2012年 ベストムービー

2012年12月30日(日) 19時46分
あらもう明日は大晦日ではないですか!
毎年恒例のベストムービーを取り急ぎ。

今年はなかなかの小粒ぞろいだったような・・
いやいやハリウッド映画もなかなかだった。

でも邦画はそれほどでもなかったかな。
邦画は1作品のみのエントリーです。

今年はベスト5にしました。

まずは
ベスト5.

かぞくのくに  

安藤サクラが観るに堪えかねぬほどきっついんですが
淡々としているけど力強いというか。
同時進行で北朝鮮をベースにした小説を読んでいたのですが
この作品のほうが淡白な印象なのに
妙に現実感がありました。
監督さんの実話が元ですからね。

ベス4.
キリマンジャロの雪 

地味な作品ですがしみじみと良い作品で
出ている人がすべて善人。
あまりに善人過ぎると怒るところで怒らない人間に腹がたつものですが
この作品ではこんなところで怒る自分がばかげて見える、みたいな。
もう一度見直したいなと思う作品。
ちょっと小じゃれた感じの会話とかバーでのシチュエーションなんかも好みでした。

ベスト3.
ダークナイトライジング 

うーん・・もっと上にランクインしても良かったはずなのに
前回のヒースレジャーの存在感の大きさに負けちゃったかなあ。
と言いつつも今年80本観た中で3位ですから!





ベスト2.
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い 

とにかく映画でこんなに泣いたのって久しぶりなんじゃないかな。
泣かせよう泣かせようって作品は気に入りませんが
これはそんなねらいもあるに違いないのに
後半は永遠に涙でぬれるおばはんの私。
とにかくやられたよねー。

オスカー少年とおじいさんとの会話も大好きだし
母親との離れた心を縮めあっていく感じも実にうまい。
DVD買ってしまいました。
お正月にまたふたたび!


さて今年のベスト1位は・・・



追記します・・・。