オーシャンズ12

2005年01月29日(土) 11時19分
オーシャンズ12行ってきました。

前作オーシャンズ11はなかなか縁がなくて(まず飛行機の中で見逃し、映画館で見逃し、レンタルして返却日まで見れず・・で、WOWWOWか映画チャンネルで観たのかな〜)

とにかくキャストがすごい豪華、豪華、超豪華〜
もう、前作で儲かったのがわかります。

で、感想ですが・・
前回の11を無理矢理12に引き継いで無理矢理、泥棒してます。
この無理矢理を解消するためにあの手この手を講じて、観ている側をあきさせない努力をしてます。

あの手の1つは、この豪華キャスト、私の大好きキャサリンゼダジョーンズ、(どうやってあの体に戻ったのか腕はどうやって鍛えてるのかブールスウィルスも出ちゃってます。

映画を観てるとさっぱり途中で話の意味がさっぱりわからないモードが続き、最後にネタばれをする趣向なんですが、そのわけのわからないモードが実にストレスになりました。
最後のネタばれがもっと中身の濃いものならいいのですが、こんなにわけわかんなかったのにな〜んだ、これだけのために〜って程度で。。

キャサリンの出番も前半はいい感じで警察官とブラピとの恋人関係をうまく絡ませているのですが、後半、前半を一気に、払拭してしまった、結末。
結末は決まっていた、という感じではあるけれど、結びつける経緯に無理があります。

評価は・・いつの間にやらネバーランドで5点満点に戻ってしまってましたがやはり7点満点がつけやすいので、7点満点で・・

.5(3.5)

ネバーランド

2005年01月26日(水) 17時40分
実は予告どおり先週の金曜日に観にいったのですが体調不良でアップできませんでした

時間が短い(1時間40分)わりには内容に無理がありすぎるな、という感想です
それだったらあと数十分でも良いから内容をつきつめてもっと納得のいく仕上げにしてほしかったような感じですね。

現実にバリ(ピーターパンの原作者)の実在の話として映画化したわけですが、もしもこれが本当ならちょっと問題ありですよ私生活
・・・と書いてあるほど荒んでいるものではないのですが、既婚者の私としては少し納得できませんでした。
「やっぱそうだったんかー」って感じで。
これ以上書くとネタばれになってしまいますので、やめときます。

感想を持ってJディップファンと話したところ、やはり実在の人物の親族から苦情が来たようです。
ピーター少年の子の足がものすごく長いのは必見です。
それから最近狭い環境下での映画を見ることが多かったので、イギリスの公園や庭園は他にはない安らぎをもらえます。

評価は・・
.5(5点満点)

族長の秋 ガルシアマルケス

2005年01月19日(水) 21時29分
やっと、ついに、ガルシアマルケス族長の秋が終了しました。
文庫で300ページぐらいのものなのですが、上から下までびっしり文字が入り、しかも内容もかなり私には難しく途中で断念しようかと思ったぐらいです。

評価 .5(5点満点)

普通よりちょっとだけ良いにしておきました。
ガルシアマルケスは今回で2冊目。
ノーベル文学賞を受賞し、あまりにも有名な百年の孤独を昨年末読破し、あまりの面白さにガルシアマルケスのこちらに着手といった感じです。

とにかくこの訳者の鼓直さんの素晴らしい訳に圧巻です。翻訳ではいつも理解に苦しむ場合が多いのですが、ガルシアマルケスの文書趣向が巧く表現されてました。
この作品でガルシアマルケスは、7年以上もの歳月をかけて作品を完成させたこの作品。

読みながら感じたのは、常に気になる単語が、何度も何度も繰り返され、頭の中に残る手法。私が残った単語は、、「中気病みのレプラ患者」なぜか
そして、「。」を通常打つところを、話が終了するまでは、「、」で続く・・って感じ。

本の内容についての感想が全く書いてない
ある独裁者(大統領)の一生を書いた作品です。外国文学によくある私にはありえない性描写が随所随所にあります。これって外国では普通なのと素朴な疑問。
ありえないことが赤裸々に。。って実際はそっちの話ばかりではありません。
それから、「死」を迎える場面が数箇所あります。独裁者らしい制裁を加える場面も衝撃が走ります。大統領の母に対する「死」の表現も私は想像を超えてました。

とにかく外国文学に触れて得れるもの・・日本人にない感覚や発想を得れることでしょうかしかし人間ならそうしてしまうかもしれない、そう考える人もいるのだ、とすっと入り込めるところは人間が潜在的に持っているものが同じだからなのかななどと思いつつ、少し文字の多い本は当分休憩しようと思った私でした

あらすじなどは、続きを読む・・







次回の予定

2005年01月16日(日) 17時00分
多分行く予定なので書いておきます。

ジョニーディップ主演のネバーランド

感動系は苦手なんですがこれはなんとなく。
今までの系統からするとなんとなくわかるでしょ
ジョニーディップ、最近、頑張ってるし。

TAXY in NY

2005年01月14日(金) 18時24分
やっと映画にというかかなり無理して映画に行ってきました
2本観る予定がやはり1本が時間的に限界だったので本日は「TAXY in NY

このシリーズは3作目でしたよね
実は今回このシリーズ、はじめてみました
これを観る前に前シリーズを観てからと思ったのですが、評判で、同じことの繰り返しのようなことが言われていたので、いきなり3作目から。

とにかくこれもスカッとする映画ですね
カーチェイスは映画館の大スクリーンならではの臨場感
あれを味わうなら絶対映画館で見ないと

話の内容や結末はだいたい見えているのですが、その間にあるカーチェイスとギャグを楽しんで〜っていう感じなんでしょう。
カーチェイスは良かったけど、ギャグはちょっと、私は苦手というかつぼに入りませんでした

映画館を出てから車の速度がやけに遅く感じてしまいました。
これもスカッとしたい人にお勧めです
あとはアメリカ映画好きの方にもお勧めかな
それから前シリーズを観てない人なら楽しめる、という説はわりと当たっているのかしら

評価は@コスメと同様で本日より7最高

お勧め度
観に行くなら誰と
1人でも、友達でも彼氏、彼女誰と一緒でもOKと思う
ただし、車で映画に行くのはちょっとお勧めできないかも。帰りが心配

2005年01月08日(土) 12時36分
本については全く書いてないですね
今読んでいるのがガルシア・マルケス族長の秋

ガルシアマルケスで検索をかけるとバックが出てきてびっくり
(トラックバックしようとしたんですが・・)
多分、この作家からブランド名をとったのかな??なんて。違ってたらごめんなさい。

ガルシアマルケスは昨年の終わりぐらいに「百年の孤独」を読んで大変良かったため、続けてガルシアマルケスからはじめました。
どの批評にもあるとおり、やはり「百年の孤独」には今の段階では劣ります。

次回の予定

2005年01月08日(土) 12時28分
観たい映画が冬休み期間中ほとんどやらなかったためなかなか更新できませんでした

来週よりそろそろ観たいものがぼちぼちでてくるので更新もきちんとしなきゃ

予定では「約30の嘘」と「TAXY in NY

約30の嘘」は宣伝の文句で観る気になりました。
「1つの嘘をつくとそのために30の嘘をつかないといけない」
感想はまたここで〜

ターミナル

2005年01月02日(日) 21時02分
「カンフーハッスル」と同じ日に観ました。

賛否両論あるようですが、私はわりと好き。
何も考えずに楽しめます。

キャサリン・ゼダ・ジョーンズがとても好きということもあるけれど彼女のキュートな部分が思いきり出てました。
でも、彼女がらみのオチがちょっと残念だったかな?!

実話を元に・・で実話の人がTVなどで観てしまったことが逆に映画の中のドラマティックを壊してしまったように思います。
スピルバーグの「キャッチミーイフユーキャン」も実在の人物でしたよね。
こっちの実在の人物は素敵だったのでよかったんだけど・・

掃除夫の脇役の老人(名前が思い出せない)良かったかな?!

おすすめ度:
恋愛度:

http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=320268

カンフーハッスル

2005年01月01日(土) 21時20分
本日一日は、映画の日!
時間もあるし映画を2本観ました。
まずはカンフーハッスル

前回の少林サッカー大大大好きで今回も楽しみにしてました
だいたい2作目ってよくない場合が多いので、そういう意味であまり期待せずに行ってきました

う〜ん・・
これは好き嫌いわかれると思います。
旦那はカンフー映画大好きで、それこそジャッキーチェンのカンフーなんてDVDも購入するほど

観ていてスカーっとする映画かな?!
ストレスを発散何も考えずにすっきりしたい人におすすめです。
特に仕事で疲れている人には良いのでしょうか??!

今回の私の感想としては「やりすぎ」という感じ。(最近、「やりすぎ」が映画、多いです

話の内容自体はほとんどなくて、CGを使ってかなり派手なカンフーをやってくれたけど、少林サッカーのようなクスクス笑える面白さなどは私には感じませんでした。
子供づれもいたのですが、最初の部分など子供に見せて良いのか?というバイオレンスな部分があり、PG12ぐらいにしても良いと思いました。

少しだけ恋愛な部分が入っていて、好きなシーンが一つだけあります。

うちの旦那さんを含め男性はかなり楽しんでいるようで、私の左隣の人はかなり笑ってました
うちの旦那さんの評価はかなり高いようですが・・私としては、少林サッカーの良さを求めて期待したので少し残念だったかな

おすすめ度
恋愛度