トゥモローワールド

2006年12月16日(土) 14時50分
解説: 人類に子どもが生まれなくなってしまった西暦2027年を舞台にしたアクション・エンターテインメント超大作。監督を務めるのは『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のアルフォンソ・キュアロン。人類存亡の危機を巡る壮絶な攻防戦を主題に、英国作家界の女王P.D.ジェイムズの大ベストセラー小説の世界をリアリスティックに演出する。クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーアら実力派豪華キャストの迫真の演技合戦も見逃せない。

西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常事態が続いており、このままでは人類絶滅の危機は免れなかった。そんな中、国家の仕事に就くテオ(クライヴ・オーウェン)が、人類存続に関係する重要な情報を握り始める。人類の未来はおろか自分の将来でさえ興味を示さないテオだったが……。 (シネマトゥデイ)

友達が前評判が悪いだけで、結構、面白いと思うということを聞いて、公開終了まであと3日というぎりぎりに行ってまいりました。
やっぱり人は、4人だけ。

想像していたよりも悪くないし、「えーなにこれー?」なんていう感じもない。
確かに悪くなかったです。
巻き込み型のロードムービー。

★★★☆☆