ブラック・スワン

2011年05月14日(土) 22時04分
解説: 『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と、『スター・ウォーズ』シリーズのナタリー・ポートマンがタッグを組んだ心理スリラー。内気なバレリーナが大役に抜てきされたプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩していく様子を描く。芸術監督を演じるのは、フランスを代表する俳優ヴァンサン・カッセル。主人公のライバルを、『マックス・ペイン』のミラ・クニスが熱演する。プロ顔負けのダンスシーン同様、緻密(ちみつ)な心理描写に驚嘆する。
シネマトゥデイ(外部リンク)

あらすじ: ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウィノナ・ライダー)を降板させ、新しい振り付けで新シーズンの「白鳥の湖」公演を行うことを決定する。そしてニナが次のプリマ・バレリーナに抜てきされるが、気品あふれる白鳥は心配ないものの、狡猾(こうかつ)で官能的な黒鳥を演じることに不安があり……。

話題の作品、行ってきました!
周囲でも観たい!という女性の声多し。
ナタリー・ポートマンが主演女優賞を獲り
この映画で出会ったバレーダンサーとのお子さんも
妊娠中のナタリー。
幸せの絶頂の彼女です。

ナタリー・ポートマンの演技はやはりすごかったですね。
バレリーナの役ですが
女優という職業も役に入り込み過ぎて
しまうこともあったりするんじゃないかなーなんて
観てて思いました。
そんな意味ではバレーとはいえ演技というところでは
女優もバレリーナも同じなんだろうな、
だからニナの葛藤もわかったのかもしれない、なんて。

にしても、なかなか痛々しい作品で・・
傷やらとげを抜くシーンやらいたたたっ・・と
思わず目をそむけるシーンが数々と・・。

そして相変わらず脱ぎたかりのナタリー・ポートマンだけど
ぎりぎりしか見せないナタリー・ポートマン。

2役を葛藤しながら
ラストにひっぱり
その二面性をバレーで表現したナタリー・ポートマンは
やはり主演女優賞にふさわしかった。
ただ作品全体はナタリー・ポートマンの演技で最後までひっぱるだけの
作品で彼女の演技があってこそのもの。
そう思って鑑賞するとなかなか見ごたえのあるものになるのでは
ないでしょうか。


★★★☆(3.5)

監督は「レスラー」と「ザ・ファイター」を監督している人だったんですね。
スポーツものでかつ
役者の演技を際立たせるすごい人なんだな。
アカデミー賞を狙う俳優たちはこぞってこの人の作品に出たかるかも
しれない。

そしてそして
ウィノナ・ライダー。
役柄が・・なんとも彼女そのものだったので
なんとなく気の毒な感じが・・。
彼女も「恋をしたシェイクスピア」を親友だったグヴィネスにとられなければ
アカデミー主演女優賞をとって、
ブラックスワンを演じていたかもしれない?

魅力のある女優さんだし
人生もいろいろあっただろうから
もっと活躍してほしいな、とこっそり思う私なのでした。