ワン チャンス

2014年03月29日(土) 14時09分
解説: イギリスの人気オーディション番組での優勝をきっかけに、一夜にして携帯電話の販売員から世界的オペラ歌手となったポール・ポッツの半生を映画化。恥ずかしがりやでパッとしない容姿、不運続きの彼がオペラ歌手になるという長年の夢をかなえるまでを描く。監督は、『プラダを着た悪魔』などのデヴィッド・フランケル、主演は『人生は、時々晴れ』などのジェームズ・コーデン。ポール本人の吹き替えによる「誰も寝てはならぬ」などの名曲の数々が、奇跡のようなサクセスストーリーを彩る。
シネマトゥデイ(外部リンク)

あらすじ: 子どもの頃から典型的ないじめられっ子のポール・ポッツ(ジェームズ・コーデン)は、引っ込み思案で今ひとつな容姿のケータイ販売員。何をやってもうまくいかない彼の誰にも言えない夢は、オペラ歌手になることだった。挫折の繰り返しに自信をなくしつつも周囲の励ましに支えられながら、最後の挑戦としてオーディション番組に挑む。

こういう作品って
晴々しい気持ちでいられるの前提、
内容はわかっているけど
でもでも元気が欲しい、そんなときにもってこいの作品なのではないでしょうか。

ポール・ポッツはご存知の通り
イギリスのオーディション番組で発掘された
オペラ歌手。

安心して見れる作品ですが
その中でも
「ほんとにオペラ歌手になれるのか」とオーディションまで
ドキドキしながら楽しみました。

運が良いと言われているけれど
彼だって不幸続きの連続で
でもやはり
普通の家庭に育っているのに
オペラマニアは珍しいし変わっているい男の子だったんだろうな、と察しもつきます。

捲土重来、の映画が今の私にはすっきりする。

だって現実にはそんなことできないのがほとんど。
映画のようには行かない。

現実の話です、じゃなきゃこの作品も誰も見ないよね。
やはり現実は厳しい。
でも、夢をみたって苦労したってバカにしたって

もしかしたら夢がかなうかもしれないワンチャンス、あるかもしれない。

そんな元気と希望をくれた映画でした。



★★★★☆

ありきたりだけどこういうのに弱いわ・・
彼がラストで歌ったときは思わず涙。