マネーモンスター

2016年06月22日(水) 18時38分
解説:『リトルマン・テイト』『それでも、愛してる』で、監督としても高い評価を得ているジョディ・フォスターがメガホンを取ったサスペンス。拳銃を手にした男による財テク番組占拠事件の行方と、その裏に隠された驚がくの真実を活写していく。『マイレージ、マイライフ』などのジョージ・クルーニー、『エリン・ブロコビッチ』などのジュリア・ロバーツ、『不屈の男 アンブロークン』などのジャック・オコンネルらが顔をそろえる。彼らが織り成す濃密なストーリー展開が観る人を引き付ける。 シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ:リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)が司会を務め、その巧みな話術で株価予想や視聴者への助言を行う高視聴率財テク番組「マネーモンスター」。番組ディレクターのパティ(ジュリア・ロバーツ)の指示を聞かず、アドリブ全開でリーが生放送に臨む中、拳銃を手にした男カイル(ジャック・オコンネル)がスタジオに乱入してくる。彼は番組の株式情報によって財産を全て失くしたと憤慨し、リーを人質に番組をジャック。さらに放送中に自分を陥れた株取引のからくりを白日のもとにさらすようパティに迫るが……。 シネマトゥデイ (外部リンク)

人気者が監督、主演しているこの作品。
あまり期待していなかったのですが
展開も早く楽しめました。
犯人の気持ちやら動機などが気になるとちょっとそこは違うかも。

映画を知り尽くしたJフォスターが
女性監督らしい
男の情けなさをこれでもかってぐらい女性目線で描いてるのがいいですね。
すべて男の情けなさがこの作品の面白さを作っていて
Jロバーツはひたすらかっこいい。

Jクルーニーも犯人も そして株取引のからくりを仕組んだCEOも
金があってもなくてもくだらなくて
これを陳腐な猿芝居といってしまえばそれまでだけど

私はサスペンスタッチな展開も好きだし
きっとラストはこうなるかな、と思った予想通りなところも良かったです。

★★★☆☆(3.5)