愛をつづる詩

2006年09月30日(土) 22時40分
解説: 『タンゴ・レッスン』や『耳に残るは君の歌声』の、サリー・ポッター監督による愛の叙情詩。愛し合いながらも、決して相容れない2人の男女の葛藤(かっとう)という不変のテーマを、詩的で美しい言葉でつづる。西洋人の“彼女”を演じたのは『きみに読む物語』のジョアン・アレン。情熱的なアラブ系の恋人役には『アララトの聖母』のサイモン・アブカリアン。9.11事件以降の世界に生きる者すべてに愛することの意義を問う秀作。

ストーリー: 北アイルランド出身の“彼女”(ジョアン・アレン)の結婚は破綻していた。彼女はレバノン人の“彼”(サイモン・アブカリアン)と激しい恋に落ちるが、彼が不当に解雇されたことから2人の関係は悪化する。

画像と文章はyahooよりお借りいたしました。

これ、もともとの題名は”Yes"ということです。
作りとしては結構、メイドさんがカメラに語り口調で始まり、わりとコメディタッチなのかと思いきや、そうでもないような・・

またもや、偶然か必然かこの日に一緒に観た別の映画もイスラム教と9・11についてを描いている映画でした。

まあストーリーとしてはそれなりにできてる感じもしますが・・