地上5センチの恋心

2008年12月25日(木) 20時08分
解説: 『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』の原作者エリック・エマニュエル・シュミットが初監督した大人向けラブ・コメディー。平凡な主婦に訪れる夢のような出来事を小粋にみせる。前向きな主人公を演じるのは『女はみんな生きている』のカトリーヌ・フロ。彼女のあこがれの小説家を『ロング・エンゲージメント』の名優アルベール・デュポンテルが演じている。ある女性の“慎み深さ”が起こす小さな奇跡に息をのむ。(シネマトゥデイ)
あらすじ: 10年前に夫を亡くしたオデット(カトリーヌ・フロ)は、女手一つで息子(ファブリス・ミュルジア)と娘(ニナ・ドレック)を育ててきた。昼間は百貨店勤務、夜は羽飾りの内職で忙しい彼女の唯一の楽しみは大ファンの作家バルタザール(アルベール・デュポンテル)の小説を読むこと。ある日、彼女はあこがれの作家のサイン会に出かけるが……。(シネマトゥデイ)

最近、DVD鑑賞はほとんど感想を書いていなかったし、あまり観てなかったというのもあったんですが、久しぶりにDVD鑑賞の感想を書くことにしました。
というのは、とても私の好きな作品に出会えたからです。

それが、こちらの作品、地上5センチの恋心。

主役はなんと20歳を超える子供が二人もいる40代後半-50代の女性。
この女性が主人公のラブストーリーですよ。
まずあんまり観たくないと思いますよね。最近で言うと最後の初恋みたいに。

この作品は、とにかくこの主人公のオデットが魅力的に描かれていて、あまり観たくもない(失礼)50代になろうかという女性の恋愛なのに楽しく美しく、そしてかわいらしい仕上がりとなっています。
こんな女性、どんな男の人もきっと好きになるし、結婚したいと願うに違いないと思うのです。

だってね、愛する夫は10年前に死んで、息子はゲイで、娘は無職。しかもわけのわからない男と付き合っていてそいつもなぜかこの家に同居。
百貨店で販売員をしながら夜は羽作りの内職。
うんざりしそうな私生活だけれど、彼女はそれを楽しく幸せに感じながら生活し、不幸も不幸だと思わずに笑い飛ばしてしまう魅力がある。
それがわざとらしくないし、素直に女性の私から観ても受け入れられる。

劇場で観る時間がなかったことを本当に悔やみましたが、DVDで年内中に観れて良かったかも!

大好きな映画がまたできました。

★★★★★