もしも昨日が選べたら

2006年10月22日(日) 21時50分
解説: 人生を早送りできる不思議なリモコンを手に入れた男が、時間の大切さや家族の愛について考えるファンタスティック・ドラマ。リモコンを片手に自由自在に時間旅行を繰り広げる主人公を演じるのは『50回目のファースト・キス』のアダム・サンドラー。その妻を『アンダーワールド』のケイト・ベッキンセールが演じる。味わい深い人間ドラマだけでなく、特殊メイクを駆使した主演2人の老け顔にも注目。

仕事優先で家族を顧みない建築士のマイケル(アダム・サンドラー)は、スーパーの怪しげな店員モーティ(クリストファー・ウォーケン)から人生を操作できるリモコンを与えられる。早速使い始めたマイケルはペットの吠え声を消音したり、妻ドナ(ケイト・ベッキンセール)との口論を早送りしたりと、面倒なことをすべて回避しようとする。 (シネマトゥデイ)

画像と文章はyahooよりお借りしております。

当初、アダムサンドラーが出るということで、軽いコメディかな、なんて思っていました。
ま、アメリカンジョークもかなり頻繁に出てて、「ここ、笑うとこ?」みたいなところもあったんですが、単なるコメディというよりもコメディタッチの人生ドラマというほうが正しいかもしれません。

テーマに染み入るものは非常に大きく、映画、全体でそのメッセージを訴えているような感じです。

ブラックダリアが★3つでしたので、そうなるとこの映画には★★★★☆ぐらいにしてあげないといけないかな?