2006年 ベストムービー洋画

2006年12月30日(土) 21時15分
今年はほんとに迷いました。
これといったものが、絶対にこれはべすとむびぃぃーーと思えるような私の心にずっしりくるものもなく〜
だからといって駄作ばかりでもなく小粒だけどまあまあいいですな、みたいな。(←お前は何様だつう話だけど)
ここだけの話、今年は映画というかそっちについて趣味程度に勉強というほどでもないけれど、そっちをはじめたので、少し昨年よりは観方も変わったのかも。
違う角度で観ることができるようになってより深く映画を鑑賞できるようになった気がするけれど、素人っぽかった自分の感覚ってのも映画を観る楽しみの1つだったのかも、なんて。
と言いつつもかじった程度で何をぬかすかという話。

ガタガタ言わずに本題に入ります。

そんなわけで、昨年のように順位をつけるのは難しいので、2006年に公開されたもので良かったと思える洋画をあげてみました。

今回、まあ、一番として入れるなら、これです。

麦の穂をゆらす風過去記事

重い作品ですが、映画としてかなり良くできていると思います。
ケンローチの素晴らしさにもうただただ拍手
明日へのチケットも今年、観たんですが、これも良かったですよ。(3人の監督の短編をいくつか収録している作品。その中にケンローチの作品あり)
ケンローチ、再確認の2006年でした。


クラッシュ過去記事

観た当初は、それほど良さを実感できなかったんですが、DVDが出たので今一度、鑑賞。
なぜあのときはこの映画の良さがわからなかったのか・・という感じです。
とにかく脚本。すばらしい脚本です。あまり日本にいるとわからない人種をテーマにしていますが、それ以上に登場人物同士の絡みであるとか小道具であるとかイチイチ細かいところまで、計算しています。


ぼくを葬る(おくる)過去記事

今回のオゾンはこうきたか、と。
これは好みが分かれる作品ですが、私は、気に入っています。

2006年 ベストムービー日本映画編

2006年12月29日(金) 10時49分
今年は日本映画も非常に頑張っていた年でした。
今年は、日本映画のベスト3なんかもやろうと思って。

いつも以上に、日本映画をたくさん観る機会が多かったですね。
本数も多かったので、面白かったものもあるし、すんごいつまらなかったものもあり。

では、早速。

No3:フラガール私の過去記事

すごくわかりきってる結末なんかはだいたい想像がつくんですが、それでもやっぱり良かった。
結末までの経過が観客をひきつけます。

松雪泰子は好演でしたが、やはり蒼井優ちゃんかな。
やっぱり私は若手では一番、蒼井優ちゃんが好き。
来年も期待してます!(作品、選んでねー。お姉さんを悲しませないでー)


No.2:待合室私の過去記事

あまり上映されている映画館が少なかった作品です。
偶然にも近くで上映されていてラッキー。
とても地味な作品ですが、やっぱ富司純子ってすごいなーと。
でもきれいですよ。きれいなおばちゃんの役ではないのに。
寺島しのぶが富司純子の若い頃の役というのも珍しい設定ですよね。
私の考えている日本映画らしい日本映画。
こういう地味だけど自分の中に考えることを思い出させてくれる作品こそ日本人監督に作ってもらいたい。

やはり日本人だからこそこう考えるってのがあるもの。
この題材からしたら海外だったらほぼない題材。
やっぱり生死や悟りになると宗教がどうしてもはずせない。
日本人だからこそこの映画が成立したと思います。

実に普通のNO1は、一応もったいぶって追記しよう(笑)