帰ってきたヒトラー

2016年06月29日(水) 21時40分
解説:ティムール・ヴェルメシュのベストセラー小説を実写化したコメディードラマ。独裁者アドルフ・ヒトラーが突如として現代に出現し、奇想天外かつ恐ろしい騒動を引き起こす。舞台を中心に活躍するオリヴァー・マスッチがヒトラーを演じ、「トレジャー・ハンターズ アインシュタインの秘宝を追え!」などのファビアン・ブッシュや『ビッケと神々の秘宝』などのクリストフ・マリア・ヘルプストらが脇を固める。21世紀の民衆が、知らず知らずのうちにヒトラーに扇動されていくさまに注目。 シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ:ナチス・ドイツを率いて世界を震撼(しんかん)させた独裁者アドルフ・ヒトラー(オリヴァー・マスッチ)が、現代によみがえる。非常識なものまね芸人かコスプレ男だと人々に勘違いされる中、クビになった局への復帰をもくろむテレビマンにスカウトされてテレビに出演する。何かに取りつかれたような気迫に満ちた演説を繰り出す彼を、視聴者はヒトラー芸人としてもてはやす。戦争を体験した一人の老女が本物のヒトラーだと気付くが……。 シネマトゥデイ (外部リンク)

面白かったですねー。
最近では映画的にもうナチやヒトラーはいいだろ、ってところもありますが
この作品では自虐のように「もうナチネタは・・」と言ってるところなんかも
作り手の先手先手の読みやシニカルさに脱帽します。

前半はヒトラーが現代に降り
現代に奮闘するヒトラーがいますが
このあたりはコメディタッチに笑える要素で作られています。
あのヒトラーが21世紀で何に感動し、何に興味を示し
何に激怒するのか、そんなところも楽しめますが

犬を殺す以外にももうちょっとこの人、あるでしょうよと思いましたけどね。
それだとストーリーが続きませんから。

前半にあのヒトラーが間抜けすぎて笑えますが
実際はドイツにはびこる政治的問題にヒトラーがもしもいたら?そんな
見えない問いかけも多く含まれ

ドイツでは難民問題が目下の問題ですが
日本と変わらぬ貧困やらそのあたりもクローズされ
こんなときにアメリカの次期大統領候補となってるあの方の
饒舌で強いリーダーシップを求めやがてや
ヒトラーのような独裁者が生まれる
危うい構図も見え隠れします。

コメディタッチにしつつも
風刺映画としては最高にうまく作られていますし

痴ほうの老婆が彼を見た瞬間に
何もかもを思い出す様を入れるところも
忘れてない。

ラストはこれが現実なのか、と切なくなります。
残念ながらどの国も
実はヒトラーのような「これをしたら国は良くなる」、と言い切る
独裁者を人間自体が欲してるのかと考えてしまいます。
前述したアメリカ大統領候補も然りです。

とても良くできた現代だからこそ必要と思える作品。

必見です。


★★★★☆