なんて。
そして日本人俳優、女優さんもたくさん出てて
へんちくりんな日本文化もほとんどなかったし
(マリコの初恋相手の忍者が変な日本語だったけど)
ハリウッド映画らしい疾走感とアクション、
そしてウルヴァリンというわけで
普通にハリウッド映画として楽しめる&日本がたくさん出てるのが
なんだか嬉しい。

新幹線での戦いはわくわくしちゃったような。
そんなん。

なんだか親子関係だか男女関係だか
本来持つべき気持ちだとか考えが一切ないのも
ハリウッド映画ならあり?
MARVELならありなのか?

そしてMARVELではお決まりの
映画は終わってもそのあともあるよ、なので
急いで帰らないように。
次回作もしっかり予告しておりますので。

★★★☆☆(3.5)

普通に楽しめるし
日本がメインなのでそんな意味ではさらに楽しめる。
ただMARVELのハリウッド映画としては
いつもよりやや劣るかな。

伏線を持つ「死の予知ができるユキオ」で
切れのあるアクションを見せた福島リラちゃん。
彼女の死の予知がわりと
このストーリーのキモだったりするんですよね。

彼女も良かったし
TAOは予想以上に陰のある女性が良かった。
TAOは今後、日本でも女優さんとして活躍するんだろうな。

二人とも日本では美人には入らない顔つきだけど
バランスも良いし
身長も高いので
ヒュー・ジャックマンと一緒でも不格好ではない!

二人のモデルでハリウッドデビューしちゃった彼女たちに
今後期待です。

エリジウム

2013年09月20日(金) 20時45分
解説: 『第9地区』が第82回アカデミー賞作品賞などにノミネートされた新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、マット・デイモンを主演に迎えたSFアクション。22世紀、富裕層だけが居住を許されるスペースコロニー“エリジウム”を舞台に、虐げられた地球の住人の反撃をハードに描く。マットのほか、ジョディ・フォスターや『第9地区』『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』のシャールト・コプリーが出演。ブロムカンプ監督の斬新なアイデアや演出に期待。
シネマトゥデイ(外部リンク)

あらすじ: 2154年。スペースコロニー“エリジウム”で生活する富裕層はパーフェクトな居住空間で過ごす一方、荒廃した地球に暮らす貧困層はひどい搾取に苦しんでいた。エリジウム政府高官のローズ(ジョディ・フォスター)が地球の人間を消そうと動く中、地球で暮らすマックス(マット・デイモン)はエリジウムに潜入することを決意。残り5日しかない寿命を懸けて戦いに挑む。
シネマトゥデイ(外部リンク)

悪くなかったんですけどね。
「第9地区」の期待感があるとわりと普通なSFな近未来な話に
主人公が立ち向かう、みたいな感じです。

最近、このあたりはスルーして見るべきなのかもしれませんが
主人公マックスのマット・デイモンが
下層社会の中で
ある日、工場内で事故というか無理やり仕事で
放射能みたいのを多分、あびたとおもうのですが
余命5日間を言い渡されます。

余命5日間にしては
驚くほど元気でまあ、びっくり。

これがハリウッドのすごいところ?
いえ映画のすごいところなのでしょうか。

白血病の少女も
随分とふっくらとして顔色も良いですし
違和感ありありなんですよね。

ストーリーとしてはそこそこに
わかりやすく
楽しめますが
「第9地区」のように見逃したら残念、というほどの出来栄えでもなく・・

久しぶりのジョディフォスターが観れたのは良かったかなあ。


★★★☆(3.5)

あの頃、君を追いかけた

2013年09月19日(木) 21時02分
解説: 台湾の人気作家ギデンズ・コーが初めて長編映画のメガホンを取り、自身の自伝的小説を映画化した青春作。台湾中西部の都市・彰化を舞台に、高校の同級生だった男女7人が1994年から2005年までの期間に繰り広げるたわいなくも懐かしい日々を映し出す。主演のクー・チェンドンとミシェル・チェンは本作への出演をきっかけに大ブレイク。甘酸っぱくてほろ苦い物語に胸が高鳴る。
シネマトゥデイ(外部リンク)

あらすじ: 1994年、コートン(クー・チェンドン)は、台湾の地方都市の彰化で中高一貫の高校に通っていた。彼は同じクラスの親友ボーチ(イエン・ションユー)、アハ(スティーブン・ハオ)、グオション(ジュアン・ハオチュエン)、マタカキ(ツァイ・チャンシエン)らとつるんでふざけてばかり。五人は、クラスのマドンナ・チアイー(ミシェル・チェン)に夢中で……。

私、初恋、青春もの大好きなんです。
観ないわけにはいきません。

しかし初監督作品と言うことを知り
なんとなく納得。

前半部分の高校生男子の稚拙さ(この作品では幼稚と表現。
訳がそうだけど私は「こども」という表現が正しい気がしましたが)や
わるふざけが
女性の目から見たらいきすぎてて

きっと男性にしたら
「こんな感じだった」と共感するのでしょうが
そのあたりには
白けてしまいました。
前半の幼稚な部分が度を過ぎていて
肝心の初恋部分が少し残念と思いつつも

この主人公コートン(自伝小説と言うだけに本人のままなんでしょう)が
初恋相手は
女性目線からしたら

相当、したたかものの女で
女性からはあまり好かれないけど
男性にはかなりもてちゃう女子、というキャラクター。

監督は忠実に(作家ですからね)
出来事を表現し
重要個所は映画に盛り込んでるはずなわけ。

セリフに
このヒロインチアイーが言うことが
ものすごく
納得できるところもあるし
この時期に秀才女子と出会ったことで
このあほ真っ只中な男子高校生コートンのその後の人生も
随分と開けたんだろうな、と思います。

ただし。
このチアイーはかなりのしたたか者(笑)

例えば
受験に失敗したら
彼氏でもなくなぜ自分のことを思ってくれてると
確実に思える男性に
泣きの電話をいれるのか?

普通は友達だよね?
それか彼氏がいるなら彼氏、家族でもいい。

でも自分のことを確実に思ってくれてる男性に
付き合ってもいないのに
泣きながら電話って随分としたたかではないですか。

そんなこの子、ほんとにしたたかな女だわーと
鑑賞しながら
女性だからわかっちゃう部分があるけど

それでもやっぱり男はこういう女が大好きなんだと。

そしてこういう女を好きな男性は
まずこういう女は相手にされない。適当に使われて終わり。

それでもラストに
ちょっとうるうるっとしちゃった私は

やっぱり初恋ものが大好物。

わかっているけど
ほろ苦いけど
切ないけど

やっぱりこういう高校生、青春、って思えるような気持ちに
ぐっと引き戻される瞬間が好き。

コートンのセリフに

「君を思っている自分も好きなんだ」というのがあって

これ心理学の面からも
20代前半までの恋愛は
自分自身に恋をしながら恋愛をする・・なんてのを
大学で学びましたが

それをコートンが学んだかは別として

セリフ1つ1つは
作家らしい
ぐっとくるものが多く

メモにとりたくなるものが多かったです。

前半のくだらなすぎる
幼稚なくだりは
日本人には全くつまんなくて、きつかったけどね。


なんだかんだ言いつつも
涙が出てしまったので


★★★☆(3.5)

サイド・エフェクト

2013年09月11日(水) 18時43分
解説: 『トラフィック』などのスティーヴン・ソダーバーグ監督が放つサスペンス。新薬の副作用によって夢遊病となり、夫を殺害してしまった女性と、その悲劇の裏側に隠された真実を、彼女の治療にあたった精神科医が暴こうと奔走するさまを活写。精神科医にジュード・ロウ、事件を引き起こす謎めいたヒロインに『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラ、そしてキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、チャニング・テイタムが結集した。アルフレッド・ヒッチコック監督作品のテイストを感じられる演出にも目を見張る。
シネマトゥデイ(外部リンク)

あらすじ: 金融マンであった夫マーティン(チャニング・テイタム)が違法株取引で逮捕されたのを機に、以前に患ったうつ病を再発させてしまったエミリー(ルーニー・マーラ)は、交通事故や自殺未遂を引き起こすように。診察にあたる精神科医バンクス(ジュード・ロウ)は、かつて彼女を診ていたシーバート博士(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)に相談。エミリーが抱える症状の詳細を聞き出し、彼女の了承も得て抗鬱剤の新薬アブリクサを投与する。症状が快方に向かっていたある日、マーティンがナイフで刺されるという事件が起き……。

ソダーバーグの引退作だったんですね。
知りませんでした。

こちらの作品ですが
地味なサスペンス。
私の中の地味なサスペンスとは
何が何だか訳がわからなくなったところが
多かったです。
特にキモとなる
ラストあたりからの疾走感がなんとなしや
わかりにくいんですよね。

ただ大雑把にはわかるけど
なんでここでこう逆転して逆転して・・の繰り返しになるわけなんですが
セリフをしっかりと耳に傾けてないと
私のように訳がわからなくなります。

半沢直樹はみてないのですが
まさに
精神科医役のジュード・ロウの倍返し的な感じで
鬱積をためるところまで
ためさせて
ラストにどんでん返しの連発。

ストーリーの中でも
女性ってやはり怖い。

ちょっとした役者の表情も
伏線が少しずつはってありますので
そのあたりも楽しめるかな。

しかしこれ、
全員がハリウッド女優、男優。
私はこの作品の鍵は薬の効果と副作用ではなく
「演技」です。

この作品、演技力あってこそ
成立するので
普通の人間がこんなことできるのかな?
こんなにうまいこといくのきあな?

作品の中で
全員がおそろしいほどに
嘘をつくために演技をしあっているわけですが

ある意味現実的に考えず
演技力合ってこそのって感じかなあ。
そこで私の「君たち俳優、女優だから」と心の中で呟く。


★★★☆(3.5)

そしてキャサリン・ゼタ・ジョーンズの
パンパンに入れてる整形顔も怖い・・。
きれいだったのにね、彼女。

ルーニー・マーラーも無駄にまた脱いじゃってますし
チャニング・テイタムは
金融マンとは思えない体だし
つっこみどころは多くあるけど
しっかりセリフをかみしめて
鑑賞すると楽しめるのかも。

オン・ザ・ロード

2013年09月04日(水) 19時43分
解説: アメリカ文学をけん引したビート・ジェネレーションの中心人物であるジャック・ケルアックの小説を基にした青春作。自分とは真逆の破天荒な性格の男とその妻に出会った作家が、彼らと一緒にアメリカを放浪する中で成長していく姿を映し出す。『コントロール』のサム・ライリー、『トロン:レガシー』のギャレット・ヘドランド、『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートら実力派が出演。アメリカ、カナダ、メキシコ、アルゼンチンでロケを敢行して撮られた雄大な風景も、深遠な物語にさらなる奥行きを与えている。
シネマトゥデイ(外部リンク)

あらすじ: 父親の死を引きずり鬱屈(うっくつ)とした日々を過ごす青年作家サル・パラダイス(サム・ライリー)。ある日、彼は内省的な自分とは正反対である奔放な男ディーン(ギャレット・ヘドランド)とその幼妻メリールウ(クリステン・スチュワート)と知り合う。社会規範にとらわれずにセックスやドラッグをむさぼるディーンの生き方、メリールウの美貌に惹(ひ)き付けられたサルは、彼らと一緒にニューヨークを飛び出して各地を放浪することに。かつてないほどの充足感と自由を得る彼だったが、そんな日々にも終わりが近づこうとしていた。


かなり気になってました。

しかしながら クリステン・スチュワートがちょっとなあ・・と思っていたんですが

私的には映画、作品としては
女性なのか
男性に良くあるわけのわからない「友情」みたいな絆が
理解できないところがあって。

なんとなくこれって小説としてものすごく成功したもので
随分と長い
二人の友情関係の凹凸をうまいこと
実在と結びつけた
長編のロードムービーならぬ長編小説だったんですよね。

となるとイマジネーションやら
彼らの気持ちやら
そのあたりはなかなか理解しにくいところも多く

感じるものも少なかったのが事実。

破天荒で正反対の人生を送るディーンに惹かれ
若いころなら憧れる
セクシーで甘美な世界へ
楽しくて笑いがとまらない
そのときだけ楽しい世界のパートナーとして
旅をしたり
女性を共有したりしなかったり。

結局のところ
根本にもっているところが
違うから
ラストではお互い受け入れたいけれど
受け入れられない。

赤痢になってるサルをそのままメキシコに
置いたまま帰ってしまうディーン。
路上生活者のようになってしまったディーンを
最後、見捨てたサル。

結局、ここでも生まれや育ちが最後には出ちゃうんだなあと。
破天荒に生きて
その場だけ楽しい、笑いがとまらないのは
ほんの一瞬だけ。
育ちが違いすぎるから
楽しくて求め合ったけど十分、人生楽しんじゃない?ってね。

きっと小説ではそんな心理描写の機微を
丁寧に
そして多くの男性が若いころに感じた共感が
多く含まれたんだろうな。
正反対であるからこそ
必ず二人のどちらかに自分と重ね合うことができるんだろうな、と。

そして私的に問題のクリステン・スチュワート。

これがね。
彼女が今回、とても良かった!

今まで顔も可愛くないし
なんだか魅力もお姫様?もてもての女?なんか違うよ、この子。って
ずっと違和感があったのね。

今回の「オンザ・ロード」で今までのお嬢様役から脱却。
相当、ビッチな女演じてるし、
ヌードもセックスシーンもみせてるし
随分と頑張ってる。

そのすれたかんじが、
若いからできるすっぴんでのスクリーン画面とか
なんとなくあのディーンがひかれちゃうのがわかる女っぽさも
うまくて。
とてもよかった。

もう年齢からしてもお姫様役は無理だろうから
いろんな役をどんどんやってほしいわ。

というわけでクリステン・スチュワートの私、可愛いと思わないーという宣言は撤回。
よい女優さんになってきてました。

声が良かったなんて思ったことがなかったけど
声が可愛かった。


★★★☆☆


他の女優さんもよかった。
キルステン・ダンスト、エイミー・アダムス 。
若かったらクリステンの役はきっとキルステン・ダンストが似合いそう、なんて
思ったりした。

そしてヴィゴ・モーテンセン もでていて豪華すぎるキャストに驚き!

マン・オブ・スティール

2013年09月01日(日) 21時06分
解説: クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション大作。過酷な運命を受け入れ、ヒーローとして生きることを決意する主人公の苦難の日々を驚異のアクションと共に描き出す。『シャドー・チェイサー』などのヘンリー・カヴィルが主人公を熱演。悩んだり傷ついたりしながらも前進する主人公の姿が目に焼き付く。
シネマトゥデイ(外部リンク)

あらすじ: ジョー・エル(ラッセル・クロウ)は、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船に乗せて地球へと送り出す。その後クラーク(ヘンリー・カヴィル)は、偶然宇宙船を発見した父(ケヴィン・コスナー)と母(ダイアン・レイン)に大事に育てられる。そして成長した彼は、クリプトン星の生き残りのゾッド将軍と対峙(たいじ)することになり……。

クリストファー・ノーラン×バットマン。
私の中では名作に入れてる作品のシリーズ。

同じヒーローものでクリストファー・ノーランがからんだ
スーパーマン。
これを観ずにいられるかってなわけで行ってきました。

これこそ3Dだったほうがよかったのか?というぐらい
スーパーマンのスピード感、疾走感が迫力もあって
お金もかかってますねー。
でもCGも今は使えちゃうからどうなんだろ?どこまでがセットで
どこまでがCGなの?とか思いながら
物語は進みます。

序盤はスーパーマンの誕生(まさしく生誕から)とその両親、
その後、育てられた生い立ちなども
丁寧過ぎるぐらい描かていて

すぐさまあのスーパーマンが登場してほしい!とせっかちな私は
わくわくしながら鑑賞していたので
そんな意味では
序盤は遺伝子の父親と育ての父親の関係に
ほろっとしながらも(ケビン・コスナー良い味出しています。
ずっとこれといった作品に数年出てませんでしたが
やっと方向性を見出した感じですね。
別の予告でも良い感じで登場してました)
育ての父親(ラッセルクロウ。序盤はラッセル・クロウの主役並み。
おなかはへっこんでいた安心したw)とも母親との関係も

まあまっすぐ育っただけに
落ちた環境もスーパーマンになるべくカルは恵まれていたわけなんだよね。
そのあたりも映画っていう。

とにかく大迫力のこのスーパーマン。
もう昔のスーパーマンのイメージをいろんな意味で払しょくして
まさに現代のスーパーマンだからスーパーマンなのだ!!ってなぐらい
ものすごく強い。

想像以上の迫力とストーリー展開に
(今回は、明らかに序章てきな印象はありつつも・・)
楽しめると思います。

が、しかし・・。

私の納得いかないのはヒロインなんですが。

なんで年齢いってるエイミー・アダムスなわけ?
彼女自身は私は嫌いではありませんが
今後、長いシリーズになるなら
ヒロインとしてはちょっと年齢が行き過ぎてる感じ。
私とあんま変わんないもんね・・。残念。

あんまり若くてきゃぴきゃぴだと
キャリアウーマンのイメージも
いろいろなことを一気に理解できる知性も母性も
持ち合わせてないっていうのも一理あるけど・・

ヒーローものですから
男女ともに納得するような
スーパーマンが恋に落ちてしまうような
そんな迫力美人を期待してたんだけど。。

なんで彼女になったんだろうね?
もっとハリウッドいるだろうにと思うのだが。

そこだけが大いに不満でしたが
これからのシリーズに期待。

あ、でもヒロインは エイミーか・・。



★★★★☆