パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉

2011年05月27日(金) 19時26分
解説: 自由奔放な海賊キャプテン・ジャック・スパロウをジョニー・デップが演じる人気シリーズ第4弾となるアクション・アドベンチャー大作。永遠の命をもたらす伝説の泉をめぐり、ジョニー・デップ演じるジャックが新たな冒険を繰り広げる。『シカゴ』『NINE』などのロブ・マーシャルが監督としてシリーズに初参加。ジャックのかつての恋人である女海賊を、『それでも恋するバルセロナ』のペネロペ・クルスが演じる。臨場感あふれる映像による大海原やアクションシーンの迫力に、度肝を抜かれること必至だ。
シネマトゥデイ(外部リンク)

あらすじ: 美しい女海賊アンジェリカ(ペネロペ・クルス)と再会したジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)。しかしジャックは、アンジェリカが不死の泉を見つけ出すために自分に近づいたのではないかと疑いを抱く。アンジェリカと史上最強の敵である黒ひげ(イアン・マクシェーン)と共にリベンジ号で船出したジャックだったが、そこには予想だにしない冒険が待っていた。
シネマトゥデイ(外部リンク

ジョニーもペネロペも大好きな私。
疲れ切った体を引きずり行ってきました。

相変わらずどの劇場も3Dが多くて
職場帰りに行ける映画館が2Dもやってることを知り
2Dで鑑賞。

今回もやはりお金がかかっています。
ものすごいセットです。
ストーリーも前回はわかりにくかった記憶がありましたが
今回はわかりやすかったと思います。

・・・って思ってるほど感想もないんですよね。
ハリウッド映画なので
お金のかかってるところとはらはらドキドキの展開、
そして大スターが画面に登場してうっとり。
さらに人気のシリーズということで
そこそこの楽しみは得られるし
話も前回ほどわかりにくくなかった。

ストーリーがどうとかそんなわけではないけど
お金を払っても価値のある
お金のかかった作品。


★★★☆☆

もちろんエンドロールが終わるまで席を立ってはいけません。
ちょこっとだけですが
毎回恒例のエンドロール後のサービスあり。

そして今回、日本人がキャストに入っていたので
旅するシーンではついつい探してしまいました。

ペネロペちゃんは可愛いし
ジョニーのジャックスパロウも相変わらずで
大好きなキースもちょこっとだけ出てきて
大満足の娯楽作品でした。

全然、感想になっていないような・・・