ベストムービー2013

2013年12月31日(火) 15時07分
ギャーー今年は大みそかになってのベストムービー。
今年は驚くほど少なく67本!

その割にはセレクト勝ち?
なかなかベストを絞るのが難しく今でも順位をつけるのが難しいわ・・。
というか今年の冬のものって記憶が曖昧になりつつあり
DVD見直したい気分だったりします。

邦画を今年はほとんど観ませんでした。
どうもね。食指をそそられるものがなく・・。

今回もベスト5と少なめにしてますが、
他に考えていたのが

「危険なプロット」「嘆きのピエタ」かな。
「嘆き・・」はちょっと弱いんだけどね。

個人的に好きだったのが

「あの頃君を追いかけた」



初恋もの大好きな私にはたまらん、って感じで。
これは好みがわかれるけど
こんな気持ちには二度と戻れないけど
自分もこんな気持ち持ってたんだよな・・って思えるのが好き。


ベスト5 ゼロ・ダーク・サーティー



特に補足することはありませんが、911の新しい切り口と
ビンラディン。
緊迫した空気も素晴らしく。

同じく

ベスト5 LA ギャングストーリー



結構、今になると何も残らないっちゃ残らない作品だけど
なんかおもしろかったなーという記憶があって。
ライアン・ゴズリングにこの作品ですっかり虜に。

ベスト4 きっとうまいく



うまくいきすぎ。
でも人生うまくいかないから映画ぐらいはうまくいきたい。
インド映画らしい乱痴気騒ぎもありで
なんとなく学生生活を思い出したりして
私の映画好き友人のベスト1でもありました。

ベスト3 野蛮なやつら/SAVAGES



これもすっきー。
主人公の3人よりもデルトロが完全に作品を動かしてましたが
デルトロなければここまでの評価にはならなかったかも?
しかし1人の女を共有して女を取り返すって
ありきたりな話に見えるけどデルトロのお陰で随分と違う作品の仕上がりに。
冬休みにもう1回DVD観たいです。

ベスト2 愛、アムール



いつかはやってくる老い。
ベスト1もそうですがどうやって向き合うか。
難しい作品で最後まで晴れることがありませんが
ずっしりと胸に迫る作品。


そして今年のベストムービーは・・・

予想通りなんですが


追記します・・・。