ヤング・アダルト・ニューヨーク

2016年07月27日(水) 21時23分
解説:ブルックリンを舞台にしたラブコメディー。自分たちがまだ若いと思っている40代、成功をつかもうと奮闘中の20代と、世代の違うカップル2組の出会いを映す。監督は『フランシス・ハ』などのノア・バームバック。『LIFE!/ライフ』などのベン・スティラー、『インポッシブル』などのナオミ・ワッツ、テレビドラマ「GIRLS/ガールズ」シリーズなどのアダム・ドライヴァー、『親愛なるきみへ』などのアマンダ・サイフリッドらが共演。俳優陣が織り成すストーリーに注目。 シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ:ドキュメンタリー映画の監督であるジョシュ(ベン・スティラー)と、コーネリア(ナオミ・ワッツ)は40代の夫婦。まだまだ自分たちは若いと考えているが、ジョシュにはここ8年完成させた新作がなく、人生や夫婦の関係から輝きが消えてしまったと感じていた。そんな中、ジェイミー(アダム・ドライヴァー)とダービー(アマンダ・サイフリッド)という20代のカップルと出会う。レコードやタイプライターといったレトロなグッズや文化を愛する彼らの姿に、ジョシュたちは刺激され……。 シネマトゥデイ (外部リンク)

出演者は最高に良いです。
ベン・スティラー、ナオミ・ワッツ、アマンダ・サイフリッド・・。

ウッディアレンのような作品を期待してましたが
まずはタイトルがださすぎる・・
現代の若者と中高年のカップルの話ですが
中高年はまさに私と同じ世代。
私は若者に刺激を求めるタイプではないし
仕事柄特に子供っぽさにうんざりして
悩みを聞くと大人で良かったと思うものです(笑)

野心家の若者にジェイミーに中年になってしまった
ジョシュは彼の無謀さや才能に惹かれることで
自分の持ってるものを共有しようとまんまと
若者の野心にひっかかり・・そんな話。
誰でも刺激を求めること懐かしむことはあるけど
利用されまくりでは大人もやりきれないし
そんなストレスをかかえたまま
ラストまで。

ラストの養子選択はがっかりかな。
夫婦二人で何か違う何かを
若いより楽しいぜ!人生!って終わってほしかったかな。

私はどちらかというと
若さの肉体はものすごーーくうらやましいけど
今の人生ので培った
人脈、スキル、考え、その他もろもろ
生きてて今の方が体力ないしスタイルも女性としても
劣ってしまったけど
やはり20代より今が楽しいかな。
そんな充実した気持ちを
良い俳優、女優を使ってるんだからこそ
表現してほしかったかなあ・・。

結局子育てが人生の最良、というような結果だったのかなあとかね・・。


★★★☆☆