カンナさん大成功です!

2007年12月28日(金) 13時03分
解説: 鈴木由美子の同名コミックを映画化し、韓国のアカデミー賞“大鐘賞”で最多12部門ノミネートを成し遂げたラブコメディー。身長169センチ、体重95キロのヒロインが、全身整形で美貌(びぼう)を手に入れ、スター歌手としてサクセスしていく。監督は『オー!ブラザーズ』のキム・ヨンファ。主人公のカンナを本作で大鐘賞主演女優賞を受賞したキム・アジュンが演じる。自分自身と向き合えないヒロインの葛藤(かっとう)をコミカルに描き、誰もが笑って泣ける感動作に仕上がっている。(シネマトゥデイ)

あらすじ: 身長169センチ、体重95キロのカンナ(キム・アジュン)は、美声を生かして音楽業界に入ったものの、舞台裏でスター歌手の声を当てる日々。ある日、思いを寄せるプロデューサー、サンジュン(チュ・ジンモ)が「カンナには才能はあっても美ぼうがない」と言っているのを耳にしたカンナは、美ぼうを手に入れるために大手術を決意する。(シネマトゥデイ)

今年最後の映画に行ってきました。
この題名、聞いたことがあるなと思ったら、鈴木由美子氏の漫画が原作なんですね。
ここ数年、韓国への日本文化解禁により、思わぬものが映画になったりして面白いです。
日本では、映画なんてありえないけど、韓国のからの視点からすると「これは映画でいける!!」ということで作品かしてるんだろうな。と思います。
それでもって映画化したものもそれなりに良かったりして。

さて、この映画ですが、鈴木由美子さんの漫画はある意味ギャグちっくなものがメインで、その笑いは、女の本音と建前みたいなところ。

というわけで、この作品も鈴木由美子さんの漫画らしい?コミカルな笑いを誘いつつ、セリフで、思いっきりずっしりくることを言ってます。

評価としては、非常に難しくて、まあ、話としては普通。
でも、女だからかな?どうにもずっしりと胸にくる切なさとかやるせなさとか想いとかそんなものがずっしりくるところもあって、涙してしまったシーンもありました。

★★★☆☆

とはいいつつも、すべてにおいて、賛成できるわけではなかったので、まあ、普通にしとこう。
韓国では整形は当たり前のように言われているのに全身整形への思いなんかを聞くと、だからこそ韓国で映画化されたのではないかな、と思います。

あ、ちなみにここに出演しているチュ・ジンモはキムタクそっくりでした。
かっこいい。
キムタクは嫌いなんだけど(好きな人ごめん。だって、全部、演技一緒なんだもん)チュ・ジンモはこれから期待かな。

チャーリーとパパの飛行機

2007年12月06日(木) 9時06分
解説: 大好きな父の死に直面した少年チャーリーが、父からの最後のプレゼントとともに奇跡を巻き起こす感動のファンタジー。ベルギーのバンド・デシネ(コミック)の人気シリーズを基に、少年が父の死を受け入れるまでの喪失と冒険を描く。監督は『ロベルト・スッコ』のセドリック・カーン。心温まるストーリーと、最も難航を極めたチャーリー少年役を演じた、ロメオ・ボツァリスの愛くるしい瞳と大人顔負けの繊細(せんさい)な演技に注目。(シネマトゥデイ)
あらすじ: パパ(ヴァンサン・ランドン)からのクリスマスプレゼントを楽しみにしていたチャーリー(ロメオ・ボツァリス)だが、期待していた自転車ではなく、手作りの白い模型飛行機をプレゼントされてがっかりする。そんな中、パパが突然の事故で死んでしまい、ママ(イザベル・カレ)とチャーリーは途方に暮れる。(シネマトゥデイ)

★★★☆☆

とてもファンタスティックなストーリーで、チャーリーの愛くるしい顔が印象的です。
ストーリーは、先にも書いたとおりファンタスティックで、ありえないようなあり得るような話。

私としては、近所の女の子、メルセデスの破天荒な感じが気に入りました。
他は、ファンタジー、ファンタジーと割り切って観ると楽しめるかも。

父親の死をなかなか受け入れられない母と子がどんな風に父親の死を受け入れこれから生きていくのか。。
少しテーマとしては暗いけど観終わった後、爽快な気持ちになる作品でした。

映画ではチャーリーじゃなくて、シェリーと言ってる気がしたんですが??
違ったかな?

いのちの食べかた

2007年12月05日(水) 19時57分
解説: 誰もが毎日のように食べている肉や野菜が食卓に並ぶまでの過程を追い、世界中の映画祭で大反響を呼んだドキュメンタリー。現代社会の食を支えるべく、大規模な機械化によって生産・管理される食料生産の現場の実態に迫る。監督は、ドキュメンタリーを中心に活躍するオーストリア出身のニコラウス・ゲイハルター。効率を徹底して追求し機械化された農業や、淡々と映し出される食肉処理の光景に、あらためて食や生きることの意味を考えさせられる。(シネマトゥデイ)
あらすじ: 誰もが毎日のように食べている大量の食品は、どのような過程をへて消費者の手に届くのか? 現代人の命を支えながらも、ほとんど知られていない食料生産の現場に密着。ベルトコンベヤーに注ぎ込まれるヒヨコの群れ、自動車工場のように無駄なく解体される牛など、大規模な機械化により生産・管理された現場の実態が映し出される。(シネマトゥデイ)

本当にドキュメンタリーで、解説や会話などもほとんどなく会話も字幕がないのでわかりません。
映像だけでどれだけ、いろいろなことが伝わるか・・。

映画を見ているときはあまり感じませんでしたが、家でご飯を食べているときにこれは、あんな風にああなって、こうやって生産されて私が食べているんだ、と実感しました。
日本とは違う方法とは思うけれど(たぶん、日本よりダイナミックではないかと思う)食べながら食の元を考えるようになった。
食のもと・・という視点もあるけれど、あれで、お肉や魚を食べるがなんとなく憚れた人もいたように思います。

人によっては退屈な内容かもしれませんが、いろいろなことを考えさせられたという意味ではなかなかのドキュメンタリーだと思います。

★★★☆☆

ALWAYS 続・三丁目の夕日

2007年12月02日(日) 21時01分
解説: 日本アカデミー賞ほか数多くの映画賞を総ナメにした感動の大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年に春の夕日町三丁目に住む人々の姿を描く。パワーアップしたVFX技術により東京駅、羽田空港、日本橋、また当時開通した、こだまもリアルに再現。情緒あふれる風情で物語を引き立てる。キャストは前作に引き続き吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希ら豪華な面々が勢ぞろいする。VFX技術と俳優の熱演が融合し、あらゆる世代が共感できる感動のドラマに仕上がっている。(シネマトゥデイ)

あらすじ: 昭和34年、東京オリンピックの開催が決定し、日本では高度経済成長期が始まろうとしていた。黙って去ったヒロミ(小雪)を思い続けながら淳之介(須賀健太)と暮らす茶川(吉岡秀隆)のもとに、実父が再び淳之介を連れ戻しに来た。(シネマトゥデイ)

前作がなかなか良かったし、評判もそこそこだったので行ってきました。
お金かかってるなーというのを感じましたね。
CGを駆使してということもあったりしますが、とにかくあの時代設定に合わせるために決して手を抜いていないところがこの映画をより盛りたてるんです。
この映画を見る人は、この世代に生きた人々も、もちろん観ます。
というかその世代がこの映画を見て、懐かしんだり、「あーこれあったよね」とか「車、こんな感じだった〜」と当時を懐かしんで、同じ思いに馳せることが大きなところだとも思います。

映画の内容は心あったまる、ほんわかとした内容で、つめこみすぎもあるし、こうすればいいんじゃないの?っていうのもあるけれど、そういう気持ちも一切払いのけて、「ま、こうだからこうなるんか」と文句を言いたくなくなってしまうほんわかさ。

主役級の俳優さんばかりなので、それぞれにエピソードをつけていて、少し内容をつめこみすぎてる感じもしましたが、それでもまとまりがないだとかそんなことも思わせないあったかさがよかったな、と思いました。

★★★☆☆

というわりには、★3つですが。
なかなか意見に賛成できないところも多かったりしたので。

ボビーZ

2007年11月30日(金) 20時53分
解説: 負け犬人生を送る元海兵隊員の男が、伝説の麻薬王“ボビーZ”に成り済まして麻薬捜査に協力するサスペンス・アクション。監督は『15ミニッツ』のジョン・ハーツフェルド。主人公の元海兵隊員を『南極物語』のポール・ウォーカーが、彼に捜査協力を依頼する捜査官を『マトリックス』シリーズのローレンス・フィッシュバーンが演じる。一難去ってまた一難の波乱に満ちた展開と、ポール・ウォーカーのアクション・スターぶりに注目だ。(シネマトゥデイ)
あらすじ: 長期服役中の元海兵隊員ティム(ポール・ウォーカー)は、刑務所内でも問題を起こしてばかり。そんな中、彼は麻薬取締局の捜査官(ローレンス・フィッシュバーン)から、ある麻薬捜査への協力を持ち掛けられる。それは、カリフォルニアの伝説と言われる麻薬王“ボビーZ”に成り済ますというものだった。(シネマトゥデイ)

ちょうどつなぎの時間にあったので鑑賞しました。
ストーリーも全く知らずに、この写真からアクションかな〜とか思ってたんですが、まあアクションです。
まあ、そしてB級映画。

にしても、それほど退屈でもないし、無意味な映画とは思うけど、ポールウォーカーのブルーアイズにうっとりしてしまいます。
かっこよすぎ。

そんなに退屈でもないし、ポールウォーカーがかっこいいんで、

★★★☆☆

あとは、ボビーZ扮するジェイソンルイスは、これSATCのサマンサの年下の恋人をやってたひとかな?と思ったんですが。詳しく出てないんですよね。

まあ、お暇なら。DVDで十分かも。
とにかくよくありがちなストーリーだし、何がこの映画のテーマなのかもさっぱりわからない。
けど、最後まで飽きずに観れたということはある意味すごい。

マイティ・ハート

2007年11月28日(水) 19時22分

[ 写真拡大 ] 解説: 2002年にパキスタンで取材中にテロリストに誘拐、殺害された実在のジャーナリスト、ダニエル・パールの妻が著した手記を映画化した社会派ドラマ。事件の真相、夫への愛をつづった原作に感銘を受けたブラッド・ピットが製作を務め、妊娠しながらも懸命に夫を捜す妻をアンジェリーナ・ジョリーが熱演する。監督は、『グアンタナモ、僕達が見た真実』のマイケル・ウィンターボトム。その衝撃と感動のドラマは第60回カンヌ国際映画祭で絶賛され、大きな話題を呼んだ。(シネマトゥデイ)

あらすじ: 2002年のパキスタンで、ウォールストリート・ジャーナルの記者ダニエル(ダン・ファターマン)は、妻マリアンヌ(アンジェリーナ・ジョリー)とディナーの約束をした後、ある取材に出かける。しかし、それを最後に彼との連絡は途絶えてしまう。妊娠中のマリアンヌと友人たち、地元警察などによる懸命の捜索が開始されるが……。(シネマトゥデイ)


★★★☆☆

結末もわかってる中で、どうやってストーリーを引っ張っていくか。
決して悪くはないし、ストーリーとしても成立していて最後まで目が離せない緊張感。
アンジーの演技もすごく光ってたとおもう。

ボーン・アルティメイタム

2007年11月24日(土) 8時53分
解説: 記憶を失った元CIAの暗殺者ジェイソン・ボーンが活躍する大ヒット・シリーズの第3作。今作では、ついにボーンが自らの忌まわしい過去と対峙(たいじ)し、彼の“自分探しの旅”に衝撃の結末が訪れる。主人公のボーンを演じるのは、前2作に引き続きマット・デイモン。監督は前作『ボーン・スプレマシー』のポール・グリーングラスが務めている。息をもつかせぬスリリングな展開と、3つの都市を舞台に繰り広げられる迫力のアクション・シーンが堪能できる。(シネマトゥデイ)

あらすじ: 自分を暗殺者に仕立てあげたCIAの極秘プロジェクト、“トレッドストーン計画”などに関する取材を進めていた新聞記者ロス(パディ・コンシダイン)とロンドンで接触しようとしたボーン(マット・デイモン)。しかし、CIAの現地要員に監視されていたロスは、若い暗殺者(エドガー・ラミレス)に狙撃されてしまう。(シネマトゥデイ)

うーん、予想通り、面白かった!
1.2も最近、DVDでみて、この3を待っていた甲斐がありました。
1.2を観なくても楽しめると思うけど、1.2のボーンの鬱積した気持ちや、力強さを溜めてから見るとおもしろさも倍増するように思います。

★★★★☆

この映画のすごいところって、スパイだとかCIAだとかそのあたりが絡むと私の場合だいたい、訳が分からなくなってしまうんですが、この映画は、すごい速度で話しが展開するにも関わらず、わかりやすいのです。

まあ、相変わらず、ボーンが不死身すぎてありえないだろって思うのですが、このありえなさが、映画らしくしてるつうか。

厨房で逢いましょう

2007年10月31日(水) 20時36分
解説: 曲者の天才シェフが平凡な主婦に恋をする、ちょっぴりほろ苦いラブストーリー。恋心を料理に託す純真な男と、それを食べることで愛を受け止める天真爛(てんしんらんまん)な女性の微妙な関係を優しく描き出す。孤高の料理人にふんするのは、舞台出身の演技派ヨーゼフ・オステンドルフ。その相手役をドイツで国民的人気を誇るシャルロット・ロシュが軽やかに演じる。“官能料理”こと“エロチック・キュイジーヌ”と呼ばれる創作料理の数々は一見の価値あり。

南ドイツでレストランを営むシェフのグレゴア(ヨーゼフ・オステンドルフ)は、カフェで働くエデン(シャルロット・ロシュ)と知り合う。グレゴアは彼女の娘(レオニー・シュテップ)の5歳の誕生日に、お手製のプラリネの載ったチョコレートケーキをプレゼントする。その味の虜になったエデンは、グレゴアの台所に通い始め……。 (シネマトゥデイ)


ふーっ。やっと映画にまで行けるほどの時間の余裕が嬉しいっす。
そしてその1回目として選んだのはこの映画です。

全体のストーリーとか作りとかそういう点から見たら、作品自体は悪くない。

★★★☆☆

ただ、どうしても観ていて、心がリンクできないところが多くて観ていてつらくなった。
おそらく、この監督もそういうつらい=せつない、という気持ちを味わってほしいんだとうな、とは思うけど、何せ、解せないことが多くて、疲れた。
最初の1時間で、どうしてこの女の人は、ここに通うの?
この人の料理を食べるためだけに?
図々しい。

そう、つまり、この女の人があんまり人間的に好きではないのかも。

夕凪の街 桜の国

2007年09月08日(土) 12時46分
解説: 第9回手塚治虫文化賞新生賞、平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代の同名傑作コミックを、『出口のない海』の佐々部清監督が実写映画化したヒューマンドラマ。広島原爆投下から13年後と現代に生きる2人の女性を通して、現在までに至る原爆の悲劇を描く。主演は、若手実力派女優の田中麗奈と麻生久美子。共演には中越典子、藤村志保、堺正章ら多彩な顔ぶれが集結。登場人物たちの人生や何気ない日常生活を通し、命の尊さを語りかけてくる。

昭和33年広島、皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と、自分が生き残った罪悪感に苦しんでいた。やがて、皆実に原爆症の症状が現れ始める。半世紀後、皆実の弟の旭(堺正章)は家族に黙って広島へ向い、父を心配した七波(田中麗奈)は、後を追う内に家族のルーツを見つめ直す。 (シネマトゥデイ)


戦争映画というカテゴリーの映画はあるが、広島の原爆投下にターゲットを絞った作品は珍しい。(おそらく、映像化することも難しく、再現するにはあまりにも残酷すぎるから?)

原作があるようで友達が、原作がすごく良かったというのを聞いていた。

★★★☆☆

ストーリーは・・。わかりやすく、まだまだ原爆で負ったものは癒えていない、というメッセージがはっきりと伝わってきたが、現代となる桜の国の方の配役がイマイチ。
やはり原作がしっかりしているのか、ストーリーはすごく良かったけど、まとまりが全体的になくなってしまったような印象も否めない。

というか堺正章がイマイチだった。
時代を超えての作品で、夕凪の時代の旭と桜の時代の旭のイメージが一致せず観ていて、話の統一感や入り込めるところの感情移入ができなかった。

夕凪・・の方は配役、良かったのにね。

シッコ

2007年08月31日(金) 20時17分
解説: 『ボウリング・フォー・コロンバイン』がアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門に輝き、『華氏911』でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したマイケル・ムーアの新作ドキュメンタリー。大いなる矛盾を抱えるアメリカの医療システムに、さまざまな観点からメスを入れていく。9.11同時多発テロ事件の際に活躍した消防隊員たちが治療を拒否され、今も衰弱性疾患に苦しんでいる事実を見つめるなど、ムーアらしい切り口にも注目だ。

ドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが、4700万人の無保険者だけではなく、保険料を支払っている数百人にもマイナスの影響を及ぼすアメリカの医療システムの実態を明らかにする。カナダ、イギリス、フランスを訪れ、国民全員が無料医療の恩恵を受ける国の事情を見つめながら、アメリカの混乱した医療制度を浮き彫りにしていく。 (シネマトゥデイ)


Mムーアのやりすぎで自分の考えを押し付けすぎるところに辟易してましたが、観るものがなかったので、こちらを鑑賞してみました。
Mムーアらしい揶揄した表現も多かったように思うけれど、今回のこの作品に関しては、「これでほんとにアメリカの保険制度が変わったらいいのにな」と純粋に思え、今後のMムーアを応援したくなってしまいました笑

★★★☆☆

この映画を観るとまあ、日本も制度としては負担はしているけれどまだ恵まれているのうなのかな?と思ったり。
日本の保険の素晴らしいところは、保険証を持っていれば、日本全国どこでも医療を受けることができる環境であることですが、やはり私が生まれてから保険料を考えると、今は3割負担。
随分と負担も増えたし、70歳以上ですっけ??今まで保険料が無料だったのにこの制度も廃止になりました。

私は、保険料よりも気になったのはやはり日本で一番気になるのは、保育料。
子供が少ない、生まない、と嘆いているけれど、何しろ、日本って子供を育てるのにお金がかかりすぎると思う。
経済的に生むことができないという知人もいるぐらいです。
共働きだと、奥さんの収入はすべて保育園代になってしまうぐらい馬鹿高い!
以前は専業主婦が多く、子育ても奥さんがしっかりやりなさいよ、その分、国で税金などのサービスがありましたが、今はそれもなくなり、働いては保育園代、保育園に預けないで主婦すればその分収入が減り、かつ控除がない。
もう八方塞がりなんですよね。

もう少し育てるのに良い環境だったら・・。と。
フランスの出生率が高いのも納得がいきました。

こういう不満や国民が不満に思っていることを映画にでき、かつ多くの人に観てもらえる映画があったらなと思います。

Mムーアに対する評価が私の中でちらっと上がった作品でした。